復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

「わたしはあなたのことがもう嫌いなんです。だから、別れてください。」
お相手様からそう言われて破局をしたお客様から、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルに相談の電話を頂きました。
かなりの直球ストレートで、その上デッドボールで打者は病院送り確実な別れの言葉ですが、そこまで言われるということは、お電話を下さったお客様がお相手様に対して余程のことをしたということです。
さてこのようなときに、復縁できる確率が高いショックの受け方をなさるお客様と、復縁できる確率が低いショックの受け方をなさるお客様がいらっしゃいます。
ショックの受け方とはつまり破局に対する考え方です。
その考え方で、結果は大きく変化をします。
今日は、そのふたつについて考えてみましょう。

まずは、復縁をできる確率が低いショックの受け方をなさるお客様の場合、

ひどいことを言われて振られてしまった!どうしよう!

というものなことが多くあります。
これのどこが問題なのか?
これだけではわかりにくいかもしれません。
では、復縁できる確率が高いショックの受け方をなさるお客様の例も、一気に出してしまいましょう。
それがこちらとなります。

ひどいことを言われるようなことをして傷付けてしまった!どうしよう!

違いがわかりますか?

確率が低いお客様は、”振られてしまったことだけ”に執着しています。
ともすれば、被害者意識を持っているとも言えるものです。
対して確率が高いお客様は、”ひどいことを言われて当然なことを自分がしてしまった”と言う点に注目しており、振られたことよりも、相手を傷付けたことを気にしており、加害者意識を持つことができています。
ここに大きな違いがあるんです。

復縁が困難になるお客様に共通している点として、【自分が加害者であるとの認識を持つことができていない】というものがあります。
「この程度、許してくれてもいいじゃないか」
「ここまでされなきゃいけないことを、わたしはしましたか?」
「反省しているのに許してくれないなんて、ひどい」
「ぼくはこんなに努力をしているのに、何故復縁してくれないんだ」
「ちょっとくらい甘く対応してくれてもいいだろう。優しさがない人だ」
このような気持ちや考えが少しでも心にあるお客様は、今一度何故破局をしたのかを考え直したほうが良いと思います。
そんな人が本当にいるの?とお思いかもしれませんが、いらっしゃるんです。
あまりにひどい場合は、「そんなにお相手様の対応に納得できないのであれば、他の方を探したらいかがですか?」と言わせていただくこともあります。

復縁したいお客様は、どんな事情があれ、お相手様にとって加害者です。
浮気をして裏切ったり、極度に負担をかけて苦しめたり、交際をしている最中に魅力が欠けたり、楽しい思いをさせてあげなかったり。
皆さん加害者です。
だから、赦しを請うためにも、努力をしなければなりません。
自分は悪くない」「たったあの程度のことなのに」。
そんな風に思う加害者を許してくれる被害者はいません。

「わたしはあなたのことがもう嫌いなんです。だから、別れてください。」

言われたら、非常にショックな言葉ですよね。
でもそういうときにお相手様を責めたり、別れたくないからと縋ってしがみついても、お相手様の心が変わることはありません。
そう言わせてしまった自分の問題点についてしっかり考え、反省し、自己改善をし、本当に変わったお客様自身をお相手様に見せるから、復縁ができるのです。

■⇒復縁に向けたPDCA

■⇒色々な人達が復縁の邪魔をする