復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

「彼から「嫌いになったわけじゃないけど別れたい」と言われました。嫌いじゃないということはまだ好きだと思うんですけど、復縁できますか?」。

そのような相談を、弊社復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにいただきました。

上記のような相談は非常に多いのですが、「嫌いじゃないということは復縁できますよね」なんて安易な考えの人で復縁できた人を、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルは知りません。

よーーーーーーく考えてみて下さい。

好きなら別れません】。

好きじゃないから別れたい】と言われるんです。

「嫌いじゃないけど別れたい」と言われたのは何故なのか、今一度しっかり考えてみましょう。

まずひとつありえることとして、「交際相手として不足や不満がある相手である」と判断されたパターンです。

これだけでは何に問題があるか分かりにくいかもしれないので、分かりやすく言い換えてみましょう。

人としては問題ないが、異性としての魅力に欠けるから別れたい】。

女性として、男性として、魅力を感じないと言われているということです。

次にありえることとしては、「正直に”○○なとこが嫌いだけれど別れる”と言えない」パターンです。

つまり、【正直に嫌いな点を指摘するとどうなるかわかったもんじゃないから、できる限り穏便に別れたい】。

落ち着いて会話ができない相手、きちんと向き合い話し合って、双方納得して別れるということが難しい相手、と思われているのです。

これって、安易に「嫌いじゃないということは復縁できますよね」なんて言える状況でしょうか?

人としては問題ないが、異性としての魅力に欠けるから別れたい】とか【正直に嫌いな点を指摘するとどうなるかわかったもんじゃないから、できる限り穏便に別れたい】って、よっぽどじゃなければ思われないことです。

少しでもお相手様の気持ちを考えることができ、お相手様の気持ちを慮ろう、理解しようと努力をする気持ちがあれば、「嫌いじゃないけど別れたいってどういうこと?嫌いじゃないけど、それでも別れたいと思うほどの理由があるの?その理由を言い出せないほどの事情があるの?」と、むしろ事態の深刻さに危機感を感じるはずです。

それをまったく感じず、「嫌いじゃないなら好きってことだから、復縁できるよね!」なんて、能天気も良いとこです。

その現実から目を逸らす人が多くいますが、そのように物事を自分に都合の良いように考えすぎる点が、そもそも「別れたい」と思われる原因になったのではないでしょうか?

現実から目を逸らす人は、恋愛関係以外においても一定量存在します。

体調が悪い現実から目を逸らして強がって、「まだ大丈夫」と無茶をして結局尚更周りに迷惑をかける人。

既に酔っ払っているのに、前後不覚になるほど酔っている現実から目を逸らして道端で寝込んでいる人。

太っている現実から目を逸らし、自己の健康管理を怠り、体調を崩す人。

逆に、痩せている現実から目を逸らし、「もっと痩せないと」と強迫観念に駆られて拒食症になる人。

子どもであれば、夏休みの宿題という現実から目を逸らして遊んでばかりで、8月29日くらいから徹夜で宿題をしようとする子などもそうです。
現実から目を逸らして上手くいくことなんてありえません。

そのような人は、多くの人から嫌われて「面倒臭い人」「いい加減な人」「問題がある人」と判断されて、嫌われて避けられます。

それが恋愛でも起こった結果が、「嫌いになったわけじゃないけど別れたい」です。

きちんと向き合うことすらしてもらえず避けられるなんて、普通のことではないのですよ。

復縁できる」なんて、安易に考えないでください。

もう一度言いますが、【好きなら別れません】。

好きじゃないから別れたい】と言われるんです。

人としては問題ないが、異性としての魅力に欠けるから別れたい】と思われているんです。

正直に嫌いな点を指摘するとどうなるかわかったもんじゃないから、できる限り穏便に別れたい】と思われているんです。


きちんと向き合って、本心を話して理解してくれる相手ではない】と思われているから、嘘でごまかした言葉で別れを告げられているんです。

ちゃんと別れたい理由を言われていない分、言える相手ではないと判断されている分、きちんと「○○なところが嫌い」と言われている人に比べて、事態は深刻なのです。

その自覚を持ってください。

「嫌いになったわけじゃないけど別れたい」なんて言われたら「嫌いと言ってもらえないほどに深刻な理由で別れたいと言われたんだ」との自覚を持って、しっかり自分を省みることをオススメします。

でなければ、現実から目を逸らし続けたままでは、復縁はできません。

■⇒復縁したいなら分析してみよう

■⇒この言動、身に憶えがありませんか?②