復縁したい」と考えた時にまずすべき行動とは①では、1.原因を知る、2.反省する、ということに焦点を置いてお話ししました。
まずは、自分をさらけ出して自分と本気で向き合う事。長い人生でそうそう自分と本気で向き合う事なんて無いと思います。
しかし「復縁」とは、そこまでする必要があると私は思うのです。それほどパワーのいることなんです。

改善する

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

自分をとりまく環境を変えるためには、内側にある「種(=原因)」を改善しなければならない

原因を知り、反省することができたなら次は改善に努めていきます。
復縁にまつわる色々なサイトやブログで「自己改善」という文字が目に付くと思います。
私たち復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは、「自己改善」ではなく「自己改革」していただく気持ちで臨んでもらっています。
そこまでの本気と勇気で改善する気持ちがないのなら、「復縁」を諦めていただくことだってあります。
それほど私たちも「自己改善」「自己改革」には真剣で本気でサポートさせていただいているのです。

束縛が嫌だと言われたある女性の例

自己改善することで復縁に繋がったある女性のお話しをするとしましょう。

私たちに復縁相談のお電話が入りました。
2週間前に別れた彼と復縁したいと。
その女性が言うのには、「私の束縛に嫌気がさして別れを切り出された」とのこと。
(もちろん他にも原因はあったのですが、ここでは割愛させていただきます)

そこでまず提案したのが、「束縛」はなぜ駄目なのかと理解するようにと。
もちろん「束縛」していても上手くいってるカップルもいるので全てに当てはまるものではないですが、少なくとも相手が嫌がっているのであれば駄目な行為なのです。

では、なぜ駄目な行為なのか・・・まず男性の心理について知ってもらいます。

男性は仕事を一番に考えている人も少なくはありません。
また、彼女よりも会社での付き合いや友人との時間を優先することも多いのです。
一緒にいたい気持ちをぐっとこらえて、意識的に相手の自由時間を作るように尊重することが大事だと理解してもらいます。

「そうは言っても、好きすぎて気になって仕方がなかったんです」とその女性は言いました。
そこで少し厳しい言い方をしたのですが、「相手の行動を詮索して束縛するのは、あなたが暇で時間を持て余している暇女にすぎない」と。

では、どうやったらいいの?
暇で時間を持て余し、余計なことを考えたり、相手の負担になる行動を起こしてしまうようなスキを無くすにはどうすれば良いのか?
そこで次に、「自分の時間を埋める何かを見付ける」という次の目標を決めてもらうことにしたのです。

自分の時間を埋める何か。
今までやったことのない仕事や趣味、料理教室に通うやジムに通うでも良いと思います。
とにかく相手に過剰に依存する時間を無くすために自分の時間を見付けるように提案しました。

その女性は、以前から行こうか迷っていたヨガ教室に通うようになりました。
そして、そこで友人もでき、交友関係も広がっていきました。
また外出する機会が増えることもあり、髪型やメイク、服装にも気を遣うようになりました。

相手に指摘されたことを改善するための行動が、おのずと自分の魅力アップに?がっていったのです。

その後、この女性は復縁に至ったのですが(この自己改善だけが復縁に至った理由ではないですが)、「私より彼の方が私に嫉妬してくるようになった」と話すのです。
その理由は簡単で、自分にばかり気持ちを傾けて束縛していた恋人が急に自分以外のことに興味を向けるようになったら、相手は以前に比べ少し寂しく感じるものです。
そうなれば、今まで追われてばかりだった相手が急にこちらを追う形になっただけなのです。

まとめ

うまくいったある女性の例を挙げましたが、正直に言いますと、改善とはこんな単純でスムーズに行くものではないです。
しかし何もしないよりもまず何かにチャレンジする、改善しようと努力することが大切で、それと同時に復縁したい相手以外の人に対しても魅力的に感じてもらえるような自己改善を心がけることが必要です。
何の効果もないようなことも、そういうことの積み重ねがあなたという人をどんどん魅力的にするのです。
そしていざ巡ってきた復縁のチャンスのときに、彼の目に魅力的になったあなたとして映るのです。

これらの自己改善は、弊社復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁ブログ「自己改善の仕方」でも多く取り上げてます。
そちらも一度目を通してみて下さい。

最後に

復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

いかがでしたでしょうか。
ジェームス・アレンは、こうも言ってます。

自分の人生をみずから苦悩で満たしている人たちが、なんと多いことでしょう。
感情を高ぶらせることで、美しいものや愛すべきもののすべてをだいなしにしている人たち、身勝手な思いによって自分の人格的バランスを壊してしまっている人たちの、なんと多いことでしょう。
人間は、穏やかになればなるほど、より大きな成功、より大きな影響力、より大きな権威を手にできるのです。

自分の心をコントロールして、常に穏やかでいることも大切ということですね。

そして「復縁したい」と考えた時にやってはいけないことは、私が間違った列車に飛び乗ったような「見切り発車」です。
「復縁する」という目的地が決まっているなら、目的地に着くための正しい方法や手段を知り、行動する事です。

復縁を望むお客様が「乗客」であるなら、私たち復縁屋、別れさせ屋ジースタイルは、正しく目的地へ誘導する「車掌」でありたいと考えています。
もし目的地までの経路に迷いや不安があるなら、私たち「車掌」ジースタイルに相談してみて下さい。

そして「復縁」という目的地に共に向かって進みましょう!!

■⇒「復縁したい」と考えた時にまずすべき行動とは①

■⇒復縁についての覚悟の度合い