復縁工作、別れさせ工作のご相談は復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

こんにちは。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの佐藤です。

復縁できなかったことが動機である、痛ましい事件が起こってしまいました。

――――――――――

兵庫県西宮市で、元交際相手の男性に金づちや包丁で襲いかかり殺害しようとしたとして、20歳の女子大生が逮捕されました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、西宮市内に住む関西学院大学2年の畷優奈容疑者(20)です。

警察によりますと畷容疑者は、午後1時前、自宅で同じ大学に通う元交際相手の男性(21)の頭を金づちで複数回殴り、さらに包丁で背中を複数回突き刺すなどして、殺害しようとした疑いがもたれています。

男性が助けを求めて部屋を出たところ、同じマンションの住人が110番通報しました。

男性は、頭や背中にけがをしましたが、命に別条はないということです。

畷容疑者は、調べに対し、「恋愛感情のもつれから、男性が寝ている隙をみはからって殺そうとした」と、容疑を認めているということです。

( 引用:Yahooニュース )

――――――――――

どうやらこの男性は畷容疑者宅で”寝ている最中に”襲われたようで、察するに性行為後に寝ているところを、畷容疑者に包丁と金づちで襲われたのではないでしょうか。

一夜を共にし、行為後に「復縁したい」と言ったが拒否される・・・。

復縁しないよ」と言われたり、「いいじゃん、セフレの関係で」と言われたのかもしれません。

その言葉にショックを受け、包丁と、準備していた金づちで・・・。

襲うその直前、畷容疑者は何を考えていたのでしょうか?

殺してしまったら、愛しいその人と二度と言葉を交わすことはできなくなってしまいます。

復縁できないなら殺してしまおう」。

辛く、そして悲しい考えです。

個人的な感想ではあるのですが、最近復縁に纏わるニュースや、ストーカー関連のニュースが非常に増えました。

そのように思いつめる前に、もっと出来た行動があったのではないか・・・。

Ifではありますが、もし弊社復縁屋・別れさせ屋ジースタイルに相談をしてくれていたら・・・と思ってしまいます。

確かに相談したからとって、100パーセント全てが解決するとは限りません。

しかし、そうやって”自分の願いを叶えるために建設的な行動をすること”が大切なのです。

「手に入らないなら壊してしまえ」なんて考えでは、できる復縁もできなくなってしまいます。

だって、そんな考えをしている人とこれから先、一生一緒にいたいとは思わないですよね?

「復縁できないなら、できる自分になろう!」。

そうやって努力をするから、復縁できる未来を手に入れることができるのです。

そうやって努力をするから、お相手様に復縁について考えてもらえる余地が生まれるのです。

努力をしない人に、自分が望む未来を手に入れることはできません。

――――――――――

さて、今回の畷容疑者の事件について、復縁屋として大きな間違いであると思う点をあげてみましょう。

それは、『体の関係を結んでしまったこと』です。

特に女性は、性的関係になれば相手は離れていかないと考えがちです。

褥を共にしたら、自分のもの(パートナー)になったと考える方が非常に多くいらっしゃいます。

しかし、男性はそうではありません。

一夜を共にしたら、その時点で満足してしまう傾向があります。

そして満足しているときに「復縁したい」と女性から言われても、それにYesを言うということはほとんどないのです。

現実的なことを言えば、「継続的な関係を送りたい」と思わせるほどの性的テクニックがあるのならば(冷却期間などにそのテクニックを磨くことができたのであれば)、復縁するために体を重ねることもアリでしょう。

ですがそうではないのならば、簡単に体を重ねてしまうと、「ヤれたしいっか」とその時点で満足され、付き合う段階にはいきにくいのです。

もちろんお相手様の考え次第な部分はありますし、10人が10人そういう考えだとは言えません。

が、夜を共にしたけれど実際復縁できずに畷容疑者が凶行に及んだことを考えれば、少なくとも被害者は夜を一緒に過ごしたからと「復縁しよう」と思う男性ではなかったということです。

十人十色とはいえ、そのような男性もいることを頭に入れて復縁について考えなければ、上手くいくものも上手くいかなくなってしまうというわけです。

抱いた抱かれただけで上手くいくほど、復縁は簡単ではありません。

――――――――――

このような大きな事件を起こしたことで、畷容疑者の復縁はほぼ叶わぬものとなってしまったでしょう。

そして復縁が叶わないだけではなく、今後の人生に大きなハンデを負うことになりました。

畷容疑者だけではありません。

家族にも暗い影を落とします。

特徴的な苗字だからこそ、家族だけではなく親族も良い印象を抱かれることはありません。

畷容疑者だけでなく、多くの人を不幸にする行為を畷容疑者はしてしまったわけです。

確かに復縁は簡単なことではありません。

かといって、復縁できないからと凶行に及んでも、お客様自身の幸せは得られないのです。

幸せになるための行動をしましょう。

復縁は自分本位ではできませんが、幸せになりたければ、自分自身が「幸せになるため」の行動をしなければ、幸せにはなれないのです。

それを絶対に忘れないでください。

「復縁できないから」と凶行に及ぶ人がいなくなることを、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルは願っています。

以上、佐藤でした。

■⇒現状、復縁したい相手との関係性は?

■⇒必要とされる人になろう!