復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの相談員山下です。

付き合っている相手と関係が悪くなる、あとは特に夫婦間でよくあるフレーズとして「性格の不一致」っていう言葉を耳にした事ある人も非常に多いかと思いますが、実際に離婚理由で一番多い理由と言えばこの「性格の不一致」というわけです。

私を含め皆さんもこの言葉を耳にしてどう思いますか?この「性格の不一致」っていう言葉ほど、抽象的且つ曖昧なものはありませんよね。

例えば、浮気や不倫等のように大きな揉め事、別れに至る程のような原因でもなく、DVorモラハラのように、心身共にダメージを受けるような原因でもなく、一体全体 「性格の不一致」って何!?と思われている方も多いことだと思います。

性格の不一致

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにも、毎日、復縁の相談をお受けしておりますが、実際に離婚した方々の相談を受けるのですが、離婚した理由の一つに、この「性格の不一致」で・・・という言葉を伝えてくる相談者もいないわけではありません。

相談者の方には、「では性格の不一致とは?」という質問をぶつけてみるのですが、お互いの意見が会わない事があったなどのこれも非常多い回答であったりします。

意見が合わないことに対し、相手の方との話し合いだっりコミュニケーションを取るなど何か取り組まれましたか?とお聞きすると、自分にも譲れないものがあるので・・・。と仰います。

今ある問題を先送りして放置する事が後にどれほどの大きな問題になるのかさえ認識できないようです。譲れないものは譲れないって、ただの頑固な人でしかありません。その頑固さ、身勝手さが後の破局、離婚につながる原因の一つになる事は多い様です。頑固を言い換えると身勝手とも言えます。

お互いがより良い環境を作っていかないと夫婦、カップル共々いい関係でいる事が困難になってきます。人ってそれぞれ個性があるわけで、当然、意見の相違というものは存在するのは当たり前の事です。しかも男性、女性と性別が違うことだけでも考え方が違うのは当然のことではないんでしょうか。

さらにいうと、復縁したいと望んで、復縁屋へ復縁相談してきているわけですので、目的は復縁なわけです。復縁を主とするならば、復縁したい相手ともう一度寄りを戻したいのであれば、自分を主張する事は大きな妨げになることはしっかり理解する必要があります。

一見して他人からでも「これだ!」と思うような原因がないのが、性格の不一致なんです。他人からだけでなく自分自身でも良く理解できないけど何となく合わないという離婚夫婦も多いんですね。

協調性

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

性格の不一致を調べてみると

「お互いに反りが合わず、協調が難しい様子などを指す表現。仲たがいや離婚の理由として用いられることの多い言い回し。」となっています。

協調性がないとなってますが、協調性って、異なる立場や考え方の人とも協力して行動できる性質のことなんですから、協力する姿勢がない、相手の意見を受け入れる気がない、自分勝手な人と捉える事もできます。

性格の不一致ほど、様々な離婚や別れの原因を内包する言葉もないと言われているんですが、本当にその通りです。

性格の不一致というのは、当たり前ですが「二人の性格が合わない」という意味ではないのでしょうか。ですが具体的にどう合わないのかと聞かれると、これはもう原因やきっかけは多岐にわたります。

夫婦ですと毎日毎日、顔を見合わせ、生活をするわけです。日常生活のどうでもいい様なすれ違い、このすれ違いを解消できないまま放置したり、相手との意見のすり合わせが上手くいかなかったりして、協調性を重視しなかったことでとうとう結婚生活の破たんに至ってしまうのが『性格の不一致』なのではないのでしょうか。

そのどうでもいいような事や些細な事、簡単に言うと食事の事だったり、掃除の仕方だったり、時には相手の仕草一つだったり、……とにかく原因は膨大にあります。

ですので、他人から見ても「え~っ!そんなことで!?」と思えるようなことであっても、当事者同士にとってみると大きな死活問題であることも多いようなんです。

離婚理由のダントツ一位を占めているのが『性格の不一致』であることは、既に周知の事実です。先ほどお伝えしたように、周囲から見ているとあまりにも小さなことがきっかけで離婚してしまう夫婦や別れてしまうカップルも沢山います。

しかしそれは、夫婦やカップルのどちらかの心が狭いというような問題でなく、もっと根本的な部分に問題があることが多いのではと考えます。

主張と譲歩

復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

食事の例を出して言うなら、男性が、朝はごはん(米)と言い出したとします。ここで女性はこだわりがない為毎日ごはんでOKと譲歩したとします。ひとまず食事の件で二人が喧嘩に発展したり、別れに至ることはないでしょう。

では、女性が絶対にパン、さらには、ごはん(米)の男性を罵ったりと男性を責めたとします。男性からすると気持ちいいわけ有りませんし、憤慨するでしょうから、喧嘩に発展し、最悪別れの原因の一つとしての可能性が濃厚になってきます。

今度は女性が、ご飯でもOKだが時々パンをと譲歩して伝えたとします。男性がそこで、自分だけの問題じゃないと理解し女性の意見も尊重したとするならば、万事円満に収まるというわけです。

しかし、自分の主張を貫く形で、女性の譲歩した意見をも却下し、自分が正しい、と従わせるものなら、問題は解決しなくなり、大問題へと発展して行くことは目にみえて明らかだと思います。

例を見て頂いたらわかるように、片方が無理なく譲歩したり、相手の意見を認めたり、逆に提案をして相手がそれを受け入れたりした場合、大きな問題にはなりません。いわゆる協調性というわけです。

しかし、自分の意見が正しく、相手の言っていることがおかしいと相手を非難し、自分の意見を強情に通そうとすればたかだか食べ物がきっかけでも後々まで引きずる大問題になることは理解できます。

夫婦やカップルにとってこうした『些細な違い』のきっかけが増えてきたとき、結婚生活、恋愛は崩壊してしまいます。キッカケがどうだではなく、相手に同調できない、自分を曲げられない、そして相手を思いやる配慮が足りない、価値観が違うことなどが本当の理由となっているのです。

しかし、思った以上に『価値観が合わない相手』との生活というものは精神的にかなり負担になるものです。小さな不満が徐々に蓄積されることで、日々の生活はただの苦痛の連続となります。

本来、問題が大きくなる前に解決しようとする姿勢をみせなくてはなりません。放置することによって、性格の不一致での離婚、破局にむかっていきます。

最後に

復縁したいなら復縁屋が復縁工作を行い復縁成功

しかし問題解決をしようとして動いたとしても、先述の食事の件の悪例のように「自分が!!」と相手の事はないがしろにし、自分の主張しかしないようでは、物事は何一つ解決することはありません。

解決できないと言う事は離別と言う結果につながります。更に言うと、復縁したいと望む方がこのような自己主張する性格であれば復縁に向かう事はありません。

弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルのもとで復縁に向けて精一杯努力を重ねている方の中にも、自己主張が強い方は多くいらっしゃいます。弊社の行っている改善プランを活用し、担当者と二人三脚で改善に取り組んでいます。

決して平坦で簡単な道のりでないことは復縁を望む方、復縁活動をされている方が一番理解をしています。自分の悪い部分を克服し復縁に向かっているのです。

性格の不一致での離婚、別れを防ぐ方法の一つとしては、自分が譲歩できるところは譲歩し、自分が絶対に譲れないことは相手に譲歩してもらえるように協調性をもって話し合いをするという日々のコミュニケーションが一番大切になってきます。

二人で過ごす毎日をよりよく大切なものにするために協調性をもって努力を重ねれば、性格の不一致での離婚、別れに至ることは回避できるものです。

■⇒復縁屋に相談してくる良く分からないメール

■⇒無神経と言われる人