今月11日、日経平均株価がおよそ21年ぶりの高値を付けたと話題になりました。
21年前というと、1996年。皆さんはおいくつでした?いい恋愛していたのではないでしょうか。
今はどうでしょう。恋愛株価が思うように上がらない、急降下している人もいるはず。
復縁屋、別れさせ屋ジースタイルと共に、恋愛株価を急上昇させていきましょうね。

1996年ってどんな年?

復縁したいなら復縁工作、復縁屋

1996年というと1月初めにようやく政権交代した日本社会党の村山富市首相が、いきなり野党の自民党に政権を禅譲するというあまりの無責任さに国民の誰もが、絶句して始まった年です。
国民の負託を受けて政権を委ねたにもかかわらず、自ら禅譲するなど、私は今でもあの垂れ眉毛男には怒り心頭です(笑)
この年には民主党が結成されるも、太陽党が分派するなど混乱に拍車がかかっていました。

あれから21年その時の連立政権のほとんどが一緒になって民主党を作り、今衆議院選挙では公認者が1人もいないというマンガのような現実が起きています。

世相はこれからの日本経済が長い暗黒の時代に入ることには、未だ誰も気づいてはいなくて、たまごっちゲームの爆発的な流行、NINTENDO64とゲームボーイポケットの発売などゲーム産業の未来も永遠に続くかの勢いでした。
私も当時ははまりましたね。たまごっち、育ててました(笑)

まあ経済の話はさておき、1996年と言うと、現在40歳前後の人なら20歳前後の時代になりますね。
その頃の自分と今の自分と比較してみてどうですか。恋愛株価は上がってますか?下がってますか?
今が20代~30歳までの人は、21年前と比べるのは無理があると思いますが、学生時代と比べてみてください。

恋愛株価、いわゆる恋愛偏差値ってどうでしょう。
人は歳を重ねるごとに、恋愛偏差値は下がると言われています。
それは、相手に求めるものが大きくなるのに対して、それに見合った理想の相手が(結婚などによって)減っていくからなんですね。
これは仕方の無いことなのですが。

では、歳を重ねてきたあなた、特に復縁を目指すあなたが恋愛偏差値を上げるためにどうするか、という話をしていきたいと思います。

恋愛偏差値の低い人の特徴

復縁したいなら復縁工作の依頼を復縁会社にお任せを

なぜ歳を重ねると恋愛偏差値が下がっていくのかについて考えていきたいと思います。

マクロに見て相対的に言えることは、先ほどにも述べたように、相手に対する理想や期待が大きくなることでしょう。
色々な異性を見たり付き合ったりすることで、その人の異性に対する理想像と言うものが形成されていきます。
正直これは、恋愛には非常に邪魔になるもので、恋愛に対して年々消極的になっていく原因の一つにもなってきます。

では、歳を重ねたことで落ちる恋愛偏差値の低い女性の特徴を男性の意見を踏まえて取り上げてみました。

しつこい

・「しつこくて、空気が読めない」(32歳//営業職)
・「しつこくメールや電話をしてくる」(35歳//販売職)

あまりにもしつこすぎると、相手が迷惑に感じるということに気づかないところが、恋愛偏差値が低い女性の特徴のひとつですね。
自分で気付いてる人ならともかく、気付かずにしてしまう人も中にはいます。
復縁を目指す上では、この「しつこさ」つまり過剰な依存とも言える行為は絶対にやめなければいけません。
こういった傾向のある人は、まずは利己的な考えを是正し、相手の気持ちを汲み取れるように自己改善に取り組まないといけません。

自意識過剰

これも歳を重ねた女性に備わってしまう悪しき習慣のひとつです。
・「自意識過剰でどうしようもない妄想」(36歳//技術職)
・「勘違いファッションと自意識過剰」(35歳//クリエイティブ職)

恋愛偏差値が低いと、男性のちょっとした行動に対して、過剰に反応してしまうところもあるようです。自分の思いに反して、相手は何も思っていないことのほうが多いと考えるべきでしょう。
復縁では、自分の思うようにいかないことの連続です。まずは、周りの人や色んな人の意見を柔軟に聞き入れる素直さ」を持つ努力をしましょう。

自分中心

・「自分中心の行動ばかりがめだつ」(38歳//営業職)
・「自分の話ばかりで、相手のことを聞こうとしない」(40歳//技術職)

恋愛をする上において、大切なことは相手に対して思いやりを持つことです。先ほどの「しつこい」もそうですが、自分のことばかり考えた行動は絶対に直さなければいけません。
相手に求めるばかりで、相手には何も与えることができていない。又は与えた気でいる。そんな付き合い方をしていませんでしたか?
復縁を目指す上では、何を相手に与えてあげることができるかだけを考え、自己改善に取り組みましょう。

好き好きアピールしてくる

・「しつこいくらいに愛情を表現してくる。求めてくる」(29歳//営業職)
・「好き好きと繰り返し同じパターン」(37歳//技術職)

相手に対して好きな気持ちをアピールしたいのはわかりますが、やりすぎてしまうと、男性も引いてしまうものです。
恋愛も強弱は大切です。気持ちが強すぎても駄目ですし、常に受身でも上手くはいきません。
復縁を目指す人は特に、相手はあなたに対し今は引いてる状態です。そこで頻繁に連絡を取ろうとしたり、強引に会おうとする好意は相手の心をより遠ざけてしまうことになります。
今は、じっくり引いて、自分の魅力を高めることに専念しましょう。一旦相手から気持ちを引き、本気で自己改善に取り組むこと。相手が自ずと引き寄せられる自分に変えることが大切なのです。

まとめ

復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

いかがでしたか?もしかしたら、あなたに当てはまるものがあったかもしれません。
でもそれは過去のあなたです。今から変えていけば大丈夫なのです。遅すぎることはないのですから。

しかし、なかなか自分では気付かないこともあります。歳を重ね、それが習慣で当たり前と考えるようになってしまい、なかなか気付けないのも事実です。
そこは、私たち復縁屋、別れさせ屋ジースタイルが客観的にあなたを分析しアドバイスさせていただきます。

私たちが厳しいことを言うのも、同じことを何度も言うのも、全てあなたの恋愛偏差値を高め、魅力的な女性に変えるためだということを理解してください。
今からでも遅くありません。私たちと一緒に素敵な女性、素敵な男性に変革できるように取り組んでいきましょう。

■⇒復縁する為の正しい意識

■⇒復縁工作で仲直りしたい人へ