成田離婚、って懐かしい言葉ですよね。

成田離婚とは、新婚カップルが新婚旅行中に、些細なトラブルからお互いの関係を悪化させる、もしくは結婚相手としての適性を改めて考え直すなどして、帰国・成田空港への到着の後に離婚してしまうことをいう。」(出典:wikipedia)

上記のwikiに記載されている内容のように、旅行の最中のトラブルへの対処方法の意見の相違などから相手の人間性に疑問を持ち関係が破綻するケースは、少なくありません。

成田離婚に限らず、日常の些細な出来事からお客様の人間性に関して疑問を抱かれ、「もしかしたら別れたほうがいいのかも?」と関係に関する疑問の種が生まれたということが非常に多くあります。

その種が育ってしまい、決定的な亀裂を生み出すケースも・・・。

今回は、そのような種を育てないためにはどうすればよいかを考えましょう。

関係の破綻の影を感じるお客様だけではなく、実際に破綻してしまったお客様も、自己改善の際の参考にしていただければと思います。

失敗を取り戻すためには?

そのときの行動で、「将来自分もこのように扱われるのか?」と不信感を感じるきっかけが生まれた、復縁調査の際に調査員に仰るお相手様がいらっしゃいます。

復縁の際は、その不信感を拭う必要があります。

不信感、つまり信じられない気持ちを拭うことは簡単ではなく、小さな信用を積み重ねなければなりません。

ビジネスでもそうですが、信用を失うのは一瞬ですが、信用を得るには多大な時間と行動が必要なのです。

今まで以上に、周りの人全てに紳士淑女として接する必要があるという点を、忘れてはいけません。

言葉遣い、立ち居振る舞いを見直す

攻撃的な言葉が好きな人はいません。

思いやる言葉遣いを学ぶことで、そもそも思いやりとはどういうものなのかを学んでも良いでしょう。

そして、言葉と行動はリンクしており、優しい言葉を遣える人は優しい行動ができますし、良くない言葉遣いをする人は、その言葉遣いに見合ったこうどうしかできません。

きちんと敬語や尊敬語や謙譲語を遣うことができる不良はいないことが、例にできるでしょう。

きれいな言葉遣いを学ぶことで立ち居振る舞いを改めることができますし、逆に立ち居振る舞いを改めることで、きれいな言葉遣いを学ぶことができます。

マナーについて勉強をしてみる

上記の言葉遣いや立ち居振る舞いに悩んだときは、マナーなどの行儀作法について勉強をしてみるのも良いかもしれません。

マナーの基本は、相手を不愉快にさせないためにする気遣いです。

それを学ぶことにより、例えばサービスをしてくれる人への接し方も考える材料を得ることができますし、復縁後に一般的なマナーが向上した姿も見せることができるので、一石二鳥です。

その行動が周りから見たときにどう見えるかを意識する

その行動が他人、特にお相手様にどう見えるかについては、特にしっかり意識しましょう。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルで実際にあったケースでは、依頼者である女性の、デートの際にふと街中でぶつかった子どもに対する態度に幻滅し将来が不安、とのことで別れを考え始めた、というお相手様もいらっしゃいました。

ほんの小さな出来事であっても、その小さなズレから「あれ、この人は自分の理想としていた人と違うかも?」との疑いの気持ちが生まれてしまいます。

小さいからこそ気付きにくいですが、小さいからこそ取り返しがきく場合もあります。

もしまだ完全に関係の破綻をむかえていないのであれば、もう一度自分の行動を見直して、小さなズレが大きなズレになるのを食い止めましょう。

自分は相手にとってどういう存在かを意識する

「相手は自分に惚れている」と関係性に甘えて自惚れ、その結果気付かぬうちにお相手様に幻滅されていた、というお客様も多くいらっしゃいます。

よくあるパターンですと、嫁姑問題の際にあまりにも頼りにならなかった男性です。

いくら嫁姑で揉めていても、嫁は自分のことを愛しているはずだから離婚はないだろう」。

そうやって関係に自惚れているうちに、奥様が離婚の準備を進めていて気付いたら手遅れ・・・なんて男性も、世の中には多くいらっしゃいます。

人間同士は、親子を除いて基本的に「他人」です。

他人同士が愛という細い糸で繋がって、恋人や夫婦になるのです。

自分たちは他人である」との基礎を忘れないようにしましょう。

他人だ、なんて考えることを冷たく思うかもしれませんが、他人だからこそ思いやる

まとめ

窮屈に感じるかもしれませんが、結局は立ち居振る舞いが人間性を判断するための大きな指標になるのは事実です。

紳士淑女であることを望む人はいますが、横暴な態度を好む人はいません。

一異性としてではなく、人間性について「愛せない」と判断をされた人は、多数いらっしゃいます。

それでも変わることができれば、復縁の可能性が0ではありません。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルが依頼いただいたケースにて、復縁調査にて離縁の理由が「人間性にがっかりした」と判明したものもありましたが、マナーを身につけ改善に努めた依頼者様の場合、無作法な振る舞いを一時的な気の迷いとして許してくれたお相手様もいらっしゃいました。

それは依頼者様の努力の結果ではありますが、無作法が取り戻せる信用であるとの良い参考になるケースでした。

そのような場合もあるので、今だけの状況をみて諦めるのは、やめたほうが良いです。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルは復縁の際の人間性の改善についても、二人三脚でアドバイス致しますので、是非ご相談ください。