復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

このような話があります。

――――――――――

あるところに、感情のコントロールが苦手な少年がいました。

自分の思い通りにならないからと癇癪を起こして、暴れて暴言を言うその子に、釘の入った袋とかなづちを渡して、父親は言いました。

「怒りでどうしようも無くなったときは、裏庭の柵に釘を打ちなさい」

初日の終わりには、少年は37本の釘を柵に打ち付けました。

それから数週間、少年は自分が怒る瞬間を気に留めるようになり、打ち付ける釘の数は少なくなっていきました。

やがて少年は、柵に釘を打ち付けるよりも、怒りを制御するほうが簡単だということに気付きます。

そしてついに、少年が一度も怒らなかった日がやってきました。

そのことを父親に告げると、「これからは怒りださないように自分を無事制御できた日には、釘を抜いていってはどうか」と言われました。

月日が経ち、ある日少年は、釘を全部抜いたことを父親に伝えました。

父親は息子の手を引いて、柵に連れて行きました。

父親は言いました。

「よくやった。でも柵に空いた穴を見てごらん。柵はもう二度と元通りにはならない。

憎しみに溢れた言葉を遣うと、その言葉はこんな風に傷を残す。

相手の心に刃を突き刺して引き抜くようなものなんだ。

どんなに謝ったって、その傷は消えない。

言葉には力がある。覚えておきなさい。

何かを言ってしまったとき、それは許されるかもしれない。でも、忘れられはしない。」

――――――――――

復縁したいと思っているお客様の多くは、今考えたら「言わなければよかった」と思うような、お相手様を傷付ける言葉を言ってしまっている方が、多くいらっしゃいます。

上記の話を読んで、どう思われますか?

ご自身がなさった行いを思い出し、上記の話をもう一度読み返してみてください。

柵は、お相手様の心です。

「謝りたい」「会って謝って許してもらいたい」。

どのお客様も、そのような気持ちを強く持っていらっしゃるでしょう。

しかし柵の穴と同じように、お相手様の心に一度空いてしまった穴はふさがることはありません。

そして、謝ることで許してもらえる”かも”しれませんが、それでも忘れてもらえることはないのです。

その上、今回離別のきっかけになった喧嘩が1回目のことではないですよね?

今まで何度もお相手様の心に刃を突きたてたのではありませんか?

その度に塞がらない傷を、お相手様は負っていたのではありませんか?

自分本位な考えで「復縁したい」と我儘に行動をしても復縁できない理由は、そこにあります。

ご自身がなさったことをとしっかり向き合い、何がどう悪かったのかをしっかり考えなければなりません。

自分がした行為、傷つけた行為を全て覚えている方は少ないでしょうが、覚えていなかったとしても、精一杯考えて考えて思い出して、向き合う必要があるのです。

お相手様は、今まで何度も何度も何度も、心から血を流しているのです。

その血に対する償いの態度を身につけなければ、復縁をしようとアプローチをしても、お相手様の心から血が流れ続けるだけです。

その状態では、復縁してもらえるわけがありません。

どうすれば血に対して償いができるでしょうか?

今のお客様で、お相手様の血を拭ってあげることができますか?

そこで思いつくのが復縁工作であり復縁屋かもしれませんが、復縁屋だけでその血を止めて差し上げることもできません。

お相手様の癒えない傷に絆創膏を貼ってあげることができるのは、傷付けてしまったお客様だけです。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルができることは、お相手様の傷の位置を探すことと、お客様により良い絆創膏の選び方のアドバイスをすることです。

わたしたちに全てを頼っても、復縁はできないのです。

例えば、農作業具の鍬があるとします。

良い鍬と、良い野菜の種があったとして、良い野菜が収穫できますか?

できませんよね。

良い野菜を収穫するためには、良い鍬を使って土を耕し、水と肥料を与え、太陽の光を浴びさせて、初めてそして実るのです。

良い道具を手に入れたからといって、それだけでは良い結果には繋がりません。

このたとえ話の鍬が復縁屋であり、実りこそが復縁です。

復縁屋別れさせ屋ジースタイルは、お客様の復縁の手助けをする道具です。

わたしたちを、しっかり使いこなしてください。

もしご自身のなさったことについてどう考えれば良いかわからなくなったときは、冒頭の少年とお父さんの話を思い出してください。

自分がしたことはどういうことなのか。

柵に空いた穴、傷つけたお相手様の心は元に戻ることは無いこと。

それらを意識した上で、どうすれば自分が復縁してもらえる人間になることができるか。

自分の過ちを見つめなおすことは辛いことですし、それに意味があるのか疑問に感じるかもしれません。

しかしそれをしなければ、復縁してもらえる人になることはできないのではないでしょうか?

■⇒復縁工作をする必要がない人へ

■⇒復縁屋が呆れてしまう人