先日ジースタイルにご相談いただいたお客様で、お酒での失敗を繰り返して、お相手様に愛想をつかされてしまったと仰る方がいらっしゃいました。

飲酒をしすぎてお相手様の前でみっともない態度をとってしまったり、お酒の勢いで余計なことを言ってしまったり。

深酒をしすぎて、次の日のデートに遅刻をして愛想を尽かされてしまった、なんてお客様からのご相談も、多くいただきます。

今回は、そのようなお酒にまつわる失敗を繰り返した結果離別をしてしまった方への復縁の取り組みへのアドバイスを、改めてまとめる形で投稿したいと思います。

お酒での失敗を繰り返すということは?

簡単な話、お酒をやめれば良いのではないからと思います。

…と言ってしまえば簡単ですね。(笑)

しかし、これが一番簡単な方法です。

ドラマなどで飲酒が過ぎる男性に振り回される女性の台詞に「お酒を飲まなければ良い人なんです」なんてものがありますが、大体「お酒を飲むから悪い人」との面を見落としているなぁと、わたしは思います。

他の事についてもそうです。

「○○をしなければ良い人」は、「○○をするから悪い人」です。

犯罪者だって、犯罪をしなければ良い(または普通の)人です。

「飲酒以外はきちんとしているから自分は悪くない、普通だ」と思わず、飲酒をやめて、本当にお相手様にとって「良い人」になりましょう。

アルコール外来で相談も手

どうしてもおひとりで禁酒に取り組むことが難しいのであれば、アルコール外来等にご相談なさるのも手段のひとつです。

病名をつけるために行くためではありません。

お医者さんに相談をすることとで、正しいお酒との付き合い方を学ぶことが出来れば、お酒での失敗も減らすことができるのではないでしょうか?

お酒は人間関係の潤滑油にもなりえますが、現在のお客様の状況と併せて考えて、本当に潤滑油になっているのかをお考えください。

不要ならまだしも、それのせいで問題が起きているのであれば、除いてしまったほうがよいです。

ついて良い嘘もある

嘘は、基本的にはあまり良いものではありません。

しかし、シチュエーションによっては、嘘をついたほうが良い場合もあります。

お酒をやめるために嘘をつくことは、何も悪いことではありません。

例えば、

・病院の検査でお医者さんに「お酒をやめたら?」とアドバイスを受けた

・「最近次の日にお酒が残ってしんどいんだよね」

など、飲まないために嘘をつくことは、良い嘘です。

お酒での失敗を繰り返さないためにも、場合によっては、嘘を活用しましょう。

人間関係を見直すことで、お酒をやめる

飲酒をやめることができないお客様がよく仰ることのひとつに、

「でも、飲まないと(もしくは断ると)空気が悪くなるんです」

というものがあります。

わたしは以前看護師をしていたのですが、患者様にも、同じように仰る方がいらっしゃました。

どの方も仰る言い訳です。

さて、酒を飲まないと(断ると)空気が悪くなる環境は、正常でしょうか?

例えば「体調が…」等を言って断ってもそれでも薦めてくる場合は、お客様の健康よりも場の空気を優先しているということで、そもそもの人間関係が異常である証左です。

人間関係においてお酒を重要視する方がいらっしゃいますが、所詮”お酒程度”だと思いましょう。

お酒程度で悪くなる空気がおかしいのです。

周りのご友人様との人間関係は、お酒がないとやっていけないくらいの薄いお付き合いなのでしょうか?

また、お客様が「空気が悪くなる」とお思いなだけで、案外「そうなんだ、じゃあ今日は飲むのをやめておきなよ」と、あっさりしたリアクションかもしれません。

「周りの人間関係があるからお酒をやめることができない」とお思いのお客様は、そもそもお酒を強制されるような人間関係を見直しましょう。

本当に大切なものは何なのか?

仮に飲酒をやめることで悪くなる人間関係があったとして、お客様にとって本当に大切なものは何でしょうか?

周りの人たちとの付き合いですか?

それとも、たった1人のお相手様との人間関係でしょうか?

周りの人を大切にすることで、お相手様との関係を大切にできないのは、本末転倒です。

愛する人を大切にできてこそ、周りの人も大切に出来るのです。

優先する順位について、今一度お考え直しください。

「失敗を繰り返さないように」と心がけ過ぎることで起こる弊害

今まで失敗を繰り返されたお客様におかれましては、「今度こそ失敗をしないように」と硬く決意なされている方も多くいらっしゃると存じます。

その決意は大変良いもので、素晴らしいことではあります。

しかしその結果、失敗を恐れるあまりに怯えた態度や及び腰すぎる態度をとってしまい、逆にお相手様にがっかりされる、という方もいらっしゃいます。

これもまた本末転倒です。

では何故そのようになってしまうのでしょうか?

相手に負担を与えては、元も子もない

復縁において、確かに変わることは、とても大切なことではあります。

しかし、本質を見失ってしまっては、良くありません。

変わるのは、何のためなのか?

変わるために変わるのではなく、復縁したいとの希望を叶えるために、変わるのです。

独りよがりな「変わりたい」との思いに、お相手様を振り回してはいけません。

変わるための努力の結果関係が良くないものになるのであれば、それは変わる方向性を間違えているということです。

そのような失敗を繰り返せば繰り返すほど、「この人は本当に駄目な人なんだな」とお相手様からの評価が下がりまくって、取り戻せないものになってしまう可能性は多大にあります。

飲酒に限らず、何かのせいで失敗を繰り返す人は、一念発起して、環境を激変させる必要があるのではないでしょうか?

復縁はおひとりでは難しい場合も多く、ジースタイルが介入したほうが良い場合がほとんどです。

しかし、結局はお客様ご自身が変わる努力をなさらなければ、どれだけ復縁工作をしても、お相手様のお心は解凍できません。

禁酒も解凍に向けた行動の1つです。

むしろ、飲酒をやめることで関係が円滑になり、復縁ができるのであれば、お酒はやめましょう。

お相手様に負担をかけず、変わる方向性を間違えないように、しっかり復縁に向けた必要な変化をする。

簡単なことではありませんが、これらがしっかりできれば、復縁の成功率はぐっと高くなるのではないでしょうか。

まとめ

アドバイスのまとめ、いかがでしょうか?

日頃の電話等でご相談いただいた際は、このように根本的な問題点についても深くお聴きし、解決を図るスタイルをとらせて頂いています。

というのも、復縁工作さえすれば簡単に復縁できるほど、復縁は簡単なものではないからです。

ひとつひとつの問題をクリアしなければ、お相手様のお客様を見る目を変えることはできません。

表面だけを取り繕っても、ボロが出てしまえば再度の離別が待っているだけです。

そのような失敗を繰り返さないためにも、ジースタイルは慎重なのです。

通勤中の出会いで恋に落ちる

どういう内容のLINEなら復縁がしやすいか?~復縁においてのLINE利用のポイント~