復縁したいなら復縁工作の依頼を復縁会社にお任せを

弊社、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは復縁を望む方からの復縁相談にのっております。

復縁相談があった場合状況など詳細を聞かせていただきますが、復縁を専門に扱う復縁屋だからといって、全ての案件の依頼を受けるということではありません。

復縁の可能性の問題や、復縁の難易度が高く復縁工作の必要性を考慮することはありますが、それはあくまで難易度について熟慮しているだけであり、根本的に復縁の可能性がなく、困難であり復縁できる状況ではないと判断した場合は弊社は復縁の依頼をお受けする事はありません。

例えば、復縁したい相手に対して、付き纏いやストーカー行為が発覚し、警察が介入して処分を受けている方、DV等の暴力行為によっての警察介入し元カレ・元カノがシェルターの保護の対象になって行方が分からずいる場合などは復縁屋に復縁したいと相談するべきではなく復縁を望むべきではないと考えています。

まず第一に、犯罪行為に及ぶ可能性のあるものは弊社、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは依頼を受けることは致しません。

復縁を望む本人は反省の弁を口に出されてはいますが、元カレ・元カノにやってきた事実に対し罪の意識さえ希薄に感じることも多々ありますし、実際に心からの謝罪としてを感じる反省をしていると感じた人は皆無に等しいのは事実です。

別れに至った事実を真摯に熟慮することはなく、自分の何が悪かったのか?復縁したい相手に対しての罪の意識すらも認識する事も無く、心からの反省も感じられない様な人は、繰り返し同じことを行う可能性は極めて高いのではないのでしょうか。

元カレ・元カノにもう一度嫌な想いをさせることは明らかですし、復縁とは対極にあるものと考えます。

また、DVで破局に至った方も同様ですが、実際に元カレ・元カノに暴行を働き恐怖を与えてしまった被害者の方が、もう一度この人との復縁を望むはずはありませんし、加害者である復縁したいと望む人は復縁を望むべきではありません。

何故なら自分が悪い事をしたという認識が希薄ですし、上辺だけの反省ならば改善する意思無い事でしょうから全く信用に値しません。

人として絶対にやってはいけない行為に走ってしまった方の復縁はとても厳しいものになり、手遅れといっても過言ではありません。

やってはいけない事を抑制できず、感情のまま行動いてしまうような方は、復縁を望んではいけません。

■⇒心理誘導ばかりを連呼する復縁屋

■⇒復縁工作の手法の確認の仕方