復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁屋ジースタイルには、毎日復縁したい方からの復縁相談をお受けしています。近頃は、老若男女問わず、相談件数が増え続けている次第です。

先日、復縁屋の相談員として復縁相談をお受けしていると、復縁したい相手とのコミュニケーションが全く出来ていなかった方が非常に多いとの内容を書かせていただきましたが、まだ一部の事をお伝えしたにすぎません。まだまだ、復縁を望む相手にとってきたであろう言動というのは沢山あります。

他にも、あなたが、復縁したい相手に嫌悪感を抱かせたであろう接し方をお伝えしたいと思います。心当たりがある方も多いのではないのでしょうか?

付き合っている頃は些細な喧嘩はつきものですが、その些細な事が発端で大喧嘩になることは少なくありませんよね。

些細な事で付き合っている相手に対し責任を投げかけたり、非難するといった口調で責めたり非難したことはありませんか?このように非難された相手はどのように思うでしょう?きっと、落ち込むか、逆に怒りの気持ちがふつふつと芽生えるか、のどちらかだと思います。

相手を責めることで自分の心の中の不満や疑いを消して気持ちをすっきりさせることは出来るのでしょうが、責められた相手としては面白いわけはありませんよね?もしかすると、恨みをかう恐れや、可能性も否定はできません。

特に好きな相手や長く付き合っていく人に対してなら、なおさら恨まれて得になることは何一つありませんよね?

あと非難までであればまだ許容範囲であると考える人もいるのですが、もさらに、物事の規模や程度が段階をおって拡大・激化すると攻撃する事になります。攻撃とは相手を敵とみなし相手の人格に対して厳しい批判をし攻め立てることになります。

攻撃をされたと感じた相手は、恨み・憎しみの感情を抱きます。付き合っている相手であれば間違いなく縁を切るキッカケとなり破局になってしまうか、最悪の場合、憤りを憶え怨恨を残す事になってしまします。一時の感情の高ぶりによって付き合っている相手に対し攻撃をするのは、自分にとっては「百害あって一利なし」なのは理解して欲しいものです。

復縁屋へ復縁したいと相談する方の殆どの方が、自分をコントロールできず、まずは人に対して向ける感情を無意識に表に出してしまうといったことがあるようで、復縁したい相手はこの鬱憤が溜まった上別離という決断をする事が多いようですね。

人に対して向ける感情の前には自分に向けられた感情が先に芽生えているはずなんですが、自分の思い通りに事が進まないと感じたら、自分の感情を振り返るという習慣づけることが必要です。自分にとっての感情は何か?と自問を繰り返す習慣づけてみることで、怒りのコントロールは可能になってきます。

そして、相手に攻撃をするのではなく、自分の感情を相手に伝える事をすれば、相手に攻撃するよりもはるかに強く伝えることが出来るはずなんです。

別れる原因は、様々あるとは思いますが、別れたいと感じるようになる事は、精神的な事柄が影響を及ぼしている事は間違いありません。

復縁したいと考えてるあなたはこのような言動をとっていたことはありませんか?別れに至る前にこの愚かな言動をしっかり理解していれば、破局という最悪の結果を招くことにはならなかったと思いますし、復縁屋へわざわざ相談する事にもならなかったのではないのでしょうか。

最悪の状況に直面し初めて気付かされることは沢山あるはずです。
しかし、気が付くのが今であっても遅いと言う事はありません。これから、復縁に向けて自分自身が変わる努力をしていく事が重要なんです。

諦める事はありません。本気で復縁したいと望むのであれば、弊社、復縁屋ジースタイルへご相談下さい。全力であなたのサポートに当たらせていただきます。

この言動、身に憶えがありませんか?①

良い復縁アドバイス