復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁屋ジースタイルには、復縁を強く望まれる方からの相談が後を絶ちません。

復縁したいと考える前に、なぜ大切な人が別れる決断をしてしまったのか?復縁したい相手にどのような関係で接してきたのか?について書かせていただきましたが、復縁したい相手がどういう気持ちだったのかを真剣に考える必要があります。

復縁したい相手に得意げに自慢話をする事ありませんでしたか?

人から嫌悪感を抱かれ、嫌われる話し方の筆頭格ともいえますよね。

例えば、復縁したい相手から質問されたことであれば話はわかりますが、何も聞いてもいないのに、勝手に自慢話を始めるような人、そのような人は、「誰かに認めて欲しい」「誉めてもらいたい」と、特に付き合っている相手には認めてもらいたいと感じているんです。自分は価値のある人間だと自分自身が感じていたいのです。

自分がどれほど凄いのかということを延々と語ることは、話をする側である本人にとっては心身充実感や幸福感を持つ気持ちの良い時間となるかもしれませんが、しかし、延々と自慢話を聞かされる人達(復縁したい相手)はたまったものではありません。復縁したい相手に対しこのように執拗に自慢話で自己満足するのは今の自分に劣等感がある証拠でもあります。

実は、本当に自分に自信がある人は、自慢話などは一切することはありませんよね。
なぜなら、自分に自信があるわけですから、わざわざ周囲に自慢話をして力を誇示することはしなくても、凄いと思ってもらう必要もないからです。従って自分に自信がある人は、周囲に自分の力をわざわざ誇示する必要がないわけなのです。

自慢話をする心理的背景は、心が満たされていないからではないんでしょうか?自分が本当は何に心が満たされていないのか?を理解することが出来れば、それを満たすことで自慢話をすることは確実に減っていくことになるでしょうね。

陰口を叩くことはありませんでしたか?

陰口をたたくと相手の自分に対する心証を貶めるばかりか、その陰口が巡り巡って自分自身を不利な立場に貶めてしまうことをわかっていません。

人の口に戸は立てられぬということわざにもあるように、自分が陰口を叩いたという噂は、陰口を叩いた相手にもいつしか伝わってしまうことになるのを理解してもらいたいと思います。陰口を叩くことによって、多くの物を犠牲にし、一番大切なものを失ってしまっているといっても過言ではありません。

復縁したい相手を含め、陰口や人の悪口は言わないように自分に誓いを立てることをお勧めしたいと思います。

たとえ、仲間内で始まろうとその話に加わらないように意識する事が重要です。その為には、強い意志が最も必要不可欠となるでしょう。

被害妄想になってませんでしたか?

自分の思い込みを一方的に主張して相手を困らせてしまう接し方です。溜まった感情を吐き出すことで、自分の気持ちをすっきりとさせることは出来るかもしれません。しかし、吐き出された相手からしてみたら困りはててしまう接し方だと言えます。

自分の悪口を言っているんじゃないか?」「自分の人生をめちゃくちゃにしようとしているのではないか?」被害妄想が強い人は、悪い方向に考える習慣ができています。そんな事実がないのに一方的に言われても、周囲の人間はただ困り果てるしかありません。

被害妄想の強い人は、何かにつけて自分自身の事ばかり考える特徴もあります。他人については関心がないというより、考える余裕がないですし、考える事をしません。

そんな状況では円滑な恋人関係人間関係構築できるはずもなく、人は次々と離れてしまいます。今回別れに至った結果がこの事を物語っている事だと思います。

復縁は決して簡単なことではありません。復縁したいのはあなたの方で、復縁したい相手の気持ちは現在あなたに向いていることはありません。

自身のコンプレックスや、上記のような言動があるうちは復縁は厳しいものだと理解していただければと思います。

具体的な自己改善は意味がない

見当はずれの自己改善