復縁屋、別れさせ屋ジースタイルには、復縁を強く望まれる方からの相談が後を絶ちません。

復縁屋ジースタイルには、復縁を強く望まれる方からの相談をお受けしていますが、復縁望むに当たって、なぜ大切な人が別れる決断をするに至ったのか?復縁したい相手にどのような関係で接してきたのか?について書かせていただきましたが、復縁したい相手がどういう気持ちであなたと接してきたのかを真剣に考える必要があります。

話の腰を折る事してませんか?

相手(復縁したい相手)が自分のことで話している最中に、それをわざわざ口をはさんで相手の話を遮って、自分の話に持って行く行為です。
相手の話を盗む?ことから会話泥棒と呼ばれていたりもしています。話の腰を折られた相手は会話を盗むような言動をする人にどのような印象を抱くと思いますか?
好意的に思うっていう人はまず皆無でしょう。人の会話を遮るという事は、泥棒と変わらない最低の行為として相手に移ってしまします。

仮に、復縁したい相手の話す内容がお互いにとって大切である事であれば、真剣に意見のやり取りをする事が求められるはずなのに、既にやり取りをしている所に無理やり自分の意見を入れようとする様なことがあるとすると、復縁したい相手の意見を無視する形となるわけですから、関係悪化の原因となる事ぐらいは理解できると思うのですが・・・

基本姿勢として、相手の話を遮るようなことは絶対にしない。このことを、常に意識することにつきます。復縁したい相手の事を本当に大事だと想うのならばこの位の心遣いができなければ復縁を考える事自体考え直した方がいいと考えます。

尋問をしていませんか?

相手(復縁したい相手)が蓋をしておきたいと感じていることに土足で踏み込み質問していくことです。この聞き方は自分本位の勝手な聞き方で決して良い質問の仕方ではありません。尋問って、「質問を発して,強制的に返答させること」なんですよ。
これって、裁判ではないんですよね?強制的ということは、相手の気持ちを無視し、無理やり答えさせる事ですので始末に終えません。

復縁したい相手とのより良いコミュニケーションとは、相手に注目をあてたうえ、相手の話し方に足並みを揃え話を心地よく引き出していくことなんですね。相手の都合も考えず、自分本位の聞き方をすることは決して良い結果を生む事はありません。

相手(復縁したい相手)とのより良いコミュニケーションとは、何も考えずに質問をすればいいというわけではありません。相手の立場に立った質問をすることで初めて良好な関係が生まれきて、相手に伝達されるものになるのです。だからこそ、会話の主を相手にあてて、相手の視点に立って話を聞く姿勢をもつ事が非常に大切です。そうすれば、どのような会話が適さないのかも自ずと理解する事が出来るようになるはずです。

相手(復縁したい相手)の話を急かす様な事は?

聞いていてもつまらない、自分の利益にならない、無駄な話に時間を割きたくない面倒だという、考え方を持っている人に非常に多い言動でもありますよね。

確かに、相手の話を急かすことで、貴重な時間を奪われなくて済むのかもしれません。ですが、このような言動をすることで、人の心、気持ちと言うのは間違いなく離れて行く事になります。

その結果、付き合っている人との破局へと繋がったわけですよね?時間よりも貴重な人との縁が奪われてしまうといっても過言ではありません。

人の話に真剣に耳を傾けるという姿勢をもつ事、見せる事を意識するだけでも、あなたの言動は大きく変化してくることでしょう。

復縁屋ジースタイルを通じて、復縁したい相手と本気で復縁を望むのであれば、真摯な姿勢で復縁活動に望まれる事を切に願っておりますし、弊社も本気で、全力でサポートさせて頂きます。

変わろうと思っても簡単に変われない?

LINEだけの関係で復縁できるか?