ジースタイルに寄せられる相談に、以下のようなものがあります。

「彼が浮気しているみたいなんです。どうしたらいいですか?」

勿論ジースタイルは浮気調査にも対応しております!

復縁のみならず、是非弊社にご相談ください。

ちょっと怪しい?こんなとこがひっかかった!

お客様から寄せられた浮気の兆候をまとめました。

浮気の可能性が頭から離れないお客様は以下を参考にし、お相手様の浮気について今一度お考えください。

スマホを肌身離さず持ち続ける

浮気相手と連絡をとるためにスマホ(携帯)を肌身離さず、ともすればお風呂場までに持ち込むのは、浮気真っ最中の人に良くあるパターンです。

また、勝手にスマホチェックをされたくがないために慎重になったことで、スマホを手放したがらないという面も。

以前はスマホに執着しなかったのに、急にスマホのことばかりにとらわれるようになったら、それは浮気のサインです。

休日にしょっちゅうひとりで出掛けるようになった

休日は家でグータラしてばかりだったのに、そういえば最近はよく出掛けるようになったな…。

そう感じたら、注意が必要です。

特に「○○と遊んでくるね」なんて、事細かに具体的に共通の友人(もしくは名前は今まで知ってる程度の人)の名前を言い始めたら、怪しいですよ。

やましいことが無いとき、しかも以前は言わなかった人が、わざわざ言いますか?

飲み会の回数が増えた

「会社の飲み会だから帰りは遅くなる」。

帰りが遅いときによくある言い訳ですが、それまで飲み会の回数が少なかった人がそんなことを言い始めたら、浮気の兆候かもしれません。

いきなり飲み会の回数が増える会社なんて、そうそうないですよね。

このような言い訳をして浮気をするのは、女性に多い兆候です。

夜の生活が減った、もしくは増えた

夜の回数の変化は、わかりやすい浮気の指標です。

今まで週1だったのに月1になった、逆に月1だったのに週1になった、などなど。

他所で発散しているために回数が減る場合や、他所で発散している罪悪感で逆に回数が増える場合もあります。

夜の生活の内容が変わった

夜の生活の内容の変化にも、注意が必要です。

どこでその技を覚えてきたのか…?

夜のお店の可能性も捨てきれませんが、趣向が完全に変わるほどの変化があった場合は、特定の相手ができた可能性があります、

下着や洋服の趣味が変わった

浮気相手の好みに合わせて服装や下着の趣味に合わせる、なんてよくある浮気のパターンです。

また、「浮気相手にヨレヨレになった下着を見られたくない」と新しい下着を色々買うようになったりなども、ジースタイルに寄せられた浮気相談で、お客様が浮気の兆候に挙げることが多いです。

洋服の趣味も、浮気相手が若い、もしくは年上のために、釣り合いが取れるように変える場合があります。

目を合わせる回数が減った

やましさからなのか、はたまたこちらに心が向かなくなったことでなのか。

特に男性において、目を合わせなくなったときは、浮気、もしくは何かしらやましいことがある場合が多いです。

心理学のひとつとして、男性は嘘を付くときは目を逸らし、女性はじっと見つめるとの特徴があるそうです。

妙に優しくなった

逆に妙に優しくなったりのパターンもあるそうです。

体調を気遣ったり、男性であれば、奥様に対して家事について「何か手伝うこととかない?」との問いかけが増えたりもあります。

「せっかく優しくしてくれるのに疑うなんて…」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、その理由が他の異性と時間を過ごすためのものであったら、どう思いますか?

口癖が変わった

人は一緒にいる時間が増えれば増えるほど、相手の癖が移ってきたりします。

「ほれた証拠はお前の癖が いつか私のくせになる」なんて都都逸もあります。

最もわかりやすいものが、口癖。

今まで言わなかった言葉が口癖になっていれば、口癖が移るほどに好きになっていたり、それほどに過ごす時間が増えた相手ができた証です。

浮気を疑う発言や行動が増えた

浮気をする人は、自分もしているからと、相手に対して浮気を疑うようになります。

今まではしなかった束縛をしてきたり、いきなり携帯チェックをしてきたり…。

浮気を疑っていそうな行動が見えた場合は、逆にこちらも疑ってみる必要があります。

ただ、「疑ってくるから疑い返す」と単純にやり返してしまうと、返って状況を複雑にしかねません。

素直に従い、虎視眈々と機会を狙いましょう。

浮気を見つけるポイントは…

さて、様々な怪しいポイントを挙げましたが、共通しているものがあります。

それは、「急な変化」。

以前まではしなかったことをするようになったり、逆に以前まではしていたことをしないようになったら、何かしら価値観を変化させる出会いがあったことは間違いなしです。

そういう出会いは同性であることは少なく、大多数が異性との出会いがきっかけであるパターンが多いように、わたしは感じます。

というのは、その相手に振り向いてもらいたいがために変化するというのが、変化については大きなモチベーションになるからですね。

「相手に振り向いてもらうがために変化をする」、というのは、今までに何度もブログで投稿してきた振り向いてもらうがための常套手段です。

その手段を見事に使いこなして浮気をするんですよね…。

うーん、上級者…!

逆に感心してしまいます。

まとめ:浮気に気付いてしまったら

浮気に気付いてしまったときに大切なことは、とにかく感情的にならないことです。

自分はどうしたいのか?

それについてしっかり考えましょう。

そのまま付き合いや結婚生活を続けたいのであれば、離れてしまった心を引き戻す作業をせねばなりません。

浮気相手よりも居心地が良い相手に、自分が変わらなければならないのです。

逆にこれをきっかけに別れるのであれば、弊社ジースタイルのような探偵会社に調査を頼み、浮気の証拠を掴んだほうがよいでしょう。

特に離婚の慰謝料や財産分与、またお子様がいらっしゃる場合は親権交渉において、浮気の証拠はとても大切なものとなります。

浮気の立証ができなければ、慰謝料がとれない場合だってありますからね。

もし調査を依頼することに対して不安がある場合は、先に弁護士に相談をし、どのような内容の証拠があれば離婚の際に有利になるかを知ってから電話をくださってもいいかもしれません。(弊社がお客様に弁護士を紹介することはありません)

自分はどうしたいのか?

最終的にどうなりたいのか?

感情的にお相手様を責めるのではなく、冷静に「どうしたいのか?」を考え行動なさるほうが、後悔が少ない結果になると思います。

この記事を読まれている方はコチラの記事も読まれています