インターネットで「復縁」「復縁屋」と検索すると、たくさんの復縁屋がリストアップされます。

このブログをご覧になっていらっしゃるお客様は、そのような検索結果を経由してたどり着いた方であると、推測いたします。

さて…。

そのようにリストアップされたたくさんの復縁屋の中で、本当に信頼できる復縁屋はどれほどあるでしょうか?

探偵業ではない業者・会社が復縁屋を営んでいる場合に伴う危険性と共に、少しでも良い復縁屋を見分ける方法について、ご案内致します。

何故探偵業がベースの復縁屋に依頼をしたほうがよいのか?


そもそも、何故復縁を扱う復縁屋が探偵業がベースである必要があるのでしょうか?

復縁したい』と思っているだけなんだから、探偵業がベースじゃなくてもいいじゃないか、とお思いになることと思います。

それについて考えるには、まず復縁において必要なことを知る必要があります。

復縁において、事前調査は絶対必要です

ジースタイルが重要視している必要なことNo.1は、なんと言っても「事前調査」です。

調査80%と言っても過言ではありません。
  • ・お客様が復縁したいと思っていらっしゃる対象のお相手様が、どのような方なのか?
  • ・日頃どのような行動をなさっているのか?
  • ・会社の場所は?
  • ・通勤経路は?
  • ・仕事の帰りにどこのコンビニやスーパーに、どれくらいの頻度で寄り道なさるのか?
コンビニなんて知る必要ないじゃない!」とお思いかもしれません。

しかし、いざ復縁工作をする際に、どうやって対象のお相手様と接触をするかにおいて、例えばいつも決まったコンビニやスーパーに寄り道なさっているのであれば、そこを接触ポイントにできるため、知る必要があります。

いつもどのような服をお召しになっているのか?

日頃シックなお洋服をお召しのお相手様と接触するために、ロリータファッションの工作員を派遣しても意味はありません。(そんな工作員はいませんが。笑)(もちろん必要であればご用意いたします)

コンビニやお洋服は例え話ですが、そうやってひとつひとつのお相手様像を調べ工作の方向性を決めなければならないので、事前調査80%

しっかりと調査をする必要があるのです。

そのような調査が復縁成功に繋がると、弊社は考えております。

探偵的なことをする場合、探偵業届出証明書が必須!!

さて、調査の必要性についてご理解いただけたと思いますが、ここで大切なことがあります。

そういう調査は、誰でもやっていいことなのか?

いいえ、誰でもやっていいことではありません。

というのも、お客様から対価報酬を頂き張り込みや聞き込み、調査をするには探偵である必要があります。

つまり、探偵業の届けが必須なのです。

それは探偵業の業務の適正化に関する法律(以下:探偵業法)において規定されていることです。(警視庁のサイトにも手続きについて記載されています)

その復縁屋は探偵業の許可を得た正規の復縁屋ですか?

そこで思い出すのが、探偵業の許可を持っていない業者が、復縁業を扱っているパターンです。

依頼する場合は、その業者や会社が探偵業法の許可を持っているのか注意しましょう。

弊社は探偵業の許可を持っている復縁屋です。

許可がない状態で探偵業の真似事をしている業者は違法業者です。

そのような違法業者が何かあったとき、例えばクーリングオフを利用したいときなどに、きちんと対応してくれる保障はありません。(全てが対応してくれない業者と言っているわけではありません)

世間の復縁屋の中には違法業者がいるのも事実であり、騙されて被害を受ける方がいらっしゃるのも本当のことです。

また、残念なことではありますが、探偵業の許可を得ていても、違法営業をしている会社もあります。

さて、見極めに関してですが、難しいかもしれませんが、例えば東京では、警視庁のサイトに過去3年分の探偵業者への行政処分の実施状況が載っておりますので、事前にそういうサイトをチェックなさることをオススメ致します。

ご自身が今依頼しようとしてる会社がどういう会社なのかお調べになれば、好ましくない業者や会社を避けることができるかもしれません。

勿論弊社は、一度もそのような処分も注意も受けていない、健全な営業体制です^^

まとめ


このような見分けのポイントは、ごく一部にしか過ぎません。

また、こういう基準で考えても、実際にどうなのかはその業者や会社と話してみないとわからないでしょう。

数多くの業者や会社がいる中で、きちんと対応してくれるところを探すのは難しいかもしれません。

復縁したい』との気持ちでいっぱいな中、そのような部分で悩まされるのはわずらわしいかもしれませんが、安くはない工作費をお支払いになるのですから、しっかりお選びになってください。

もし弊社を選んでくだされば大変光栄ですが、違う業者や会社にご依頼なさるにしても、できれば数社に相談や面談をして、比較してからお決めになるほうがベストだと思います。