女性相談員の経験から、どうしても連絡したい…復縁を考えるなら連絡をしないと…と、復縁を焦る方へのアドバイスです。

復縁を求める際の連絡の取り方、間違っていませんか?

ふと思い出した、わたしの恋愛経験です。

以前とある男性に気に入られたことがあるのですが、その男性は、電話やメールを何度も何度も何度もしてくる男性でした。(まだラインがないころ)

好意を抱いてくれているのはわかっていて、最初はその電話やメールが嬉しかったです。

…しかし。

朝から朝までこちらの都合お構いなしに、仕事中の時間だろうが睡眠中の時間だろうが、電話とメールの繰り返し。

あまりのしつこさにやんわりと迷惑である旨を伝えたのですが、リアクションをしてもしなくてもどんどん連絡がきていたので、徐々に迷惑を通り越して気持ち悪くなったので、電話をとるのもメールを返すのも止めました。

しかし、電話にも出ずメールの返信をしなくても、ずっと連絡が…。

マナーモードのバイブ音でも目が覚めるわたしにとって、夜中のメールや電話は生活に支障すらきたすもので、必要な連絡もあるのでサイレントにはできなかったこともあり、朝の5時にメールで起こされたことは1度や2度ではありません。

1ヶ月は耐えたけれどさすがに限界で、共通の友人に相談しました。

直接「控えてほしい」と伝えても変わらないし、すでにその執拗な攻勢に恐怖を感じていたため、直接言えなくなっていました。

彼がわたしに執着しているのはその友人も気付いていたようで、わたしのあまりの消耗具合に同情してくれて、その男性に注意してくれたのですが…止んだのは2日だけ。

3日目の朝4時には、また電話が鳴り、目が覚めてしまいました。

さすがに頭にきて、「本当に気持ち悪い」と宣言。

すると向こうは酔っ払っていたようで、「俺はこんなに好きなのに!」と、電話越しに怒鳴ってきます。

その剣幕に、心の底から嫌悪感しか湧きませんでした。

最終的に「迷惑です。電話が迷惑なのもありますが、ここまでくるとあなたの好意そのものが迷惑です。わたしのことを好きなことをやめてください」と伝えて、着信拒否とメール拒否。

周りの友人たちにも事情を説明し、酒癖の悪さと執着心の強さが異常であることから、みんなでフェイドアウトしました。

数ヵ月後にSNSを通して「あのときはごめん、どうかしていた」と連絡がきましたが、彼のアカウントをブロックして、返信はしていません。

以上が、わたしが鬼電鬼メに遭遇したお話です。

では、復縁についてのお話です

  • ・離別してしまったけれど復縁したい
  • ・冷却期間を置くことになったけれど、どうしても連絡したい
  • ・復縁屋を使ってみたいと考えるお客様の中には、
  • ・連絡することが我慢が出来ない
    と、お相手様への連絡を繰り返してしまう方もいらっしゃると思います。

そうやってお相手に連絡を繰り返してしまった先に復縁はありませんし、それらと復縁屋の利用を同時並行させることはできません。

お相手様は(恐らくわたしのように)、恐怖や嫌悪感しか感じなくなってしまっているからです。

というのも、返信や返答がないのに連絡を繰り返すというのは、自分のことしか頭に無く、ただひたすらに「自分にかまってほしい」「自分を気にしてほしい」という我侭な行いであり、好意の押し付けや承認欲求を満たすがための行いでしかないからです。

相手の都合や気持ちを考えることができない人に対して、あなたはどう思うでしょうか?

これが電話やメール、ラインだから許されるように思えるのかもしれません。

しかし、現実での行為に置き換えてください。

機械を通しているだけで、“話しかける”という意味では、歩いている人に話しかけることと同じなので、この例えでも相違ありません。

街中で返事がない人に、ずっと話しかけてかまってほしいと訴えている人を見たらどう思いますか?

自分が話しかけられたらどう感じますか?

やはり恐怖や気味の悪い印象しかないと思います。

そんな人が復縁出来るでしょうか?

そんな人と復縁したいと思うでしょうか?

今以上に距離を置きこそすれ、復縁することは絶対ありえません。

距離を置くとは、着信拒否であり、メールの受信拒否であり、ラインのブロックです。

自分がしたいことは何か?

お客様が今なさりたいことはなんでしょうか?

復縁ですか?

それとも、自分の感情のぶつけどころになってくれるサンドバッグや、自分の我侭を受け止めてくれて包み込んでくれるブランケットがほしいのでしょうか?

違うと思います。

今一度自分がしたいことを考えて、自分の行動を省みましょう

復縁工作のみならず、復縁はもう一度自分に惚れさせる作業です。

鬼電鬼メ鬼ラインは、「自分を愛しなさい!気にしなさい、ホラ!」とのアピールに受け取られてしまいます。

そんなつもりではないというお気持ちはわかります。

しかし、実際に何度も何度も連絡されるお相手様には、そう感じれてしまうのです。

そんな押し付けがましい人に、再び惚れる人がいるでしょうか?

「別れてよかった!」と思われかねません。

まずは自分の心を整えましょう

そうやって復縁したいと勇猛邁進しすぎてしまうお客様は、一旦お相手様のことは置いておいて、そうやって復縁したくて苦しくて必死な自分と向き合ってみるのはいかがでしょうか?

寂しく思って恋しく思う自分を受け止め、お相手様へ向ける愛情を自分に向けてみてください。

  • ・今どのような生活を送っているか
  • ・どのような見た目をしているか

装いの乱れは心の乱れにも繋がります。

乱れた心では、お相手様との復縁も落ち着いた気持ちでは取り組めないでしょう。

それだけ大好きな相手に今の自分は愛される資格があるか、もう一度考えてみてください。

独りでは自分を止めることが出来ないのであれば、復縁屋ジースタイルをご利用くださって、電話相談や面談で自分とは違う異見を聞いて冷静になるのもいいと思います。

押し付けの復縁の先には…

復縁したくてドンドン突き進んだ人の中にも復縁できた人は実際にいらっしゃいます。

が、大半は再度の離別を経験しています。

それは何故でしょうか?

というのも、そうやって自分が必死になって縋って復縁して“もらった”場合、幸せの主体がお相手様にあり、常にお相手様のことしか頭になく、自分のことが大切にできないからです。

お相手様を大切にさえ出来ていれば平和に付き合っていけるとお考えかもしれませんが、そうではありません。

復縁して“もらった”、付き合って“もらった”。

そういう風な恋愛になると、お相手様の機嫌やリアクションに一喜一憂し、付き合いの中で主体性のある楽しみ方を出来ないようになってしまうために、そういう相手とは一緒にいても楽しくないので、お相手様が疲れてしまったり飽きたりするからです。

復縁するだけ(再度出会うだけ)が目標であれば突き進むだけでもよいかもしれませんが、復縁以降も継続的に関係を続けるつもりであれば、復縁の瞬間だけではなく、今後もずっと愛してもらえて愛していける自分にならなければなりません。

また、お客様と同じように、お相手様にも『復縁したい』と思ってもらう必要があります。(そういうときこそ復縁工作です)

どうしても連絡したいお客様へのまとめ

リアクションがないのに連絡を繰り返してしまい、鬼電鬼メ鬼ラインをしてしまう方は、付き合い始めや出会った頃の御自身を思い出してください。

お相手様が愛してくれたあなたは、そんなあなただったでしょうか?

執着だけでは復縁はできませんし、執着から自分のことしか考えることができない方は、復縁屋を利用して復縁工作をしても復縁は叶わないと思います。

最後に、復縁に成功した著名人の方のお話を、ひとつ。

復縁をした著名人に、イギリス王室のウイリアム王子とケイト妃がいらっしゃいます。

お二人は一度離別を経験なさっていますが、その離別の間、ケイト妃はウイリアム王子に連絡なさらなかったそうです。

ではその間何をなさっていたかというと、ケイト妃は復縁できると信じていたので、自分を磨く期間と割り切って、今まで出来なかったことやしなかったことに挑戦なさっていたとか。

「破局は幸せな時間ではなかったけれど、お陰で強くなることができました。自分自身を見つめる期間だったと思います」

とのことで、復縁したいと思っていらっしゃる方(特に女性のお客様)に、ケイト妃のお言葉を参考にして頂けたらなと思います。

復縁屋に依頼する人に。

楽しい日々を取り戻す為の復縁屋