復縁したいと伝える際にどうすればいいですか?という質問をいただきますが、復縁したいという言葉をどの様に伝えれば良いのか?というテクニック的なものに頼ろうとするのではなく根本的な部分を改善していかなければ復縁は難しいという回答を常々させていただいています。

復縁屋は復縁の為のテクニックを教える会社ではありません。(一部そうではない会社も存在します。)

テクニックというモノは根本的な部分が改善した際に後から付いて来るものであり、根本的な部分が改善されていない状態でテクニックに頼り、復縁を目指した所で付け焼刃のテクニックは復縁したい相手の心に響く事はなく、復縁したい相手の心に響く事がなければ復縁に結びつく事はありません。

復縁したいから焦りというものを感じている人が陥ってしまう部分なのですが、焦ってテクニックに頼ってしまうと復縁とは真逆の方向に進んでしまう事に気付かなければならないのです。

どの様に復縁したいと伝えれば出来ますか?

これは人それぞれ異なるのですが、その部分に気付かない為にマニュアルの様な発想しか出来なくなります。

復縁したい相手は地球上にたった一人しかいない特別な相手であり、プロポーズの言葉、シチュエーション、サプライズの仕方、これらを誰かの真似をして行った所で復縁したい相手に届かない様にたった一人しかいない相手にありがちな言葉を伝えた所で復縁に至る事はありません。

どの様に復縁したいと伝えるかどうか?は相手の状況があり、復縁したい相手が復縁したいと思える状況が揃って初めて有効であり、「復縁したい」というたった一つの言葉ですらも有効であるという事に気付かなければなりません。

どんな言葉を繕おうとも、復縁したい相手の立場に立って言葉を紡がなければ復縁には程遠いものがあります。

たった一言で復縁に至るケースもありますが、複雑な言葉を並べても復縁に至らないケースも多々あります。

誰に発する言葉なのか?誰が発する言葉なのか?どんな言葉を伝えれば復縁したい相手が喜ぶモノなのか?それらを復縁したい相手の事を全く知らない復縁屋が「〇〇という言葉を言えば復縁出来ますよ!!!」という事を伝える事は出来ません。

復縁屋は復縁アドバイスをする事は出来ますが、そういった使えないテクニックをお伝えするのではなく、復縁の基本をお伝えする事が出来るからこそ復縁屋なのです。

テクニックに頼り、テクニックでどうにかしようとする復縁は自分本位な気持ちばかりが優先している状態であるという事を復縁したい相手に見抜かれてしまいます。

本気で復縁したいと考えるのであればそうしたテクニックに頼るのではなく、根本的な部分を改善し、後からテクニックというものが身に付くという事をご理解いただきたいと思います。

この記事を読まれている方はコチラの記事も読まれています

言葉足らずな人の自己改善

復縁したい人と復縁したくない人