お久しぶりです!gstyleタナカです!

今日は復縁相談をいただく中から全く持って意味が分からない人のご相談内容を書いてみたいと思います。

復縁相談をいただく際に、元彼(元彼女)はまだ僕(私)の事が好きなんです!!!という言葉をいただく事があるけれど、まだ自分の事が好きなのに別れてしまった…ってどういう事なの????

と理解の出来ない事を口走る人がいます。

もちろん親族に引き離される、親の転勤とかの理由があって、お互いに好きだけど別れなければいけなくなった…っていう状況の人は、除きますよ!!

明らかに原因が相談者にあって別れたにも関わらず「まだ復縁したい相手は私の事を好きなんです」と言える人は復縁が…という事以前に「良く付き合えましたね…」という心配にすらなってしまいます。

明らかに自分に原因があるのに相手はまだ私の事を好きですって、「だったら別れなくないですか?」って単純に思うけど、逆に何で別れたりフラれたにも関わらず相手がまだ自分の事を好きだって言えるんだろう?嫌いじゃなくても好きでもないから別れたんじゃないの?

こうやって考えるのってごくごく普通だと思うんですよね…何で別れたのに自分の事が好きだって思えるんだろう…

別れ方からの誤解

別れ話をする時に相手の人が気遣って発している事が原因で勘違いをしている事が分かりました。※これは予想ではなく復縁工作を行った際に対象者から聞いた話しを元に書かせてもらってます。

なんで誤解をするのか?

その答えは実は復縁したい相手がキレイに別れようと気遣ってくれた為に出て来たものだって事が分かりました。

別れる時に別れ方を間違えるとストーカーとかになりかねない…キレイに別れて友達としてやっていこう…と決意した人が別れ際にワザワザ嫌われる必要ないな…って考えて別れ話をしていた…って事は少なくないんです。

その優しさを勘違いして、自分の事を好きなのに別れなきゃいけない理由があるのね…と考えて「相手は自分の事好きなのに理由があって別れちゃったんです!!!」と自信満々に来る人がいるんです。

復縁相談の電話をもらって最初から疑いの目で見てる訳じゃないけど、相談を聞けば聞くほどに「えっ!?」って思える様な事が多くて、実際に復縁工作をしてみると「ありゃりゃ…やっぱり…」っていう事になりかねないんです。

工作員が対象者に接触して、依頼者の話しを聞いていけばいくほど、あいつの~~が嫌だった…あの人の~~が本当に許せなくて…って話しを聞いてしまいます。

なんで別れる時に気を持たせる様な事を言ったの?という話しをすれば「だってわざわざ嫌われるなら嘘ついて綺麗に別れた方が良いでしょ?」という答えが返ってきます。

言っている事は分かります。

そしてわざわざケンカして別れたくないっていう気持ちも分かります。

でもその一言で相手がどれだけ期待しちゃっているか…を考えて欲しい…っていうのが接触した後の気持ちです。

あなたの一言が…くぅぅぅぅぅ~…もどかしい気持ちで一杯になるんです。

別れ方を気をつけないと、後々トラブルになり兼ねない事は別れさせ工作をしているので重々承知です。

でも…逆にきれいに別れようとして未練を残させちゃったら、そっちの方がストーカーになり易いって気付いて欲しいですよね…

復縁のチャンスがあるかもしれない…もう一回話せば何とかなるかもしれない…でも話すチャンスがないから家に押しかけよう!仕事に押しかけよう!!!僕(私)の事を嫌いじゃないって言ってたんだから突然行ったら嬉しいって思ってくれるだろう!!!

なんて考えを持たれちゃったらどうします?

そしてそれに近い考え方が元カレ(元カノ)は僕(私)の事を嫌いじゃないんです!!っていう所から、「別れたけど元カレ(元カノ)は僕(私)の事を好きなんです!!」に変換されてしまうんです。

普通に考えたらこの変換おかしいだろ!!!って思えるかもしれないでしょ?でもそのおかしい変換をする人は普通にいるんです。

だから復縁相談にのっている時に僕(私)の事を元カレ(元カノ)はまだ好きだと思っているんです。っていう危険な思想に入っていくし、その危険思想の発展がストーカーになっていくんですよね…

お~こわっっ!!

別れ方を気にして嫌われない様にっていう気持ちは分かるけど、別れるなら別れるでキチンと気持ちがなくなった事を伝えてあげないと誤解されて変なトラブルを抱えてしまいますよ!!

まだ相手は私の事を好きです。はありえません。

まだ相手は自分の事を好きなんです!って思うのは勝手ですが、自分に都合良く考えた所で復縁出来る事はありません。ってかありえません。

復縁出来るかどうかを考える時に大切な事の中に「自分に都合良く考えれば復縁は出来ません。」って事を復縁相談時には全ての人に伝えさせてもらっているけど、相手が考えている事を全然考えてあげる事が出来てないから別れてる今をキチンと理解していないと復縁なんて絶対に難しいよね!!

だって相手は嫌われたくないから、自分が嫌われる事を言いたくなくて別れ話の時に良い言葉を並べているだけなのに、それすらも気付かなきゃ結局別れの本当の原因も分からないし、本当の原因も分からなかったら甘い言葉に縋って、一生出来ないだろう復縁に向けて前に進む事なんて一生出来ないからね!!!

一生出来ないだろうっていう復縁に向けて縋る所は「元カレ(元カノ)は僕(私)の事が好きだ」っていう所だけになって、その内その文章の中に【きっと】っていう言葉がついて来て、更に言えばこの文章が時間が経つにつれてもっと自分に都合良い文章に変わっていっちゃうんだよね…

そうなったら「なんで僕(私)の事を好きなのに復縁出来ない!?」っておかしな方向に進んじゃうし、そうなったら復縁したいじゃなくてストーカー一直線!!!お~こわっっっ!!!

そうなる前に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルはストーカーにさせない為にも現実をシッカリと伝えます。

そのままの考え方ではストーカーですよ!!しかし、ストーカー予備軍には中々その言葉は通じません。

あなたは元カレ(元カノ)の事も知らないのに何でそんな事分かるんですか!?僕(私)の事だって分からないのに失礼です!!!」という言葉が返ってきます。

いやいやいや…良く考えて下さい…

知らない人に相談しようとしたのはあなたです。

知らない人に相談して優しい言葉をかけてもらえると思ったんですか?客観的に見てこのままじゃ犯罪になり兼ねない…と伝えるのは立派なアドバイスであり、世間に貢献させていただいていると思います。

危険な思想なまま誰も間違っていますよ!とアドバイスしてくれなければ困るのは自分です。

おかしな事はおかしいと第三者の立場として言わせていただいています。

優しい言葉が欲しくて相談に来るくらいなら他の復縁屋や人生相談や占いにでも行って下さい。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルは復縁をサポートさせてもらう為に運営してる会社なので厳しい事を言わなければならない時は厳しい事を言うのは当然の業務の内だし、まずは自分が置かれている状況にすら気付けない人は復縁なんて1万光年経っても叶いません。

1万光年経っても叶わないと見越しているものは不可能って言います。

復縁が不可能っていう判断をした時に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルがサポートする事は出来ません。

本気で復縁したいって考える人は復縁は甘くない事を知ってるし、甘くないからこそ厳しい事を言って気付いてもらう事も優しさです。

甘い考えのままピーターパンの様にネバーランドで一生暮らしていたい…って思うなら甘言をいう復縁屋もどきに相談して愚痴っていれば良いと思います。

現実は甘くない…甘くない現実を教えてあげる事は優しさだっていう事に気付かなければ復縁どころか色々な事に躓いていくと思います。

現実は甘くない。

別れた相手があなたを好きだっていう事はない。

まずはこういった事を分からないと先に進む事は出来ないし、復縁に向かう事なんて絶対に出来ません。

現実を知る。

これが復縁したいと言いながらも「まだ相手は私の事を好きです。」っていう言葉を口に出しちゃう人が復縁に向かう為の第一歩じゃないかな?っていう事をお忘れなく!!!

自分を曲げない面倒な人に、恋愛は難しい

復縁出来ない人の間違った改善