復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

あと少しでよりを戻せる…という状態まで来た際の心構えについて書いておきますので、復縁間際の人には参考にしていただければと思います。

よりを戻した!!!

復縁活動をしているならこの言葉を早く言いたい!!!と思っていると思いますが、別れた状態からある日突然よりが戻った!!!となる事は絶対にない事は分かりますよね?

よりが戻った!!!

という状態になる前に段階を踏み、距離が近づいていき、その上で関係が構築され、お互いがお互いを必要とし、復縁までの道程が見えてくるのです。

復縁までの道程に行き着くには様々な問題を解決し、多くの問題を乗り越えて復縁に至ります。

復縁出来た!!!という一歩手前の、これってより戻せそうじゃない?という状態の時にうらやましいかもしれませんが、いざ自分がそうなった時にパニックになってしまわない様に、よりを戻せそうだ…という状態になる前に一読して下さい。

不安との戦い

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

よりを戻す前とは言え、本当によりを戻す事が出来るのか?という不安との戦いは残っています。

不安な部分を持ちながら、卑屈になってしまっては攻める時に攻める事が出来なくなります。

よりを戻す時に不安はつき物ですが、その不安との戦いは復縁活動の初期よりも強くなっています。

今までの復縁活動を頑張った結果がもう少しでよりを戻せる状態なのですから不安との戦いに負けないように自分が行ってきた復縁活動に自信を持って挑むようにして下さい。

不安から焦りを生み、焦りから誤った行動をしない様に事前の段階から心掛けましょう。

自信を持ちすぎない

もうよりが戻るのは分かっている!!!後は適当にやっていてもよりを戻せるだろう!!!と考え、せっかく今まで積み上げてきたもの全てを台無しにしています事があります。

結果が出るまではあくまでも「だろう」という予測、予測の段階から手抜きをすれば、よりを戻す一歩手前で失速してしまい、復縁まで辿り着かなくなってしまいます。

積み上げた自信を表に出さず、内に秘めた行動を心掛けて下さい。

自分はあくまでも復縁したい【側】

いくら復縁したい相手とよりを戻す直前だろう…と考えていても、まだ完全に確定したわけではありません。

よりを戻した後の事ばかりを考えてしまい、今の状態をおろそかにしてしまえば、何かがキッカケで簡単に今まで頑張ってきた事が吹っ飛んでしまう事があります。

自分はあくまでもよりを戻したいと思う側です。

思う側が相手に要求を押し付けるのではなく、要求を受け入れる姿勢を忘れない様にしましょう。

■⇒復縁出来ない理由を考えた事がありますか?

■⇒復縁屋に復縁工作の相談をしてみると…?