2015年7月、茨城で、とあるストーカー事件の裁判がありました。

被告は58歳の男性。

被害者である女性とは15年に及ぶ不倫関係で、前年に妻に不倫が発覚。

離婚を求められ、2014年12月には、不倫相手である女性からも絶縁を宣言されました。

年が明けた1月から始まったストーカー行為では、「恥ずかしい写真をばらまくぞ」「朝、車の近くに写真、ばらまいておくからね」などといったメールを約20回送信したり、女性宅に「締まりは良いし、声は出てるし、感じ方も最高の女です」等の内容を含む手紙を送ったりしたそうです。

驚くことにこの被告は勤続40年の警察官でした。

ストーカー事件について調べていて見つけたこの事件。

わたしがこの事件で注目した点は、メールの回数が「約20回」と報道されている点でした。

その他手紙や被告の職業も影響はなかったといえません。

しかし、メールの送信回数が約20回でも逮捕されるのですね。

わたし自身は少ないと感じてしまいました。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにご相談くださるお客様にも、お相手様に対し「何度もメール(もしくはライン)をしてしまった」と仰るお客様がいらっしゃいます。

内容について伺うこともありますが、総じてポジティブな内容ではありません。(だからこそお相手様からの返事がないとも言えますが)

回数はお客様により様々ですが・・・さて。

20回やそれ以上に、お相手様に対してメールやライン・手紙を送ったりした経験はありませんか?

それらの行為は、場合によっては警察から警告やそれ以上、逮捕だってありえるのです。

もし何度も一方的にお相手様にアクションをとっているお客様は、その自覚を持つべきです。

ご自身がなさっている行為は、お相手様のお心ひとつで警察に通報(や相談)をされる行為なのです。

・・・そうお伝えすると、多くのお客様は「でも相手は自分に対してまだ好意を持ってます。だから大丈夫です」と仰います。

いいえ、違います。

通報をする手間を面倒に思っていたり、通報すると尚更行動が大きくなるのではないかと恐れているだけです。

最終的には「殺してでも・・・」と凶行にでるストーカーは多くいますからね。

お相手様がそう思っても不思議はありません。

愛してくれているから通報しないのではなく、恐怖のせいで通報できないだけだと思ったほうが良いでしょう。

そして、上記のような「相手はまだ自分に対して好意を持っている」との考えは、被愛妄想と呼ばれるものです。

相手からの拒絶を良いほうにしか捉えることができず、常に「自分は愛されている」と思い込む妄想です。

本当に好意を持っているのであれば、何度も連絡をしなければならないほどに無視をされるようなことはなく、そもそも関係が破綻することはないはずです。

好きではないから、関係が破綻するのです。

それを忘れてはいけません。

関係が破綻したことを受け入れることは、苦しいことであるかもしれません。

しかし実は、破綻を受け入れることこそが復縁に繋がっているんです。

復縁したい」と思っていらっしゃるお客様は、ご自身の状況が見えていない方が多くいらっしゃいます。

状況が見えていないために本来のご自身を見失い、例えば一方的に連絡をしてしまったりするのです。

「好かれている」と勘違いをしている状態では、「何故正直に愛してくれないのか」と、まるでお相手様が悪いかのように考えてしまいます。

しかし、「今の自分は愛されていない」と現状をちゃんと受け入れることができれば、「どうすれば(また)愛してもらえるか?」と、変化の主体を自分に置くことができます。

これがとても大切なことで、お相手様に変化を望む状態では復縁はできません。

求めても与えられない状況は、気持ちをさらに暗くさせます。

気持ちが暗くなれば性格が暗くなり、性格が暗いと表情も暗くなり、人間性もじめじめとした暗いものになります。

その暗くなった状態で、さて恋愛ができるでしょうか?

逆にそのような暗いと、恋愛がしたいと思いますか?

思えませんよね。

相手に望むのではなく、自分を主体において状況の改善に努めること。

復縁には、それがとても大切なのです。

さて、最初のストーカーの話に戻りましょう。

もしこの事件の被告が復縁屋・別れさせ屋ジースタイルに復縁の相談をしてきていたら、どうアドバイスをしたでしょうか?

(※報道からでしか状況が分からないので、アドバイスが不足する部分もあります)

もし今この被告と同じようにお相手様を追い詰めるコニケーションをとってしまっている方へアドバイスのメールを送るつもりで書かせていただきますね。

まずひとつは、連続したメールをやめることです。

恋愛は下手な鉄砲じゃないのですから、何度も連絡をしたからといって叶うことではありません。

むしろ一通ごとにお相手様を追い詰めていると思ってよいでしょう。

場合によっては、ストーカーとして警察に相談されてしまいます。

ストーカー認定から巻き返すのはなかなか難しいことなので、そうなる前にやめてしまうことを薦めさせていただきます。

次に、今まで送ったメールを、できる限りお相手様になったつもりで読み返しましょう。

なかなか難しいかもしれませんが、”お相手様”になることはとても大切なことです。

自分だったら「逃げたい」と思ってしまうようなメールを送っていませんでしたか?

メールの数もそうですが、ふとした一言が、お相手様に拒絶をされるきっかけになっていたかもしれません。

そのような原因になりうることを、ひとつひとつ洗い出す作業をしましょう。

そして、「この言葉のせいかも」と思い当たるメールを見つけることができたら、どう言い換えていたらよかったかを考えましょう。

これもまた”お相手様”になって考えることです。

自分がどのような気持ちを伝えたいかではなく、お相手様にどう思ってほしいかを基準に考えることが、メール作成のコツです。

また、そういうときに考える文面は、「好きになってもらおう」と多くを望む内容になってはいけません。

まずは「メールを続けたい」と思ってもらうことを基準に、お相手様が返事を送りやすいメールを心がけることです。

このように考えた文面は、今の段階では送ってはいけません。

そのように先走って焦る気持ちが、お相手様を追い詰めるのです。

時には数日かけてもかまいません。

ゆっくり時間をかけ、しっかり考えることです。

そして考えている間は、恋愛以外の他の楽しみも見つけましょう。

例えば散歩でもかまいません。

散歩をしながら世間を見て、自然を見て、様々なストレスを手放してみてください。

穏やかな人ほど好かれるのです。

ご自身が追い詰められている気持ちでは、穏やかにお相手様を愛することはできません。

そのような作業をしているうちに、ご自身の何が良くなかったのかが、少しずつ見えてきます。

自分の何が悪かったかが見えれば、後悔の感情が生まれるでしょう。

「もっとこうしてあげればよかった」「こんな風に声をかけてあげればよかった」。

そのような後悔の感情が見えてきたら、もう後悔するような愛し方をしなくて良いように、自分を変えていきましょう。

自分が主体で変わることが、復縁には何よりも大切なことです。

自信を持って「変われた」と思えたときが、やっと復縁に向けての歩みを始めることができるタイミングです。

それまでは焦らず、ゆっくりと自己改善に努めましょう。

と、このような感じのメールを送らせていただくかもしれません。(※相談員によって送る内容は違います)

ストーカーをひとりで辞めることは、とても難しいことかもしれません。

しかし、お相手様を本気で愛しているのならば、尚更に辞めることです。

一番大切なものは、お相手様ですか?分ですか?

ストーカーをし、パートナーも妻も仕事もこれからの人生も失った58歳の被告のようにならないように、復縁したいと思っているのであれば、今ご自分がなさっていることを、しっかり考えましょう。

考えてから復縁に取り組んでも、決して遅くはありません。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは、復縁調査や復縁工作のみではなく、カウンセラーや恋愛コンサルタントと共に、上記のようなメール(やライン)のアドバイスは勿論、自己改善のサポートも行っております。

興味がお有りの方は、一度お問い合わせください。

熟年夫婦の復縁成功事例

復縁工作の成功事例を参考に…