Pocket

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

お正月、年末、クリスマス、バレンタインデー、ゴールデンウイーク、お盆、誕生日、人が生きていく上で色々なイベントがあります。そして復縁したい人の特徴としてそういったイベントを駆使して復縁しようと目論む方が非常に多く、イベントを使っても復縁出来る事は《ない》という事をご理解いただく為にこの記事を書かせていただきます。

お正月、年末、クリスマス、バレンタインデー、ゴールデンウイーク、お盆、誕生日の中でも特に復縁したい人が重視しようとする【誕生日】がありますが誕生日に元カレ・元カノにラインやメール、電話をする事で自分を印象付けようとする事が適切なのか?と言われれば全く考え方が違うという事をご理解いただきたいと思います。

復縁したいから誕生日を祝うのではなく、相手の誕生を祝うから誕生日を祝うのです。

しかし復縁のキッカケを…という方は誕生日のお祝いをする事が目的ではなく復縁する為のキッカケを模索するので誕生日おめでとうのお祝いLINEやメールに透けて見える部分が出てきます。

復縁したいと思っている立場と復縁されたいと思われている立場では物事の考え方も異なり、1つのイベントに対しての捉え方も異なります

まず、元カレ・元カノが復縁したいと思っていないにも関わらず復縁したい気持ちが透けて見える電話、LINEが来たらどう思うでしょう?少なくとも「やったーーー!!!連絡来たーーー!!」と思ってもらえる事はありませんよね?

以前は恋人状態でも《今は他人》なのですから…今は他人という状態をすっかり忘れてしまいイベントを使って復縁を…と考える人は多いのですが、【イベントだから好きになってくれる事はなく】【イベントだから愛してくれる事はなく】【イベントだから復縁したいと考えてくれる事はない。】という認識を忘れてはいけません。

イベントはキッカケを作れるかもしれませんが、キッカケはキッカケでしかありません。誕生日におめでとう。というキッカケは会話を擦るキッカケであり、キッカケを作った所でその後の会話が面白くなければ話したいとも思いませんし、会いたいと思う事は100%ありません。

会いたいと思ってくれるかどうかは相手に送る内容次第であり、その内容とは復縁したいと思わせる内容ではなく、まず久しぶりに会ってみたいなと思うかどうかが問題です。

イベントを使って復縁を考える人はキッカケだけを模索して誕生日のお祝いをした方が良いのか?というキッカケだけを考えてしまい、その後の事を考える人は多くありません。

復縁したいと考えるならキッカケを考えるのではなく、その後の事をシッカリと考えてイベントを作りましょう。

■⇒小野田ゆう子さんという復縁相談所がダメならご相談下さい

■⇒復縁屋と復縁占いどっちが復縁成功率が高い?

復縁・別れの参考になりましたらクリックお願いします
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ

復縁・別れの無料相談

※現在未成年者からのご相談は受け付けておりません。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル 無料電話相談 復縁屋、別れさせ屋ジースタイル MAIL電話相談

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにお任せ下さい。

復縁・別れの参考にして下さい

本気で好きなのであればこそ・・・!... 例えば年齢が大きく離れている。 例えば住んでいる場所が大...
別れの原因である「嫉妬」「束縛」 復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの山下です。 ここ最近、弊...
よりを戻せる人は、大人な人 復縁が成功した人には様々な共通点がありますが、その中のひとつには、『精...
最も効率的な復縁を実現するために お客様の中には、復縁や別れさせについて悩みすぎて夜に寝れなくな...
反省したフリは復縁したい相手を騙す事... 復縁したい人は自己改善をしなさいという言葉を信じて自分の悪い所...
クリスマスに向けての復縁活動 夏が終わり、秋に移行している季節にクリスマスの復縁を目指すなん...