先日バイキングというテレビ番組で芸人のコウメ太夫さんが別れた相手と復縁したいという生放送をされていました。

その際にコウメ太夫さんが書いた手紙についてタレントの坂上忍さんが「こんな手紙をオッサンが書いてるようじゃ復縁出来ない」と仰っていました。

坂上忍さんはコウメ太夫さんが書いた手紙の内容に下記の様にコメントしています。

彼女の悪いことも手紙に書く?

復縁したい立場でありながら、コウメ太夫さんは自分も我慢していた部分があったからお互いにそこを話し合って良い関係を作っていこう!

という言い分です。

復縁を望む人の多くは状況というモノを理解していない事が多く、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルへ復縁相談に来る人もまたコウメ太夫さんと同じ事をしている方が多いのです。

復縁したいと言いながら、復縁したい相手も悪くて自分も我慢している。

復縁したい相手に「直して欲しいという言葉」や「あなたも悪いでしょ」という言葉や気持ちは厳禁です。

自分が復縁したい訳ですから、あなたも悪いでしょ!!というのは復縁したい立場ではありません。

復縁したい=復縁して「下さい」

という言葉になります。

復縁して下さい。という言葉はお願いしている立場になります。

お願いする立場の人が「あなたの〇〇も悪い」という言葉を出してお願いを聞いてくれる事はありませんが、コウメ太夫さんはこれと同じ事をし、更に復縁したいと言う人の多くも同じ事をします。

言葉に出さなくても態度に出せば同じです。

態度に出さなくても思っていれば相手はその気持ちがある事を察し、復縁出来ません。

復縁したいと言うならば、少なくともお願いする立場であるという認識を持たなければなりません。

付き合って下さい

という言葉は付き合って下さい。お願いします。

という隠れた言葉があります。

復縁したいという言葉にも復縁して下さい。お願いします。

という隠れた言葉があるのです。

コウメ太夫さんが復縁したいと綴った手紙を反面教師として復縁について考えてみて下さい。

自分も悪いけど…という言葉

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

自分も悪いけど…という言葉の中にいくつ相手の方を否定する言葉が含まれているか分かりますか?

自分「も」悪い「けど」

二つの否定する言葉が含まれています。

何気ない言葉一つの様に感じ、意識して「も」や「けど」を使っている訳ではないという人がいますが、たった7文字の中に二つの否定が入っていれば相手は自分を否定されていると感じてしまいます。

自分を否定される人と交際をしたい。付き合いたいと思ってもらう事が出来るでしょうか?

尊敬している人物から否定の言葉を聞く事が出来れば素直に受け入れる事が出来ます。

しかし、尊敬できない人物から自分を否定された時、あなたならどう思うでしょうか?

お前に言われたくない

という言葉を思わず出したくなりませんか?

お前に言われたくない=「????????????????」←ここにどんな言葉が入るのか?を考えてみて下さい。

飛躍的な考え方に感じられるかもしれませんが、復縁したいという状況で、「も」や「けど」という言葉が正しいのか?

自分は「復縁してください」とお願いする立場です。

これらを小梅太夫さんの書いた復縁の手紙から学んでいただければと思います。

■⇒復縁を可能にするのは挑戦・努力

■⇒佐藤相談員の職業病とは?