自分がコミュニケーション能力が低いと認識している人はあまりいらっしゃいません。

自分は正常、自分は普通、自分は一般的、人は皆普通になりたがる生き物です。

普通から外れる事を極度に怖がり、他人から普通ではないと言われる事を恐れるのが人間です。

一般社会において他人と全く関わる事もなく生活する事は難しいので、その一般社会に溶け込んでいる自分は普通だと誰しもが思いますが、現実はコミュニケーション能力がとても低い方もいらっしゃいます。※悪口を書きたい訳ではありません。

コミュニケーション能力が低ければ、コミュニケーションを取ろうとしても相手の話しを聞かない、相手の話しを聞いても理解しようとしない、相手の話しを聞き流して自分の話しばかりをする。

コミュニケーション能力の低さを自覚していて、それを相手に伝え、それが当たり前になっているのであれば話しのしようがありますが、コミュニケーション能力の低さを自覚せずに、相手からの話しを聞かない、相手の話しを理解しようとしない、相手の話しを聞き流して自分の話しばかりをしてしまえば相手の人が疲れてしまいます

相手の人が疲れてしまえば話す事が嫌になり、コミュニケーションを取りたい関係にはなりたくありません。

復縁を目指す人の中には、このコミュニケーション能力が低いと感じる方も少なくありません。

付き合って数か月で別れてしまい、復縁したい…と考える人の中にはコミュニケーション能力が不足していて相手の伝えたい事を感じ取る事が出来ず、結果的に別れてしまいます。

その別れの原因をコミュニケーション能力の低さから違う要因を見出し、違う要因を改善すれば復縁出来るのではないか?と考えてしまい結果的に復縁に至らないというケースも少なくありません。

自分のコミュニケーション能力の低さを相手のせいにし、自分のコミュニケーション能力は問題ないと思い込み、相手のコミュニケーション能力が足りない為に相手が伝えたい事が理解出来ないので、何が原因で別れに至ったのかが分からない…と仰いますが、復縁工作で復縁したい相手に接触して出て来る答えは「話しが通じない」という言葉であったり、「何かを説明しようとするとスグに怒る」という事を言われるケースが多いのです。

この場合、何を改善すればいいのか?復縁出来る人や別れを経験していない人であれば分かるのですが、復縁したいと思う人は「スグに怒る部分を直せば復縁出来る」「話しを聞けば良いんだ!!」と短絡的に考えます。

そして短絡的に考えた結果、それが間違っている事を復縁したい相手に見抜かれてしまい、復縁に至る事はありません。

何故自分が嫌われてしまったのか?何故復縁したいと想う様な状況になってしまったのか?

その要因まで辿り着かないから復縁出来ないのですが、その要因に行きつくまでが遠いのがコミュニケーション能力が低い方が復縁を目指すケースです。

単純に考えればスグに分かる事だと思いますが、話しを聞いてくれない、話しを聞いても理解してくれない、自分の事ばかりを話して会話が成立しない。

この様な人と復縁したいと思ってくれるかどうか?考えてみていただきたいとは思いますが、中々そこにも気づかないのがコミュニケーション能力が不足していると感じられる人達です。

復縁屋に復縁相談する人の中にはこういった人達がいらっしゃいますが、こういった人達が行きつく先は復縁工作でどうにか復縁させてもらおうという安易な考えになり、安易な考えの元、復縁工作の依頼をしようとしても復縁屋に断られるというのが復縁したいけれどコミュニケーション能力が不足している人の特徴です。

復縁屋から向けられる厳しい言葉の意味

別れさせ工作の相談者