復縁屋・別れさせ屋ジースタイルと依頼者との関係性とは?と思われる方がいらっしゃると思います。

復縁屋は復縁屋。依頼者は依頼者』と思いの考えはごく一般的な考え方だと思いますが、私どもから言わせて頂くと、『復縁まで共に歩む同志』と考えております。

さて、この考えを依頼者はどう考えるのでしょう?

なぜ、同志なのか?

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

依頼者の中には、『業者にお金を払っているのだから、依頼した復縁だけをしてくれれば他に何もしなくていい。』と思いの方もいらっしゃると思いますが、そうではないのです。

復縁に向けてお互いに手を取り合い、同じ思いを共有し、ゴールを目指すので、『同志』同じ志を持つもの同士となるのです。

お互いに同じ方向に気持ちが向いていないと、足並みが揃わず、復縁までの分岐点などで違う方向にお互い行ってしまいバラバラになってしまうでしょう。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは、復縁に向けて依頼者に対して、時には厳しい事を言う事もありますし、厳しい要求する事もあります。

それは何も相談者の事が嫌いで言っているわけ等ではありません。

復縁に向けて改善を行わないといけない事に関しましては、こちらも遠慮はしてられないのです。

せっかく、安くはない復縁依頼料を払っているわけですから、成功させなくては意味がありません。

その依頼料をただ目先だけの復縁に対して払うのか、今後の幸せに対しての投資と考えるのかで、全然違う意味合いの金額になってきます。

その考えを出来るか、出来ないかで復縁の取り組み方も変わってくるはずです。

依頼をする方たちの多くは目先だけの復縁しか考えておらず、そのもっと先の事を見ていない事が多いですし、復縁するなら最終的な幸せと言うものを考えてみたらどうでしょうか。

依頼者それぞれ復縁の定義は違うはずですが、目先だけの事だけしか見えず、本来の復縁と意味合いから大きくズレないように、見守る事も復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの役目だと思います。

1度違う方向に行ってしまうと、元の状態・方向修正するのに今まで掛かった時間以上の労力を費やさなければならなくなりますし、相手の状況も相談者の状況も変化があるかも知れません。

良い方向に変化があればそれに越した事はありませんが、大体このような状況になってきますと、状況は悪化している事が大半です。

最悪の結果に至らないようにするにも、私共と相談者が一致団結をして復縁に向けて歩んで行きましょう。

・⇒復縁したいと考える季節と場所はあるのか?

・⇒張込み⇒尾行へ