昨今では復縁したいという気持ちを持たれている方とストーカーが一緒くたにされてしまっている事があります。

ストーカーはストーキングという犯罪を行っている方の事を言い、復縁したい人と同様に見られてしまうのはとても残念に思います。

そして復縁屋が残念に思うだけであれば何も問題はないかと思いますが、実際に復縁したいと考えている方にしてみればストーカー規制法は相当にやっかいな法律になっているのではないかと思います。

ストーカー規制法が出来なければ復縁したい相手の所に自分で行って誤解を解けるのにも関わらず、ストーカー規制法があるおかげで本当にすれ違いで関係が終わってしまった事に対してどうにかしたいと思っても出来ないよ…という方もいらっしゃいます。

ただのすれ違いであれば自分自身でどうにかなると考えてしまい、すれ違いを簡単に考えてしまった結果、ストーカー規制法に抵触してしまいストーカー認定をされてしまった…というケースは少なくありません。

そういった方達の為に復縁屋は存在しますし、ストーカー扱いされない様にする為に復縁工作という形で復縁を目指すのが復縁屋の仕事ですから、ただの行き違いの状態であれば簡単な復縁工作で済む事も多々あります。

しかし、復縁を甘く見てしまい、1人でどうにかなるだろう…と甘い考えから復縁したい相手に接触し、結果的に警察に通報され、ストーカー認定をされてしまう方も少なくなく、その後に身動きできない様な状態になってしまい、復縁したいという気持ちを捨てきれなくなってしまうケースもあるのです。

こうした大事になる前に復縁屋ジースタイルとしては早急な対応が必要であると考え、安易に復縁出来るという認識を持たれている方に対して警鐘をならしています。

では実際に復縁したい人とストーカーは同じなのか?という事に関して下記に書かせていただきます。

復縁したい人とストーカーは違います

復縁したい人とストーカーの違いは決定的な部分があります。

ストーカーは誰がどう見ても犯罪者であり、「犯罪者という認識すらない犯罪者」というのがストーカーになります。

しかし復縁したい人というのは基本的には法律を遵守し、犯罪になってしまうから控えなければならない…と考えて行動をする事が出来ます。

犯罪者というのは自分が犯罪者だという認識があって犯罪を犯す人と、犯罪をしているという認識がなく犯罪を犯す人の2種類がいるはずですが、ストーカーは自分で犯罪を犯しているという認識がないままに犯罪を犯している後者のケースである事がストーカーだという認識のないままに行動する人達の思考です。

なぜ自覚症状がないのか?

なぜ自覚症状がストーカーはないのか?これは復縁したい相手の気持ちを考える事が出来ないからこそ起こり得る症状であり、相手の気持ちを考える事が出来ない為に別れに至ったという事にすら気付かず、相手が迷惑しているという事に考えが及びません。

自分が復縁したいという気持ちや直接話せばなんとかなるだろう…と安易に考えてしまう事から他人の迷惑を考える事が出来ず、結果的にそういった思考であるから大切な人から別れを告げられたという事にすら気付きません。

自覚症状がなく犯罪を犯している事にも気付かない為、一種の病気という気配すら漂わせてしまうのがストーカーであり、病気というモノは自覚症状が出るまでに時間を要する事と、自覚症状が出るまでには何らかのアクションがなければ自覚出来ない事からも弊社ではストーカーは犯罪者であると共に病気であるという認識もしています。

復縁したい人の思考とは?

復縁したい人の思考は復縁したい相手の気持ちを汲み、自分がしてしまった事の重大さや相手の事を思い遣った気持ちを持って対応する為、ストーカーとは一線を画します。

自分の気持ちを優先したい一方で相手の気持ちも尊重しなければならないという葛藤から苦しみ、悩み、その上で復縁したいという気持ちを捨てる事が出来ない状態に陥っています。

復縁したいという気持ちを持つ為に自我が崩壊するほどに苦しみぬき、それと同時に相手の気持ちを考えるからもがき苦しむのが復縁したい人の思考です。

復縁したい人の思考は、自分の犯してしまった過ちに対して反省をする事が出来、自分がしてしまった事への後悔をする事から相手に対しての気持ちとの葛藤の中で悩まれる方の思考が復縁したい人の思考になります。

ストーカーと復縁したいは違う?のまとめ

復縁したい人は相手の事を気遣い、ストーカーは自分の気持ちを優先します

犯罪を犯すからストーカーではなく、復縁したいという自分の気持ちを優先するのか、相手の気持ちを優先するのかという違いがあるのです。

そうした違いに気付かずに犯罪に手を染めていく方をストーカーと言い、ストーカーであれば復縁は難しいと言わざるを得ませんが、復縁したいという気持ちを持つ人は復縁を目指す事が可能であるという判断もする事が出来ます。

復縁したい人には今の時代はとても復縁を目指すのに適した時代ではないのかもしれませんが、今持っている気持ちを大切にしていただき、どうしても復縁したいとお考えの際は復縁屋ジースタイルにご相談いただければと思います。

弊社はストーカー等の犯罪者の味方は致しませんが復縁したいと願う人の味方でありたいと考えています。

もしも復縁したいと強い気持ちを持ち、ストーカーの様に相手の気持ちを理解出来ない方でないのであれば、まずは復縁屋ジースタイルにご相談してみていただければと思います。

この記事を読まれている方はコチラの記事も読まれています

復縁工作の2chの評判

安い復縁工作とは?