復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

復縁屋に復縁相談をする際に夜の生活に問題があり別れた場合、セックスについてお伺いさせていただく事もあります。

しかし、大抵の相談者の方達はセックスには自信があると言いながらも独りよがりのセックスをして相手がイク、イカないという体を満足させるセックスばかりを気にして心を満足させるセックスをしていない事が多々あります。

相手の女性は毎回オーガズムに達していたのでセックスには自信があるけれど、相手の性欲があまりなくセックスレスになっていたという人や相手の性欲が強すぎて一回は頑張れるけれど何度も求められると自分の性欲が弱い為、対応出来ない…という男性もいます。

こういった方達から見えるのは女性が一度オーガズムに達したので「自分は満足している」けれど相手の女性は満足していない。

という状況である事を理解していない事が多く、快楽を求めるセックスと愛を確かめあうセックスをごちゃ混ぜにしている節があります。

愛を確かめ合うセックスは心の快楽を求め、そこには安心や愛情等、様々なモノをお互いに確かめ合う儀式になります。

そういったセックスとは異なり、快楽を求めるセックスは快楽を求める事を第一優先とするのでお互いの心を気遣う様なセックスになる事はありません。

しかし、男性の多くは快楽を求めるセックスばかりを追求し、アダルトビデオの様なセックスや女性がオーガズムに達するかどうか?という事ばかりを重要視してしまい、女性が求めているモノが何か?も分からないままに快楽を求めるセックスを望みます。

セックスは言わば心と心のコミュニケーションであり、言葉に出さなくても会話をする事が出来る唯一のコミュニケーションツールになります。

不器用な人が言葉で愛情を相手に伝える事が出来なくても言葉を必要としないコミュニケーションツールであり、不器用ながらも一生懸命愛情を魅せるセックスと自分本位にオーガズムばかりを求めてしまうセックスでは求めているモノが異なり、いくらオーガズムに達しても下手と言われてしまう男性は多々います。

オーガズムに達するというのは男性目線で達しているのであって、女性はオーガズムに達する演技をするのが上手く、実際は達していないケースは沢山あります。

男性が喜ぶかな?と思い、男性に喜んでもらおうと思っての行動を男性は勘違いして「自分がイカせた!!!」と自信を持ってしまう男性もいます。

上手な女性に掌で転がされている事に気付かずに男性は自分はセックスが上手い!!!と豪語します。

最初に書いた文章を読んでみて下さい。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

相手の女性は毎回オーガズムに達していたのでセックスには自信があるけれど、相手の性欲があまりなくセックスレスになっていたという人や相手の性欲が強すぎて一回は頑張れるけれど何度も求められると自分の性欲が弱い為、対応出来ない…という男性もいます。

上記の内容はセックスが本当に上手な人がされる行動なのでしょうか?

女性が求めるセックスが出来、快楽を求めるセックスか愛情を確認し合うセックスかを判断し、独りよがりのセックスではなく2人で作りあげていくセックスが出来る人からはこういった言葉が出て来ないかと思います。

男性相談者にセックスについてお伺いさせていただく際は大抵の方が「自分は彼女を何回もイカせていました」と自分は下手ではありません。というアピールを大抵しますが、本当にセックスの事を理解している人がセックスについて語る時、女性を何回イカせたかどうかを語る人は中々いません。

アダルトビデオの見過ぎでセックスが上手な人に対するイメージが女性をイカせる事になってしまっている時点で女性からも何もセックスについて分かっていないのに自分は上手だと思われたいんだな…と望んでいる方向とは逆の目線で見られてしまいます。

そしてこういった男性の場合の多くが女性はオーガズムに達しているフリをされていて見抜けない男性だという事を復縁屋復縁工作をして女性対象者に接触しているので何度も聞き出しています。

自分のセックスに自信を持っている男性は復縁したい相手を本当に喜ばせてあげられていますか?

■⇒自分の想いだけを一方的に伝える事は間違いです。

■⇒復縁相手の想いを感じ取る余裕ありますか?