男女の関係で通常であれば女性から体の関係を持てなくて悩んでいる…という事は考え辛いと思われている男性はとても多いかと思います。

特に古い考えの男性であれば女性はおしとやかであれ、大和撫子等の言葉がある様に女性から体の関係をどの様に持てばいいのだろう?という事は考えも及ばないのではないかと思いますが女性も人間であり、種の保存という遺伝子の問題からも女性に性欲がないという事はありません。

男性であれば性風俗が比較的オープンにありますが女性の性風俗というものは一般に浸透していない事もあり、女性の性欲問題に関しては男性からしてみれば分からない事も多いのではないかと思いますので参考にしていただければと思います。

女性もセックスに対して興味があります

復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

誤解しないでいただきたいのですが、女性も性欲はありますが、常日頃から欲情しているという訳ではありません。

時代背景からも性に対してオープンになってきたとは言われていますが、下ネタ話しが好きな男性の比率と比べると女性の比率は格段に少ない事からも性に対してオープンになってきたけれども、それとオープンにする事は異なる事が分かるかと思います。

しかし、実際の女子会等で女性同士の集り等の場合、「最近していない…」といった会話が頻繁に飛び交うのも事実としてあります。

女性も男性ほどオープンではないにしても性に関して興味や関心を持っている事が分かります。

女性からの誘い方

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

この記事の本題に入りますが、女性からセックスに誘う時、どうすれば良いか分からない…という声は実は多く、自分はしたいのに男性がその気になってくれない状況を打破したい…と考える女性は実際には大変多くいらっしゃいます。

ではどの様に女性から男性を誘えばその気になるのか?そして何故男性から誘ってこないのか?を書いてみたいと思います。

男性から誘って来ないには原因がある

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

男性が体の関係を求めて来ないには理由があります。

年齢的なものや性欲の減退等も原因の一つとしてありますが、20代の内から性欲が減退しているというケースは極稀ですから20代の内からセックスレスになっているのであれば何かしらの問題があると考えなければなりません。

セックスの際の体の相性はどうなのか?技術的なモノや知識がお互いに不足している等、セックスをお互いに楽しめる環境が出来ているのかどうか?等、男性の性的な部分は精神的なものから弱ってしまいセックスをしたいと思わないケースが大変多く、義務感などを与えてしまえばそれだけで特定の女性とのセックスに対して興味が薄れていってしまう事もあります。

セックスレスになってしまったのは何故だろう?と考える様であれば原因を探求していく事が重要なポイントになり、体の関係がなくなっていくと同時に気持ちが少しづつ薄れてしまい別れに繋がった…というケースも少なくありません。

セックスレスを打破する為の誘い方

復縁屋、別れさせ屋の特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)は株式会社ジースタイル

セックスレスを打破する為の誘い方の一つに旅行などに誘い環境を変えるという手段がありますが、環境を変えただけで突然「今日しようか?」という事になるとは限りません。

昔から女性を誘うにはシュチュエーションが大事だと言われて来ていますが、それは男性にも言える事で男性もそういう雰囲気になりたいな…という環境を作る事で性的興奮を呼び起こしセックスレスの解消に繋がる事もあります。

セックスをしたい人とセックスをしたくない人の考え方には相違があり、その相違を少しづつ埋める為には、たった一つのキッカケを作ればどうにかなるというものではありません。

たった一つのキッカケをいくつも積み重ねる為にキッカケがキッカケでなくなりますが、焦る為にキッカケを一つ作っただけで段階を踏まずに体の関係を持とうとすればするほど相手からは拒否をされてしまいます。

心理誘導に近いのですが、シッカリと目的を定めてその目的に向けてどういったキッカケを積み重ねていけば目的に繋がるのかどうか?という事を考えた行動をする事が出来て初めてセックスレスを打破する方向に持っていく事が出来、それらがある為に別れに繋がる確率も大幅に減り、別れを意識する事がなくなれば【復縁】を考えなくても済む様になります。

元彼(元夫)が自分とセックスをしなくなった…という相談は復縁相談時に大変多くいただきますが、大抵のケースが何も改善しようとせずに「カップル(夫婦)だから」セックスをする事が当たり前の様な態度をし、拒絶されていくケースは多いのですが、拒絶されるには理由があるという事を忘れない様にキッカケをいくつも作る努力をして下さい。