復縁したいからポジティブになろう!!ネガティブでは復縁できない…という情報を元に思考を変えようとする人は沢山いらっしゃいますが、思考の変化をどの様にすれば良いのか?ポジティブになれば復縁出来るのか?ネガティブと復縁の関係について書いてみます。

ネガティブな思考を持つ人が必ずしも復縁できないのか?といえばそうではなく、ネガティブな人も復縁出来ることはあります。

復縁する為に何をしなければならないのか?復縁のために出来る事は何があるのか?そういった際に考え方を変える等の自己改善が真っ先に思い浮かび、ネガティブよりもポジティブな方が復縁の可能性が高くなるので復縁屋はネガティブな思考の人はポジティブになりましょう。という事を伝えています。

ネガティブ<ポジティブ

という図式があるだけで、絶対にポジティブでなければならない。という訳ではありません。

逆にポジティブ過ぎて自分に都合の良い事ばかりを考えてしまうケースは復縁ではなくストーカーになってしまうケースも見られます。

ポジティブにも方向性があり、自分の都合の良いことばかりを考えてしまうような場合はポジティブだから復縁できなくなってしまう事もあるのです。

ポジティブ過ぎて復縁できないケースに関しては、またの機会に書いてみたいと思います。

ではネガティブを変えて復縁へという記事タイトルの様に、ネガティブをどの様に変えれば復縁に繋がるのか?ネガティブな性格を直したい…もっとポジティブに生きたい…こういった方達の性格を変える為に大切な事は肩肘を張らずに今の自分を見つめ直す事からしていかなければなりません。

ネガティブな思考になってしまう人の多くは「自分なんて…」と、自分に「なんて…」という言葉をつけてしまいます。

人にはそれぞれ特徴があり、自分の個性に関しても自分なんて…という言葉をつけてしまえばマイナスにしか作用されません。

本当に自分は「なんて…」が付くような人間なのか?周りの人と比べるのではなく、自分で自分を見つめ直す事で自分は大した人間じゃない。という考えを変えていかなければなりません。

自分は大した人間じゃない…

人は皆大した人間ではありません。

凄いと呼ばれる人が世の中に何人ほどいて、それは世界中の人口の何%に当たるのか?多くの人は、その何%に入る事はなく、周囲の人もまた大した人間ではないのです。

大した人間ではない中の一人が自分という事になり、沢山いる大した人間ではない中の自分という存在は大した事がないかもしれませんが、「普通」です。

普通の人間が自分なんて…という言葉を吐く必要はなく、自分は普通の人なのだから自分はあくまでも自分であり、周囲と比べる必要もなく、大した人間じゃないからこそ楽に生きる習慣をつけていけばいいのです。

大した人間ではない人には様々な苦労の連続がありますが、大した人間ではない為、苦労は自分の中では大きな問題かもしれませんが、世間一般では大した問題ではなく、世間一般から見れば大した問題ではないので問題に対しても実は間単にクリア出来る事が多いので、問題を目の前にした際に悩むのではなく、「とりあえずやってみよう」という軽い気持ちで取り組んでいく姿勢を繰り返す事で経験値を重ねる事が出来、いつのまにか大きな問題だと思っていたものが簡単な問題になっており、自分に自信をつける事が出来、ネガティブからポジティブに少しづつ変化をしていきます。

周囲と比べる必要がないけれども、周囲と比べる必要があり、ネガティブからポジティブに変えていくのは第三者から意識に対してのアドバイスを常にしてもらう事が必要であり、中々一人では意識改革は難しいという問題があります。

復縁したいからネガティブからポジティブにしたいと考えるのではなく、自分がネガティブからポジティブに変わったら周囲の人達が自分を見る目が変わってくるかな?といった意識改革をしていく事で考え方を変えていく事に繋がり、結果的に考え方が変わっていく事から、以前とは違う人みたいだね!!という言葉をもらう事が出来る為に復縁に繋がっていくのです。

■⇒復縁工作だけの依頼?

■⇒復縁への準備は充分ですか?