長く交際を続ける中で、お互いの存在に特別感を抱かなくなったり、それを通り越してお互いを疎ましく思ってしまうことなど、よくある話です。

マンネリ」なんて言われるものですね。

交際期間が長くなれば長くなるほどそれは起こりやすく、結婚をしたカップルですらそれは避けることはできません。

その結果関係の破綻を迎えるカップルも多くいますが、忘れてはいけないことがひとつ。

マンネリを感じるほどに、お互いが一緒にいることが自然に思えるほどにフィットした関係だった」という点です。

裏を返せば、別れたとしても、お互いを深く理解した(できた)2人であることには違いがないのです。

ジースタイルの体感ではありますが、長く付き合ったカップルほど、復縁工作を経て復縁できる確率が高い印象です。

その理由は、どこにあるのでしょうか?

今回はマンネリについて考えながら、どうすればマンネリが原因の離別から復縁ができるかを、考えましょう。

何故マンネリが起こるか?

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

マンネリが原因で関係が破綻したお客様からの依頼も、ジースタイルでは多く頂きます。

ということで、復縁工作の過程で実際にマンネリのせいで関係の破綻に至ったお相手様から伺ったマンネリの理由を、ランキング風に紹介しましょう。

3位:すれ違いの生活で、コミュニケーションをとる時間がなくなった

コミュニケーションをとる時間がないのにマンネリになるというのはなんとなく変な理由のように思えるかもしれませんが、コミュニケーションをとらないからマンネリになるというのが、正しい結論です。

例えば、同棲関係だけれど、お互いとても忙しかったとしましょう。

お相手様に何かを頼もうにも、忙しくて頼めないときに、どうしますか?

最初のころは、「大変だろうし自分がフォローしてあげよう」と、そう考えますよね。

そうやって勝手に察し勝手に結論付けた結果、最初は気遣いの一環で察していた部分が、関係が続くにつれ諦めに変わります。

実際にコミュニケーションをとらなければ、どういうリアクションを返してくるかは、想像や妄想の範囲内になってしまうのです。

それがそのうち、勝手に想像をして勝手に帰結をするために、想定外の異見がなく、勝手に「なんだかつまんないな」と思われるようになってしまうのです。

それがマンネリのスタートです。

2位:結婚のことを意識し始めた

結婚のことを意識したからこそ、マンネリが始まる場合も多くあります。

というのも、結婚=これから先の将来ずっと一緒にいる、と考えたときに、「これでいいのかな?」という気持ちは、大なり小なり誰でも思い浮かぶものであり、そのタイミングで今までの関係を思い出したときに、なんとなく飽きたなと思われてしまい、そこからマンネリが始まるのです。

マンネリと言えば、関係が平坦だからこそ起こるイメージですが、平坦ならばこそマンネリにすらならずにそのまま継続するはずなんです。

平坦な中で、何か今までを振り返るきっかけがあったときに、それを引き金に起こることこそマンネリなのです。

1位:相手の嫌なとこばかりが目につくようになってしまった

関係が続いているうちに、それまでは良い部分として見えていたことが、ふとしたきっかけで悪いポイントに見えてきてしまうことはよくあります。

例えば物事の判断が早いのは思慮が浅く向こう見ずなだけ、思慮深いのは意気地なし、「自分は何でもいいよ、決めていいよ」とこちらの希望をよく聞いてくれるのは自主性がない。

あばたもえくぼ、ではありませんが、時間の経過とともにあばたがあばたに見えてくるのは、普通のことでもあります。

そして付き合いが長くなれば長くなるほど、相手への遠慮もなくなってきます。

昔はお風呂上りは裸が見えないように恥ずかしそうにしていたのに、別れるときには堂々と…」と、あきれ返っていたお相手様もいらっしゃいました。

他人行儀であることは悪いことのように見られることもありますが、他人だということを忘れて新鮮味のない関係になってもいけません。

そういう意味では、適度な距離感、つまり緊張感を保てないことこそ、マンネリを引き起こす原因と言えるかもしれません。

どうすればマンネリから復縁ができるか?

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

まず、完全に別れていないカップルの場合は、いつもと違うことをしてみることです。

例えばデートのときにお互い目一杯おしゃれをしてみるだとか、いつもと違う旅行先に行ってみるだとか、普段とは違うことをしてみることが良いでしょう。

マンネリの状態は、お互いが相手の一面しか見えなくなってしまっています。

いつもと違うことをするというのは非常に簡単なことですが、一面だけで凝り固まっている視界のい変化をもたらすには最適な方法ですので、是非お試しください。

次に、マンネリを原因として、完全に別れてしまっている場合です。

これはアドバイスが非常に難しいのですが、復縁のヒントとしては、「彼女(または彼氏)が浮気をしていた。浮気相手は、彼女(または彼氏)の元交際相手だった」というケースが、非常に多いという点です。

浮気は良いものとは言えませんが、注目して頂きたいのは、「元交際相手とまた関係を持っている」という部分。

別れたとしても、本質的にお互いが心地の良い相手、また、自分のことを深く理解してくれていると思える相手であれば、復縁するのはよくありえるということになります。

勿論単純に復縁をアピールしても、うまくはいきません。

運やめぐり合わせが左右する部分も多くありますが、そこにアプローチをするのが、復縁調査であり復縁工作です。

どうしても復縁をしたい元パートナー様がいらっしゃる場合は、是非ジースタイルに一度ご連絡をください。

まとめ

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

マンネリに陥るほどに長く付き合っているということは、本質的にはお互いの相性は良いということです。

復縁に大切なことは、表面上の感情に振り回されずに、冷静に状況を判断する思考です。

お相手様との離別、関係の破綻に悩まれている方は、自分たちの別れの原因がどこにあったのか、マンネリが原因だったのかをお考えになり、何がマンネリを引き起こしたのかを一度お考えになることをオススメします。

そのように理由や原因を深く観察し分析することが、復縁への取り組みの第一歩です。