復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁屋のモテる、モテないというのは相談者の方々からモテる、モテないという訳ではありません。

人への気遣い、細かな配慮、そういった事を心掛けるからこそ、他人に好かれ、復縁工作でも人間関係を構築しやすく、話しを聞き出す事や復縁へと話しを誘導しやすくなります。

ヒアリングの際にも嫌いな人に話しをしたくない人は多いかと思いますが、ヒアリングをするなら相手に受け入れてもらえる様にしなければ状況全てを聞き出す事は出来ません。

モテない復縁屋とはそういった人間関係の構築も出来ず、ヒアリングをする際にも自分自身を大きく見せようとします。

20歳前後の男性がブランド物を身に付けて自分を大きく見せようとする事や10代の若者が自分を大きく見せる為に暴走族に入ったり不良を気取ったりと、自分を見てもらうのではなく、ブランドや暴走族の看板等を見せて自分は凄いと他人に吹聴します。

実際にブランドを身に付けているからモテるのではなく、ブランド物を身に付ける20歳前後の男性はブランドの名前に負けてしまい、似合っていないという事には気付かずに少しでも大人ぶろうと背伸びをします。

中身がなく着飾るだけで自分の自慢ばかりを永遠にし、自分の凄さを永遠に語る人は他人への気配りも出来ず基本的に他人から好意を受ける事はありません。(一部例外もあります。)

しかし、スポーツや勉強を頑張り、努力して身に付けた物があり、ブランド名等に頼らなくても自信というブランドを持ち合わせている人は否応なしにモテる様になります。

復縁屋業界でもそれが当て嵌まり、復縁に向けてアドバイスや工作、調査等のサポートを行い、実際に復縁成功させていく事で復縁屋は自信というブランドを身に付け、その身に付けた自信をブログ等を通じて復縁したいと悩んでいる人に向けて情報を発信します。

しかし、復縁成功させた経験がない復縁屋はメディアの力(お金を支払って雑誌に掲載等)や会社がいかに優良かという説明を永遠にし、復縁とは関係のない分野で理解してもらおうとするのはモテない復縁屋という事になります。

モテる復縁屋とは美男美女の工作員を使っているからモテるのではなく、復縁工作も含めて復縁成功した方達からいただく感謝の言葉を沢山いただくからこそモテる復縁屋になっていきます。

外見の良し悪しで判断されても、復縁の場合、結局の所は中身だという事を知っているからこそ復縁屋はどの様に立ち振る舞えば復縁の可能性が高まるかを理解しています。

そしてその理解や感謝の言葉をいただく回数が増えていく事でモテる復縁屋は更にモテる復縁屋となり、それをアドバイスとして伝えていく事で更に相談者の方々から感謝の言葉をいただきます。

モテない復縁屋とモテる復縁屋、復縁相談するならどっちの復縁屋にするでしょう?

・⇒言葉を理解出来ない人

・⇒復縁屋は外見を気にする?