ラインやメールは文字でのやり取りになり、相手の気持ちは表情が分からないままになり誤解してしまう可能性があります。

復縁したいという言葉を伝えるにしても何も説明がなくただ復縁したいと伝える事は相手に気持ちを伝える事が出来るでしょうか?

言葉で伝えているんだから伝わる「はず」自分が思っているんだから伝わっている「はず

本来「はず」が付いているはずの言葉から「はず」が抜けてしまっている人が大変多く、文字で送っているんだから伝わっていると思い込みます。

言葉は確かにその言葉の意味を成しますが、相手にとっては取り方が変わります。相手の取り方がどの様に伝わっているのか?相手がどう思っているのか?そういったたった一つの言葉の裏側にあるものを読み取るからこそ人は他人と対話が出来ます。

他人との対話は自分の思い込みを伝える事で成り立つものではありません。

他人との対話には自分の気持ち、相手の考えを考慮した言葉があって始めて対話がなされます。自分が言ったから伝わっている。自分がこう思っているから思っているように伝わっている。これらは全て思い込みでしかなく、思い込みで会話をしようとする為に相手には届きません。

ラインを使って復縁するなら、言葉一つ一つに気持ちを込めて、一つ一つに理由をつけて送るからこそ相手に思いの言葉が届きます。

相手に自分の気持ちをただ伝えるのではなく、相手の気持ちを理解し、相手の立場、相手の気持ちになって言葉を伝えるからこそ、その言葉を理解してくれてあなたの気持ちを分かろうとしてくれるのです。

復縁の為のラインの送り方等のテクニックに頼ろうとする人はテクニックを重視するあまり、一番大切なものが抜けてしまっています。

大切なものが抜けている以上、相手に気持ちを伝える事は出来ません。

相手に気持ちを伝える事が出来ない以上復縁に至ることはありません。

どんなテクニックよりも、どんな言葉よりも誰に送り、どんな内容を伝えたくて、何を望むのか?相手の事を考えるからこそ出てくる言葉にテクニックで立ち向かう事は出来ません。

復縁屋が行う復縁工作もそんなテクニックの中の1つになります。

どんな優秀な復縁工作員も復縁したい人が自分の気持ちを最終的に伝える事が出来なければ宝の持ち腐れです。

優秀な工作員を使う事は出来ますが、最終的に誰がどうなりたいのか?という決定的な部分を伝える人物が何も伝えられなければ復縁には至りません。

ラインを使って復縁したいと考えるのであれば、そのラインにどんな言葉を乗せて、どんな気持ちを伝えれば復縁出来るかどうかを考えてみましょう。

出て行った妻を戻した復縁工作

わたしが初めて復縁調査した日の思い出