不倫をしてしまい、三下り半を突きつけられて離婚を迫られる夫婦がいますが、不倫の原因には様々な要因が考えられます。

不倫の要因と不倫をして、それが気付かれた時の簡単な対処法を書いてみますので参考にして下さい。

性欲が強くて不倫してしまった

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

性欲が強い為に不倫するケースは何も男性だけに限らず女性にも多く見られます。

性欲は女性は30歳前後から変わっていきます。

男性は10代の頃から性に対する興味が強く、女性と男性の性欲が合致する所が30代の不倫の多さになります。

セックスに対する興味、関心が双方で持つ事になり、お互いの思惑が合致する年齢から性欲に負けてしまい不倫してしまうというケースが多々あります。

性欲が強くて不倫してしまった場合、自分で処理をする、妻(夫)との性交渉を増やす等、不倫をしない為に出来る事はありますが、それらをせずに不倫をしてはいけないと言われても本能に抗う事は出来ません。

生殖行動というのは人間の本能に組み込まれているもので、本能に従った行動をするので性欲があるのはおかしな事ではありません。

相手が性欲が薄い人ですと、その性欲を解消する為には1人で性欲解消をし、発散しなければなりません。

性欲が強くて不倫してしまった場合からの復縁

この場合、正直に性欲の強さを相手に説明しなければなりません。

不倫が原因で仲が拗れた場合、「また不倫をするのでは?」という不安から信用を得られないという事があります。

信用を得られない時はもう二度と不倫をしないという根拠となるものを示さなければ相手は反省に対する理解を示してくれる事はありません。

性欲が強いから不倫してしまった場合、性欲を発散する事が出来なければもう一度不倫するのではないか?という疑いを掛けられてしまい、不倫を繰り返すと思われてしまえば復縁は難しいものになります。

二度と不倫をしないという相手にも分かる様な条件がついて初めて復縁を考えてもらう事が出来る為、性欲に負けないという根拠を示さなければなりません。

妻(夫)が構ってくれない寂しさから不倫した

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

妻(夫)が構ってくれない寂しさから魔が差してしまい不倫をしてしまった場合、原因は妻(夫)にもあります。

もちろん不倫は決して褒められる事ではなく、構ってくれない寂しさから不倫したというのは決して許されるものではありません。

しかし、この場合の不倫の原因は双方にあり、片一方だけを責める訳にはいかないというのが一般的な理解になります。

不倫した方が「妻(夫)が構ってくれないから不倫した」というのは勿論言ってはいけませんが、その場合、話しの持っていき方というものを考えなくてはなりません。

不倫がバレて嘘を吐いた

不倫が妻(夫)にバレてしまい、隠そうとして嘘をついてしまえば、それに気付かれた時、どんな言い訳も聞く耳を持っていただく事は出来ません。

何を言っても言い訳にしか捉えられず、言い訳にしか捉えられなければ反省の言葉も伝わりません。

不倫に気付かれてしまったのならある程度正直に話しをしなければ復縁を求める話しを聞いてもらう事が出来ません。

時間を持て余した暇つぶしで不倫した

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

時間を持て余した暇つぶしで不倫をしていたけれど、相手が本気になってしまい、それが元で不倫がバレてしまったというケースもあります。

時間を持て余した暇つぶしで不倫をし、それが妻(夫)に気付かれてしまった場合、次もまた同じ事をしないという旨を伝えるのが難しく、復縁を考えてもらう際にとても厳しい状況である事は間違いありません。

暇だから不倫をしてしまった…というのは相手にとっても一番傷つけてしまう事なので、万が一こういった形の不倫をしていたとしても、何故不倫したのか?という返答に対してこの言い訳はしないにこした事はありません。

不倫からの復縁の可能性

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

不倫をしてしまい離婚届を突きつけられ、涙ながらにご相談いただく方は大変多くいらっしゃいます。

自分がしてしまった事を悔いながらも自分がしてしまった事なのでどうする事も出来ないながらも復縁したいと想い、悩みを抱える方は沢山いらっしゃいます。

不倫は最愛の人を裏切る行為なので良い行為であるとは言えません。

しかし、不倫は一方的に片方が悪いという事が言えない事もあり、関係を改善出来る可能性もゼロではありません。

但し、不倫した人が妻(夫)に対して「あなたにも原因がある」という逆ギレの様な事を言えば復縁を考えてもらう事は出来ません。

自分がしてしまった事、相手を傷付けてしまった事、それらが分かっていればどの様に接すれば良いか?も分かるかと思います。

誠意をもって伝えれば復縁出来るとは限りませんが、誠意なき反省でなければ復縁は絶対に出来ません。

自分がしてしまった事なので仕方ない…と考える前に、相手を傷付けてしまった傷の深さを考える事が復縁には絶対に必要な事になります。

■⇒不倫をする理由とそこからの復縁の可能性

■⇒復縁屋と別れさせ屋の工作