復縁したいなら復縁工作、復縁屋

お客様が今一番なさりたいことはなんでしょうか?
復縁屋・別れさせ屋ジースタイルのブログのお客様ですから、【復縁】でしょう。
「復縁したいんです!」と、無料電話相談やメール相談ライン相談で相談をお寄せくださるお客様は仰います。

ですが、実はどのお客様も勘違いをなさっていることがあります。

【「復縁したい!」というものは動機であって、そのために何をするかを考えて行動をしなければ、復縁には繋がりません】

「復縁したい」、では何をするか?
「復縁したい」、ではどうアプローチをするか?
そこまでを考えて、それを行動として表出させて結果を出すか。

結果といっても、「復縁できた」という結果ではありません。
お相手様に復縁を意識させることができた、という結果です。
そこまでの努力を出して、初めて復縁できる余地が生まれます。

復縁したい」と言葉にするのは簡単です。
ですが、それを行動にしなければ、復縁には繋がりません。

その行動とは何か?
それは人によって違います。

何故なら、お相手様との破局の理由がお客様によって違うからです。
これもまた、かなり掘り下げなければ意味がありません。

例えば「がさつなところが嫌い」と言われたとしましょう。
その場合、具体的にどのタイミングでがさつだと思われたのかを知る必要があります。
その上で、がさつであることが破局に至るほどに目に付くようになった理由は何なのか?
がさつであったとしても、それを打ち消すほどに好意を持たれていたならば、がさつもまた個性ということで気にならずにいてくれたはずです。
ですが、その”打ち消すほどの好意”を持たれなくなったから、がさつを理由に破局、となります。
何故その”打ち消すほどの好意”を持たれなくなってしまったのか?
そもそもどのような点に”打ち消すほどの好意”を持ってくれていたのか?

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルが復縁のサポートをする際は、最低でもこの辺りまで掘り下げて問題点を考えます。
むしろ、せめてこの辺りくらいまでは考えないことには、復縁に繋がるための行動を考えることはできません。

復縁
ふくえん。
文字だけにすると、非常に短いものです。
ですが、復縁に至るまでには、非常に多くのプロセスを必要とします。
そのプロセスを正しく選択し、プロセスに合った行動をするから、復縁できる余地(お相手様に復縁を考えてもらえる)が生まれます。
正しいプロセスを経ない努力に無駄に時間を費やすことは、お客様にとって不利益しか産みません。

「復縁したい!」との動機を正しく用いなければ、復縁できる未来は訪れません。
「復縁したい」「復縁しよう!」、そんな声かけだけでは、お相手様は振り向いてくれません。
「復縁したい」「復縁しよう!」、その声かけを魅力あるものにするからこそ、その努力が実り「復縁できた」になります。

復縁をするために、今、何を、どう、するか。
お客様は、復縁するための意味のあるプロセスを歩めていますか?

■⇒ミスチルから復縁を学んでみよう②

■⇒ミスチルから復縁を学んでみよう①