復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁出来ない人の特徴は自覚なく他人を不愉快にさせる事が出来ます。

おかしな事をしている自分に気付かず他人の所為にし、自分は悪くないと自分の非を認める事が出来ない人が復縁出来る事はありません。

別れた原因に関しても何故自分は悪くないのに…と考えてしまい、問題があるのは自分であるにも関わらず他人の所為にしてしまいます。

自覚なく他人を不愉快にさせる人が復縁したいと伝えた所で自分は何も悪くないと考えている為、復縁したいと思ってくれる事はありません。

中には自分からフッテおいて時間が経ってから復縁したいと仰り、気持ちが冷めたと言われて、その人と復縁したいという人がいますが、それも結局自分の都合で相手を振り回している事に気付かず後悔しています。という話しをされます。

自分が悪いんです。余計な事を言ってしまったから…。本当に大切なんです…

こういった事に後から気付けばまだ救いようがありますが、自分でした事に対して自覚がない人も存在するのです。

自分がしてしまった他人を不愉快にさせる事にはこれ以外にももちろんあります。

復縁屋の相談員をしていれば不愉快にさせられる事も沢山あり、この人が復縁したいという言葉を良く出せるな…と思う事も正直あります。

メール相談をいただいても自分を正当化する事ばかりが書いてあって、自分は間違ってないよね?という確認をしたいのか、それとも復縁したいのかが全く分からない人もいますし、状況を説明していただけなければ何をどうすれば良いかも分かりません。とお伝えすれば、他の復縁屋はこれで分かってくれます。

という人もいらっしゃいます。

他の復縁屋がそれで分かってくれるのであれば、その復縁屋に相談すれば良いと思いますが、状況が分からない人に対して分かりませんよ。と相談員が言う事は少しでも復縁に進む為に状況を知ろうという復縁を本気で考えるからこそ出て来る言葉であって、それすらも分からなければ復縁屋側も協力する事が出来ないという事も気付かず自分本位な考え方をしてしまえば復縁出来るとは到底思えません。

理解を示してくれる復縁屋で復縁出来るのなら復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの相談員は、その復縁屋を使って復縁目指して下さいという事をお伝えする様に指導されています。

目的はご相談者様の復縁ですから弊社をゴリ医用いただかなくても復縁出来るのであれば喜ばしい事です。

他の復縁屋を使って復縁成功してくれれば喜ばしい事ですが、大抵の方は数か月後に弊社に再度ご相談いただき協力して下さい。と協力を仰ぎます。

別れたという痛い目を見てもまだ目が覚めないで他人を不愉快にさせ、自分が損をする事に気付かない人はとても多く、何度も痛い目を見てやっと自分が間違っていた事に気付きます。

気付くまでに時間が経てば経つほど復縁は難しくなり、状況が悪化した状態でご相談された所で協力出来る事がなくなっている事もあります。

他人を不愉快にさせる人はいつまでも同じ事を繰り返し、自分が損する事に気付かず何度も何度も同じ失敗をします。

アドバイザーがアドバイスをしても聞き入れる事が出来ない。それであればアドバイスを受けようとしている時間が勿体ないと思いますし、聞き入れようとする姿勢なく、自分を否定されて嫌な思いをする。

第三者が「そのままじゃマズイと思いますよ」というアドバイスをして、それを聞き入れる事が出来なければ、その人は何かを得る事は出来ません。

復縁したいという状況になってしまい、自分に何も落ち度がない人は見た事がありません。

少なくとも復縁相談して来るという事は自分の落ち度を見つけて下さいと復縁屋に相談して来る事と変わりません。

自分の落ち度が分かっていないから別れを経験し、別れた事で気付かなければならない事があるにも関わらず、気付いたつもりで復縁を望むのですから復縁に辿り着かないのです。

他人に不愉快な思いをさせる人は人の話しに対して聞く耳を持つ事が出来ません。

他人に不愉快な思いをさせるのは明らかに間違っているにも関わらず、自分が正しいと正当化し、自分の非を認めないから不愉快にさせます。

そうした人が復縁したい人にだけ自分の非を認めないという事が出来る訳もなく、治さなければどうにもならない事に気付いていながらも直す気がなければ復縁に辿り着く事はありません。

■⇒復縁したい相手への反省と謝罪の気持ちとは?②

■⇒他社にもご相談してみてください