復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

弊社復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにご相談くださるお客様の中には、弊社のみではなく、複数の同業他社にご相談をなさっているお客様もいらっしゃいます。
復縁屋・別れさせ屋ジースタイルとしましては、お客様が他社にご相談なさることをお止めすることは一切ありません。
むしろ色々な話を聞いてみて弊社と比較していただきたいと思いますので、相談員には「他社に相談をすると仰るお客様を絶対に引き止めてはならない」と指導しているほどです。

そもそも、何故お客様が他社にご相談なさるのを引き止める必要があるのでしょうか?
引き止めることをしない弊社には、引き止める他社の気持ちというのは正確にはわかりませんが、結局は”自社に自信がない”というのが理由ではないかと思います。
探偵会社や復縁屋は世に多く存在するからこそ、お客様に選んでいただく立場です。
選ばれる自信がないから、束縛をして引き止めて、他所にいってしまわないように必死なのだと思います。

”選ばれる自信がないから、束縛をして引き止めて、他所にいってしまわないように必死”。

これは、《浮気をされないようにと交際相手を束縛して「重い」と言ってフラれる人》と同じ思考ですね。
束縛したからといって、誰かの気持ちや人生を自分だけのものにすることはできません。
むしろできなかった結果、関係が破綻してしまい、そしてサポートを求めてお客様は復縁屋にご相談くださるのではないかと思いますが、その復縁屋自身がお客様を束縛してどうなるのでしょうか?
関係を失敗してしまったお客様と同じような行動をする復縁屋に、お客様の復縁のサポートができるのか疑問で仕方ありません。
そして、自らの行動を省みて問題点を見つけ改善できない復縁屋に、お客様へのアドバイスができるのでしょうか・・・?

選ばれたいのであれば、選ばれる会社になる努力をすれば良いだけです。
お客様が知りたいのはどのようなことだろうか?
どのようなこと伝えたら、お客様は弊社を選んでくださるだろうか?

かといって、選ばれたいからと耳触りのよい甘言だけをお客様にお伝えするようではいけない。
お客様にとって厳しい言葉であったとしても、本当にお客様のため(=復縁成功)に繋がるのでれば、伝えなければならない。
そういうときは、どのような伝え方をすれば良いのか?
そもそも、どのような情報をいただければ、お客様の復縁に対して無料の電話相談のみで復縁が成功できるアドバイスを差し上げることができるだろうか?
復縁屋・別れさせ屋ジースタイルの窓口でもある弊社の相談員たちは日々そのようなことを考え、お客様に選ばれる復縁屋になれるように努力をしています。
だからこそ、選ばれる復縁屋であるとの自信があるために、お客様をお引止めする必要がありません。

復縁屋がお客様を束縛をする必要もありませんし、他社ともお話をなさりたいお客様がいらっしゃれば、「どうぞそうなさってください」と送り出して差し上げるのが本来ではないでしょうか?
勿論会社である以上、お客様がゼロであれば営業を継続していくことができません。
ですが、復縁屋・別れさせ屋ジースタイルではお客様を無理に引き止めてご契約いただいたことは一度もありませんし、そのようなクレームをいただいたことも一度もございません。
ゼロどころか、スタッフが足りないことすらあるほどに、お客様にご利用いただいています。
むしろそのようにお引止めしないからこそ、お客様に信頼してご利用いただけているのかな、と思ったりもします。

ひとりひとりのお客様ときちんと向き合うことをしていれば、無理に引き止める必要もありませんし、契約を強要する必要もありません。
自信を持って「お客様の復縁をサポートさせていただきます」と言えるように、これからも復縁屋・別れさせ屋ジースタイルスタッフ一同、復縁調査復縁工作の技術はもちろん、的確なアドバイスができるように、様々な面を鍛えてゆく所存です。

■⇒復縁出来ないと言われると怒る人へ

■⇒冷却期間、どれだけ空ければいいの?