復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

先日ご相談者の方から某復縁屋に相談し、復縁工作の依頼を検討しているけれど、その復縁屋の手法で復縁出来ると思いますか?というご相談を承りました。

その復縁屋がどの様な復縁工作のプランを出して来たのか?をお伺いさせていただくと、本当にそんなので復縁は出来るの?と頭をかしげたくなる様な内容で、接触の仕方に関しても「えっ!?そんな接触の仕方で怪しまれないんですか?」という内容でした。

内容については下記のものでした。

まず対象者の会社近辺で道を探している風を装って接触します。

相手の趣味嗜好を相談者から聞いているので、それに見合った内容のお店を探しているという設定にして対象者にお店を聞きます。

そしてそのお店を教えてくれたお礼をしてその場を去り、後日記憶から薄れる前に、もう一度「先日はありがとうございました。おかげで助かりました。今度お礼させて下さい。」といった内容で話しかけます。

そしてお礼を兼ねてお店に行く為に連絡先を交換して後日食事に行くという寸法です。

対象者は男性、工作員は女性、復縁工作を行うので下心を相手から与えない様にするのでそれは安心して下さい。と言われた様ですが、相談者は女性が声をかければ下心なんてない男性いるんだろうか?という疑問を持ち、弊社にご相談いただきました。

相談者の仰る事はもっともですが、その復縁屋の返答は「プロなんでその辺は上手くやります。」との返答だったようですが、プロだから女性工作員に対して魅力を感じさせない様にするってどういう事なのでしょう?

相談者から話しを聞いていて相談者も理解出来ないとの事でしたが私達も理解が出来ません。

女性から男性に声を掛けて、その誘いにのってくる男性で微塵も下心がない男性は存在しません。

人を見る事を業務としている探偵であれば誰でも知っている事であり、人の心理を学んだ者であれば男性、女性の心理も学んでいますし、こういった発想で復縁工作を行おうという考えに至る事はあり得ません。

まず、下心がなく、お礼に関して食事に誘われたのであれば容赦なく断られます。

対象者から見て不細工だと思う人からお礼に食事でも…と誘われてOKを出すでしょうか?例えどれだけ助かったか?というアピールをされたとしても道案内しただけなので気持ちだけで十分ですよ。という返答が返ってきます。

そしてこれが美人、イケメンと呼ばれる人物であっても道案内のお礼に食事でもと誘われれば断る方も多いのですが、美人、イケメンと仲良くなれると考える状態であれば少なくとも下心がない状態はありません。

下心を持って対象者が食事に行くのは当たり前の考えになりますが、「プロだから…」という言葉で納得しろといわれても納得出来るモノではありません。

食事の誘いを断られた状態から不自然に何度も誘えば相手は不信感を持ち、食事への誘いにのらない所か工作員に対しての不信感を持ち、無駄に警戒心をかきたたせます。

この時点で接触は出来るかもしれませんが復縁についてとなると計画が破綻しているのではないか?という事を相談者にご説明させていただきました。

相談者も不安に思っている部分が多かったようで「やっぱりそう思いますか?」という返答をされます。

やっぱりそう思いますか?という返答に「何故契約してしまったのですか?」という言葉をかけると「プロだから任せて下さいの言葉を信じてしまいました」という話しをされました。

復縁はプロだから任せてどうにかなる問題ではありません。

プロだからこそ、プロだから…という言葉を使うのではなく一つ一つの疑問に対して適切に答えられなければならず、復縁屋側が「プロだから…」という言葉を使うのではなく、相談者の方から「プロは凄いですね…」という言葉をいただかなければなりません。

プロスポーツ選手を思い出して下さい。

プロスポーツ選手はプロだから凄いでしょ?という事は言いません。

プロは普段からプロである為の訓練をし、プロである以上お金をいただき、そのパフォーマンスをお客さんに見せる事で、お客さんが「やっぱりプロスポーツ選手は凄いな!!!」という言葉を出すのです。

自分はプロだから…という自称プロは大抵のケースがインチキが多く、インチキだからこそプロの真似をするけれど、実際に中身が伴わないケースばかりになります。

中身が伴わない自称プロの説明は、積み上げてきた経験も知識もない為に説明をしようとするとプロだからという言葉で逃げようとします。

復縁屋も本当にプロとして仕事をしているのであれば一つ一つの疑問に答えられ、納得出来る説明があり、その上でこれなら復縁出来そうだ…という根拠になるものがあって初めて復縁工作を理解していただき、復縁へと進む事が出来ます。

復縁へと進む道筋が見えるからこそ復縁工作の依頼をしようと思うのであって、復縁したい気持ちがあるから復縁工作の依頼をして良いモノではありません。

この相談者の場合、面談の勢いで契約をしてしまった様ですが、契約してしまった事に対して不安を持ち、弊社へとご相談いただく形になりました。

自分で選んだので、とりあえずその復縁屋に任せた以上様子をみて、復縁出来そうになかったら、また相談にのってもらえますか?と仰られましたので、復縁が難しそうであれば何なりとご相談下さいという旨を伝えさせていただきました。

話しを聞いている以上、その復縁屋の復縁工作での復縁は難しいかとは思いますが、相談者が復縁屋から聞いた話しを端折っている可能性もあります。

願わくば、その復縁屋のサポートによって復縁が成功して下されば…という思いですが、数か月後にその方が弊社に相談に来ない事を願います。

■⇒運命的な出会いを演出する方法

■⇒探偵と復縁って関係あるの?