復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

以下にある会話の例を2つ挙げます。

今回はこれらの会話を基に、コミュニケーションについて考えてみましょう。

会話の例

例1:

Aさん「最近流行の、原宿の○○ってお店のパンケーキ、食べたことある?」

Bさん「食べたころあるよー」

Aさん「僕は食べていない」

Bさん「・・・」

例2:

Aさん「ドラマの話とかしようよ!」

Bさん「最近は○○ってドラマを見てるよ」

Aさん「僕は見ていない」

Bさん「・・・」

所感

上記の会話を見て、どう思いますか?

様々感じることはあるでしょうが、ひとつ。

この会話って、楽しいでしょうか?

自分で話を振っておきながら「僕は食べていない」「僕は見ていない」と会話をぶつ切りにしています。

これ以上会話は広がりませんよね?

何故この例にしたか

今回何故このような会話の例を挙げたかというと、最近復縁屋・別れさせ屋ジースタイル復縁についてご相談くださるお客様に、コミュニケーションがものすごく下手な方が多いなぁと感じたからです。

    ・相手が会話を楽しんでくれない

    ・コミュニケーションをしてくれない

    ・メール・LINEの返事をくれない

そのようなご相談をいただくのですが、総じて自分本位な投げかけに終始し、言いたいことを言うだけで、お相手様のリアクションを考慮しない我儘な会話をしようとしている方が見受けられます。

コミュニケーションはキャッチボールです。

自分が言いたいことだけを言って、投げたい球だけを投げるようでは、コミュニケーションは成立しません。

何故会話を楽しんでもらえないのか?

何故コミュニケーションをしてくれないのか?

何故メールやLINEの返事をくれないのか?

その答えのひとつには、自分がやりたい放題のコミュニケーションをしようとしているというものがあるのではないでしょうか?

コミュニケーションの基本

先に述べました通り、コミュニケーションはキャッチボールと同じです。

気持ちを乗せて思いっきり投げればいいものではありません。

キャッチボールの経験がある方はお分かりだと思いますが、キャッチボールをしようと思ったら、相手の胸に向かって投げますよね?

それというのは、胸元に投げることでキャッチをしやすくし、返球をしやすくする目的です。

相手が捕りやすい球というものは、相手が返球しやすい球ということですね。

これをコミュニケーションに置き換えると、【返事がほしければ、相手が返事をしやすいアプローチをする】ということになります。

「こんなことがあった」「あんなことがあった」。

お相手様に伝えたいことがたくさんあるかもしれませんが、もし返事がもらえないのであれば、返事をしやすいアプローチの仕方に切り替えましょう。

返事をもらいやすいアプローチの例

返事をもらいやすいアプローチの例を考えてみましょう。

上記の例1の場合なら、せっかく「食べたことがあるよー」と言ってくれているのだから、自分が食べたことがなければ、「いいなー。めっちゃ話題になってるけど、美味しかった?待ち時間とかあるのかなぁ?」などの返し方をすれば、相手は「美味しかったよ」や「話題になってる割にそうでもなかったよ」などの返事がしやすくなります。

例2の場合も、「僕は見ていない」ではなく、「どんなドラマなの?」や「主演って誰だっけ?」などど返せば、「こんなドラマでね」とドラマに関する内容で話題が続きますし、主演の役者さんのことから「その人の××ってドラマなら見たことある!」みたいな感じで会話が続きます。

ポイントは、「どのように話題を広げる質問ができるか」です。

よく言われるものではありますが、「返事がYesやNoにしかならない質問はできる限りしない」というのも、返事をもらいやすく話題を広げやすい返しです。

例えば「○○に行ったことあったよね?」と聞いてしまうと「うん」や「ううん」としか返事がもらえませんが、「○○に行ったことあったよね?どうだった?」と感想を聞いたほうが、「~だったよ」と返事がもらえる可能性が高くなり、その感想から話題を広げることが可能ですよね。

また、「うん」「ううん」でしか返せない質問というのは、送ってこられた側からすると、実は非常に面倒なものだったりするんです。

感想を送るほうが文章量が増えるし面倒なのでは?と思うかもしれませんが、逆に短文でできる返事であれば、「後でいいや」と思われたり「そんなこと聞く必要なくない?」と思われてしまいます。

・・・と言っても、あまり頻繁に感想を求める質問や理由を求める質問をするのもNGです。

それは、子どもからの「なんで?」「どうして?」攻撃に通ずるものがあるからです。

毎度毎度「なんで?」「どうして?」と聞かれるのって、面倒ですよね?

何事も加減が大切ということです。

しかし基本は変わらずで、”相手が返しやすく”尚且つ””返しで話題が拡がりうる質問”をすることが、返事をもらいやすいアプローチとなります。

回数については、お相手様に本格的に面倒と思われない程度に調節しましょう。

まとめ

会話が拡がらないアプローチほど、コミュニケーションにおいて嫌がられるものはありません。

もし復縁したいお相手様とコミュニケーションをとろうとしてもリアクションが良くない場合は、自分がしているコミュニケーションが自分本位なものになっていないか?キャッチボールができない球を投げていないか?、今一度考えてみてください。

お相手様のことを考えないアプローチでは、いつまで経っても返事をもらえることはないでしょう。

■⇒復縁したかったらコレをしなさい!!

■⇒依頼者と対象者が入れ替わるケース