復縁したい人は自分の事を客観視する事が出来ないケースが多く、自分の事を客観視する事が出来ないままに復縁を望み、相手が望む事ではなく自分が望む事を相手に押し付けてしまいがちです。

何が失敗だったのか?を第三者から客観的な意見をもらう事で自分を冷静に見つめ直す機会を持つ事が出来ますが、それが出来なければ相手に気持ちを押し付けるといった行動や発言を繰り返してしまい、相手の気持ちを理解しようとしているフリをしている様にしか映らない為に復縁したいという言葉も相手に届く事がありません。

復縁したいという言葉を相手に届けたいと考えるのであれば、まずは自分を冷静に見てもらう事が必要で、冷静に見てもらう事が出来て、その上で改善していくので復縁したいという言葉にも「気持ち」が込められていくのです。

気持のない「復縁したいという言葉」は相手にとってみれば嬉しい事ではなく、気持ちの入っていない言葉で復縁したいという言葉を聞いた所で迷惑この上ない話しである事を忘れない様にして下さい。

弊社で復縁工作を行った際にも「(依頼者に)軽々しく復縁したいという言葉を使わないで欲しい」という言葉を良く耳にします。

軽々しく復縁したいという言葉を使わないで欲しい…という言葉が復縁したい相手から工作員に聞こえてくるという事は自分にはそのつもりのない言葉も相手には迷惑な言葉として伝わっているという事です。

自分がしている事や自分が今までにしていた事を振り返る事がシッカリと出来、自分がしてしまった事を分かっているのであれば安易な気持ちで復縁したいという言葉をつく事は出来ないのです。

復縁したいなら復縁したいと伝えなければならないと思われがちですが、本当に復縁したいと考えるのであれば復縁を意識させる様に仕向けた上で復縁したいという言葉を発し、初めてその言葉に気持ちが込められる様になります。

言葉に気持ちを込める為には自分がしてしまった事をシッカリと反省しなければならず、反省をするのであれば自分で分かったつもりになるのではなく第三者から改善部分を指摘してもらい、自分をシッカリと顧みる事が必要になってきます。