復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

お客様は、どのような理由で「復縁したい」とお思いになりましたか?
別れた今でも好きな気持ちがあったり、寂しさが大きくなりすぎて辛かったり、お客様それぞれで理由がおありでしょう。

復縁したいとき、【何故復縁したいのか?】と復縁したい理由をしっかり考えることは、実はとても重要です。
それは、復縁したい理由によってお相手様へのアプローチが変わるからです。

例えば以下のようなケースの場合、【復縁したい理由】が重要となります。

――――――――――

昨年10月に離婚をしたAさんは、元旦那様であるBさんとの復縁を希望なさっています。
元々仲が悪くなったことが離婚の原因ではなく、共働きである双方の生活時間の違いによる気持ちのすれ違いで、お互いのことが嫌いになったわけではありませんでした。
しかし現在関係が徐々に疎遠になっています。
AさんとBさんには13歳になるお子様がいらっしゃり、離婚後は母親であるAさんがお子様を引き取りました。
しかし、お子様が思春期ということで反抗期になり、Aさんお一人では手に負えないかもしれない状況に・・・。

――――――――――

さてこの状況で復縁したいと仰るAさんの【復縁したい理由】はなんでしょうか?
今でも元旦那様であるBさんのことが恋しいから(好きだから)でしょうか?
それとも、お子様との関係において父親を必要としているからでしょうか?

もし前者であるなら、このケースではAさんとBさんの間にまた男女の愛が生まれるように復縁を目指していかなければなりません。
ですが、後者であれば”母親と父親”といったパートナーとしての復縁であり、AさんとBさんの男女の愛は必要ではないでしょう。
双方きちんと連絡をとることが可能になれば、間に男女の愛はなくとも、目指すパートナーになることができます。

このように、復縁したいときにおいて【何故復縁したいのか?】は復縁のゴールと決める際に非常に重要となります。
【復縁してどのような関係になりたいのか?】とも言えるかもしれません。

これは上記のような夫婦の復縁に限ったことではありません。
恋人同士の復縁においても、例えば「別れてしまって寂しいから復縁したい」だけでは、そのようにお相手様に訴えても「寂しいだけなら新しい恋人を作ればいいじゃないか」と言われてしまいます。
それでは復縁できませんよね。

何故その人と復縁したいのか?
何故その人でなければいけないのか?

このような軸が定まっていなければ、関係修復の必然性が見えにくくなってしまい、お相手様へ気持ちが届きにくい原因となってしまいます。
「誰でもいい」と見えてしまう復縁のお願いよりも、「他の誰でもないあなたと一緒にいたい」と言ってもらえるほうがお相手様も嬉しいのは、当然ですよね。

復縁をするための取り組みで必要でありそして大切なことは、お相手様との対話もそのひとつではありますが、まずはご自身との対話です。
反省もそうですし、どうしたいのか、どうなりたいのかについても、まずはご自身と向き合いその軸であり出発点を決めることで、その後にとるべき行動も変わります。
逆に言えば、ご自身との対話をすることもなく軸を決めないままに復縁に挑んでも、軸がぶれてお相手様への気持ちもぶれてしまうことに繋がり、復縁への気持ちが折れてしまうことさえありえます。
その場合に不利益を被るのがお客様だけであれば自業自得で済みますが、振り回すことになるお相手様を更に傷付けることになりかねません。
それはお客様の本意ではないでしょう。

再度書かせていただきます。

何故その人と復縁したいのか?
何故その人でなければいけないのか?

その答えは、お客様の中で見つかっていますか?

■⇒復縁調査が大事な理由

■⇒元妻・元夫と復縁したいなら