復縁屋は復縁工作で対象者に接触し、心理誘導を行う依頼をお請け致しますが、心理誘導=心理学を学べばなんとかなる…と考える方も多く、復縁させた事がない復縁屋も同様の考えを持っています。

そして中途半端に学んだ程度の知識をひけらかせて自分達は凄いのだと見せかける復縁屋も急増中です。

実際に復縁工作を行う際やヒアリング、復縁アドバイス等の復縁屋の業務を行う際に教科書に書かれている様な知識で解決に到る事は100%ありません。

机上の空論という言葉をご存知の方は多いかと思いますが、復縁屋が心理学を学んで現場でそれを実行した所で全く意味を成しません。

弊社にも学生時代に心理学を学んだ工作員が在籍していますが、本を読み得た知識と現場で経験して得る知識は全く異なる事が証明されています

使えない心理学を学ぶ事よりも、人を見て人と接する事で個人を理解する事を重視した株式会社ジースタイルの心理学は異なります。

現場で得た知識や経験の補足として心理学の本を読む事はありますが、本を読んだ知識を元に現場で得た知識や経験に裏付けするという心理学の学び方をしている復縁屋は多く、本を得た知識を元に復縁工作を行う事は、どこの誰かが書いたのか分からない様な恋愛マニュアルを読む事と変わりません。

恋愛マニュアルには多くの心理学に基づいた行動の仕方等が書いてありますが、恋愛マニュアル通りに行動して意中の異性を射止めた方は少なく、それよりも大切なのは人を観察する事で得られる情報を積み重ね、それらを元に行動する事が恋愛において重要視しなければならない事です。

心理学の本を読む暇があるなら街に出て人を観察し、人が何を求め、何を望んでいるかを分かる様にしなければ復縁工作で心理誘導を行おうとしても絶対に誘導されません。

心理学を学んでいるから…という心理学から何を学んでいるのか?を分からない復縁屋も存在するようです。

現場経験の長いモノから言わせていただければ、心理学の本を読んだから心理学を学んだと言っているようでは人の心について何も学んでいない事と同様です。

人の心について学び、そこから何を得たのか?を説明する事が出来て初めて復縁屋の業務に役に立つという事が言えます。

そして心理学は復縁屋の業務に役に立つ程度であり、役に立つ程度の知識を得る為に時間を掛けて本を読むのであれば数十倍の効果があるのが人間観察になります。

探偵という職業上、人間観察は業務の内になりますが、復縁屋は業務として生きた心理学を学んでいるとも言えます。

生きた心理学を24時間365日学んでいる者が心理学をメインとした考え方を持つようでは何も学んでいない、心理学を何も分かっていないと同様です。

人の心を読み解く力には心理学は必要ですが、それ以上に必要なのは経験が必要になります。

経験の差が心理学に直結する事を知らない復縁屋も多い為、心理学を学んだ=凄いと思う相談者も多くいますが、心理学を学んだ所で所詮は知識を得ただけですから何も凄い事はありません。

確かな心理誘導を行う際に机上の空論は必要ない。復縁屋の立場で心理学を語る時は事前にこれをお伝えさせていただいています。

他社復縁屋の復縁工作に不安を持った相談者

運命的な出会いを演出する方法