復縁したいなら復縁屋で復縁工作を!復縁屋ならジースタイル

復縁したい…という強い気持ちを持っている方々に復縁したいと言われたら…という観点で物事を考えていただく為にこの記事を書かせていただいています。復縁したいからこそ復縁したいと思われる側の考え方を参考にしていただき復縁活動の参考にしていただければと思います。

元カレ・元カノに復縁を迫られたら、あなたは一体どんな対応をしますか?自分に都合の良い様に考えないでいただくという前提で話しを進めさせていただきますが、「好きだったら復縁するよ」「付き合っている相手がいなかったら復縁するかな?」という様には考えないで下さい。

まず、あなたが復縁したいと元カレ・元カノに言われた際に「好きだったら復縁するよ」という言葉を認識した場合、好きだったら復縁する!の前に別れていますか?好きな相手と別れたいと思いますか?

好きな相手と別れる事だってあるんじゃないか?と考えるかもしれませんが、好きな相手と少なくとも別れたいと思うことはありませんよね?そして事情がどうあれ別れなければならない事はもちろんありますが、別れたくないと抵抗しませんか?

元カレ・元カノから復縁を迫られて好きだったら復縁するよ!という事は自分にとって都合の良い言葉になっているのです。元カレ・元カノから復縁したいと言われて受け入れるという事を自分の立場で今までお付き合いしてきた異性との関係を考えてもう一度復縁するのかどうかを考えてみて下さい。

元カレ・元カノから復縁したいと迫られた時、本当にあなたは復縁したいと思うのか?という事を…

そして、それらを元に復縁したいと想っているあなたの気持ちが相手に届くのか?という事を考えて見ていただきたいのです。

元カレ・元カノに復縁を迫られた時、好きだったら復縁するよ!!という言葉が成立しない事に気付くと思います。

別れた時点から気持ちが離れ、その状態で好きだったら…という言葉が出ない事を知っているはずです。だからこそ復縁は難しいものであり、復縁したいのなら好きだったら…という部分を作り上げなければ復縁には辿り着かない事に気付くのではないかと思います。

もう一つの「付き合っている相手がいなかったら…」という言葉も付き合っている相手がいなかったら復縁しても良い。という事は”好きではないけどとりあえず付き合ってやるか”という気持ちです。

復縁すれば何とかなるからこれで問題ないでしょ…と思うかもしれませんが本当に何とかなると考えますか?

好きではないけど付き合うという事はあなたに対して気持ちが全く無くても付き合うという事です。それでもとりあえず付き合ってみるか…という事は、好意はなくても彼氏彼女がいないのは寂しいから…という事をご理解いただいていますでしょうか?

その程度の気持ちの相手と付き合っている。という事実があったとしても冷めるのは目に見えており、冷めさせなければ良いではなく、何かの魅力があって復縁したのではなく、自分が寂しいからヨリを戻したという完全なる自分のエゴでの復縁です。

付き合っているけれど他に気になる異性が出来た…と言って再度別れに繋がることは容易に想像することが出来ます。

元カレ・元カノから復縁を迫られたら…という事を考えることで自分がもしも同じ状況だったなら…という事が分かります。もしも本気で復縁を考えているのならどんな復縁の仕方を望むのか?という所まで考えなければ、ヨリを戻す事は難しい…というだけではなくその後の関係を作っていくのは難しい事も分かるのではないかと思います。

自分がもしも今までに付き合った元カレ・元カノから復縁を迫られた時の事を考えてみる事で復縁活動のプラスになる事も考えられます。

■⇒恋愛工作ってな~に?

■⇒私はヤリ○ンです。という間違った自慢