復縁を行うにあたって、様々な復縁工作があります。

これはもちろんお客様によって状況が違いますので、1から復縁プランを考えていかないとなりません。

今回は復縁工作の中でも、典型的なパターンをご紹介致します。

どうぞ、ご参考にして下さい。

相手が惚れ直す状態を作るのも復縁工作

別れた相手ともう一度復縁したいと考える人は、意外と多くいます。

ただ、もう一度恋愛関係になる事が出来るかどうかは、相手の気持ち次第となるケースがほとんどです。

やり直したいと考える側は、お互いの事を良く分かっているから、やり直す事で上手くいくようになると考えやすいのに対し、やり直したいと考えていない側は、別れるという決断をする事になった相手だから、やり直してもまたすぐに別れてしまうと、復縁を敬遠してしまう可能性が高くなります。

その為、一方的にやり直したいという気持ちを伝えると、より敬遠されてしまう原因になってしまう事になります。

ですが、相手にやり直す気持ちがないという場合、時間が経てば、相手は新しい恋に向けて動き出すという事も少なくありません。

それだけに、「復縁したい」と考えたら、タイミングも重要になってきます。

実際に復縁を考えているのであれば、適度な距離感を保ち、それと同時に出来る事をしておく事が大切です。

別れた時と全く変わっていない状況では、やり直してもまた別れるのではないかと、考えられてしまう可能性が高くなります。

ですから、別れた時よりも、成長をしている姿を見せる事が出来るように、別れてしまった原因を直しておく、「相手が惚れ直す状態」を作っておく努力をしておく事が大切です。

復縁というのは、同じ状態でやり直す事というイメージを持つ人もいるでしょう。

ですが、お互いが変わっていない状態でやり直すと、また同じ事で別れてしまう可能性が高くなってしまいます。

その為、やり直したいと考えるのであれば、変わる努力も必要になってきます。

そして、その姿を見せ、相手の気持ちが復縁に向けて傾き出したと感じたら、もう一度復縁したいと伝えるようにしてみると良いでしょう。

復縁というのは一方的に迫っても、上手くいかない可能性が高いものです。

ですから、少しでも「相手が惚れ直す状態」を作った上で、復縁したい気持ちを伝えていく事が大切です。

何で別れる事になったのか理解してから復縁工作

復縁したい相手と復縁するきっかけを作る前に、折角復縁出来てもまた同じ事の繰り返しにならないように、どうして別れる事になったのかという理由を理解する必要があります。

フラれた場合は「どうしてフラれたのか」、自分に原因がなかったのか自分を省みてみましょう。

自分自身の要求ばかりを押し付けていなかったかや、相手の話をきちんと聞き、相手の要求に応えられていたかなどを振り返ってみましょう。

具体的な復縁のきっかけは様々なものがあります。

まず未練タラタラで不自然に連絡するのではなく、誕生日やお正月などイベントの時に連絡をする事がきっかけになる事もあります。

別れてからある程度時間が経っている事や、別れた時やその後に関係が悪くなっていない場合には有効です。

イベントの際には気持ちが高まっている可能性が高いので、その後連絡を取り合うようなきっかけになりやすいです。

他にも心情は複雑ですが、相手からの恋愛相談を受ける事で、連絡を取り合うようになるなどのパターンもあります。

恋愛関係になった相手だと恋愛についての具体的な相談などもしやすいので、意外とよくあるパターンです。

相談を受ける際の注意点は、相手の事を悪く言わないようにする事です。

心境的には難しい事ですが、相手の幸せを本気で考えて相談に乗ってあげる事で、相手に優しさを再認識させる事により、復縁するきっかけになる事があります。

他にも険悪な別れ方をした場合でも、復縁するきっかけを作る事が出来ます。

別れた原因や感情の整理をし、冷静になれた時に、相手に謝罪とお礼を伝える事も重要です。

相手と復縁するきっかけを掴む一番のポイントは、無理にでも相手に執着する気持ちを「捨て去る」と決心する事の必要なのです。

物事は忘れたころに進展がある事が多いので、執着心を捨てると自然に復縁のきっかけがやって来る事もあります。

復縁工作で会う約束を作りだしそして復縁

別れた相手と復縁したいと思う時は、まず焦る気持ちを抑える事が大切です。

復縁したい」想う気持ちがあると、今すぐにでもやり直したいと考えてしまうものですが、焦ってしまうと失敗し易くなってしまうのです。

特に自分自身に非がある別れ方の場合、相手の怒りも治まっていない可能性があり、そんな中でやり直したいと言っても、自分勝手な都合の良い発言にしか聞こえません。

状況によっては冷却期間を置いて、相手の気持ちを冷静にさせる事も必要ですので、急ぎ過ぎないように気を付けた方が良いでしょう。

別れた理由を明確にし、その部分をしっかりと改善する事も大切です。

カップルが別れる時には何らかの理由がありますが、根本的な理由が改善されていないようでは、やり直せる可能性は低いと言えます。

例えば別れの原因が浪費だったりするのならきちんと改善する事が必須であり、しっかりと改善したという事について認めてもらえるように努力しなければいけません。

相手の反応を知るのも復縁をする為の一歩です

復縁をする為にはとにかく相手へのアプローチも必要になりますので、連絡を取らなければいけない事もありますが、その際には自身からの連絡に対して、どういった対応をするのかを探る気持ちで行いましょう。

例えば「久しぶり。元気?」といったメール・LINEで送ってみて、もし相手からの返信があれば可能性があります。

なお、もしかしたら返信をもらえない可能性もありますが、そこでしつこくさらに連絡をしてしまうのは良くありません。

そこでしつこくしてしまうと、メール・LINEの着信拒否やブロックをされてしまって、連絡が取れない状況に陥ってしまう恐れがあります。

連絡が取れないようになると今後、復縁を出来るチャンスが減ってしまいますし、場合によってはそれっきりになってしまう可能性もあるのです。

その為、しつこく連絡をするのは厳禁であり、また、復縁を焦って時期尚早のタイミングで連絡をするのもリスクがありますので、タイミングをしっかりと見極めてアプローチをしましょう。

悩みを1人で抱え込むのではなく、弊社に相談してみてはいかがでしょう。