「冷却期間って何?」
「それって必要なの?」
復縁したいと復縁を望む人が誰もが持つ疑問ですよね。

また色んな復縁を題材にしたサイトなどでは、「冷却期間を置くように」「冷却期間は3ヶ月は必要」みたいな記事って多いですよね。
それを見て、意味も分からず、「とりあえず相手との距離を置く期間を設けたらいいのか」と、ただただ時が解決してくれるのを待つ、みたいな。

はい、ダメなんです!!
ただ時間を空ける事が冷却期間と勘違いし、相手とコンタクトを取らないだけで何もせずにいることと捉える方がいますが、何もしない期間を冷却期間だと考えるのはやめましょう。

冷却期間の定義とは

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルで復縁工作

では、この「冷却期間」の定義について簡単にお話します。

1.別れた直後の高ぶった感情が落ち着くまでの期間
2.相手のあなたに対する嫌悪感や不信感を鎮める為に必要な期間
3.あなた自身が冷静な判断ができる状態に戻す為の期間
4.相手がもう一度好きになってくれる程の魅力的な自分に変わる為の期間

1と2は、誰もが理解できる冷却期間の必要性であるかと思います。
もちろん大切な意味を持ってはいます。

ただ本当の意味での冷却期間とは、3と4に重要な意味合いが含まれているのです。
何も相手の怒りを鎮めるためだけに取るのものではないのです。

では3と4について少し深く掘り下げてみましょう。

冷静な判断ができる状態に戻す為の期間

ちょっとしたすれ違いや一時的な感情で別れに至った場合は、少しの冷却期間で復縁に至ることもありますが、多くの場合、あなた自身に多くの問題があると考えるべきであり、「これくらいの冷却期間を空ければ、相手も考え直してくれるだろ」と思い違いすることはとても危険です。

こういった自分に都合の良い考え方や思い込みを是正し、正しい自己分析と冷静な判断、冷静に自分を見つめ直すにも必要な期間であります。

ただ、なかなか自分では気付けない方も多くいらっしゃいます。
そんな時は自分以外の第三者、知人や職場の同僚でもよいでしょうし、私たちのような復縁屋のように利害関係のない第三者に客観的な分析をお願いするのもよいでしょう。

とにかく現実から目を背けず、自分自身を見つめ直すのに必要な期間を冷却期間と言うのです。

魅力的な自分に変わる為の期間

自分と向き合うことができ、別れた原因を自覚できたのであれば、冷却期間を自己改善・自分磨きの時間として使うのです。
愛してくれていた時の自分、いや、「復縁」というおおきな壁、困難を克服するには愛してくれていた時以上の自分に変革させる必要があるのです。

相手の気持ちは簡単に変えることはできません。
ですが、あなたの内面や外面は、自分自身の意識と行動次第で変えようとすることはできますから。
そう、すぐにでも今ここから変わらなければならないのです。

「冷却期間ってどれくらい必要?」この質問も多いですね。

「このような別れ方の場合は、冷却期間は3ヶ月」みたく、曖昧な理由で適当な冷却期間をすすめる記事をよく目にします。
このような記事を載せている復縁本やネットの情報は絶対に鵜呑みにしないで下さいね。

もし漠然と3ヶ月過ぎるのを待つだけで復縁できたのなら、それはただの偶然に過ぎないのです。
相手に元から復縁の意思があったと考えるのが妥当でしょう。

本当に必要な冷却の期間とは、『誰からも魅力的に感じてもらえる自分になるまで』なのです。

どれだけ過酷で厳しい自己改善を施しても、誰からも認めてもらえないようでは冷却期間は終わりません。

もちろん自分自身で自信を持つことも大切です。
しかし「復縁」となると、生半可な変化では成就することはできないと考えるべきなのです。

誰からも愛される人に

復縁屋、別れさせ屋をお探しなら株式会社ジースタイル

復縁を目指して自己改善どれだけ続けても、人から認められるようになるまでは冷却期間からは抜け出す事はできないのです。

『他の異性からチヤホヤされるほどの男(女)になったとき』
『異性から告白される男(女)になったとき』

つまり、誰からも好かれる、誰からも魅力的に感じてもらえるモテる男・モテる女になって初めて復縁したい相手と再会すべきだと思うのです。

それくらいの自己改善・自分磨きが必要ってことです。
復縁には、それくらいの覚悟が必要ってことなんです。

目的は復縁ですが、それだけに焦点を絞らず、誰からも愛される人になる、誰が見ても魅力的に感じる人になる、そこを目標に自己改善に取り組んでいただきたいのです。
本気で覚悟を決めて自己改善・自己成長に取り組むことで、あなたにも自信がみなぎり、復縁したい相手もあなたを放っておけない存在と感じるようになるなずです。

■⇒心が楽になる生き方を

■⇒今のあなたは復縁の可能性は0%