復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

別れがあるから出会いがあり、出会いがあるから別れもあります。

復縁を諦めさせようと友人・知人の人達が皆一様に仰る事で、友人・知人が仰る事は決して間違っている訳ではありません。

出会いがなければ別れは来ません。

人にはどうしても失いたくない大切な人との出会いというものがあります。

失いたくない大切な人との出会いを簡単に終わらせたくない…その想いがあるからこそ復縁してもう一度関係を取り戻したいという気持ちを持つ事が出来、日本では女々しいと言われる事もありますが、本当に必要としている人物に対して必要としていますよ。という気持ちを持つ事はおかしなことではありません。

出会いは街に出れば多くの人と出会い、近所を散歩すれば顔見知りと出会いますが、その中でも恋人という特別な関係になり、特別な想いを持ち、特別な想いを持った相手と育んだ時間は人生の中で特別な時間である事は本当の恋愛をした事のある人であれば誰でも存じている事かと思います。

その特別な時間を復縁したい相手も特別な時間と感じてくれていたかは分かりません。特別な時間を共有出来ていると思っているのは自分一人かもしれません。

別れてしまったから相手は特別な時間だと思ってくれていなかったのかな?別れたって事は運命の人ではなかったのかな?別れを経験すれば人は沢山の悩みを抱えてしまいます。

沢山の悩みを抱えた結果、沢山の思い出が頭の中を駆け巡り、自分のした事の後悔や反省を繰り返します。

復縁したい相手との特別な時間を取り戻したい。もう一度その時間を作りたい…という想いがあるからこそ、ちょっとしたボタンの掛け違いから起こったすれ違いを同じ方向に向かい、相手にも特別な時間に感じてもらおうとする努力が必要になります。

人との出会いは一生の内に沢山ありますが、その中でも大切な人との出会いは数回になります。

そしてその数だけ別れはあるのです。

一生の内に数度ある内の一度はどうしても失いたくない人との出会いが訪れます。

その出会いをどんな出会いにするのか?は自分次第で変えることが出来ます。

大切な出会いを雑に扱えば、そのしっぺ返しは必ず訪れます。

大切な出会いを大切に扱えば、それもまた返ってきます。

出会いと別れの難しい所は人と人とが向き合う事になります。

相手が感じる「大切」と相手が感じる「雑」というものは中々分かりづらく、自分は大切に扱っているつもりでも相手にしてみれば雑に感じてしまう事もあります。

自分に出会いがある以上相手にも出会いがありますから、相手が出会う新たな存在よりも自分が相手にとって大切だと思ってもらう為の特別な存在になる努力をする事で、お互いがお互いに魅力を感じ、お互いに惹かれあう関係を目指すので別れという望まない結果になる事が出来、一度別れた関係も新たな魅力ある自分となって相手に魅せる事で復縁という結果をもたらす事にも繋がります。

出会いがあるから別れがあるという言葉は復縁を諦めさせる為の言葉ではなく、新たな自分となって新たな魅力を持った異性として、大切な人との新たな出会いを作るという復縁の言葉にもなります。

出会いがあるから別れがある。別れがあるから出会いがあるよ。という言葉を友人に掛けられた際は、自分が今よりも魅力的な異性となり、新たな出会いとして大切な人との出会いを果たす為の言葉だと認識していただければ復縁に向けて何をすべきか?を考えやすいのではないかと思います。

■⇒復縁したいけどどうにも出来ない時は…

■⇒復縁したいという言葉を文字にするには?