出会い工作は出会いを演出する為の工作になり、出会いを演出するにはサプライズを演出する事で成功する確率が高くなります。

しかし、サプライズというのは人に趣味嗜好に合わせたサプライズが有効であり、独りよがりのサプライズを行った所で効果はありません。

出会い工作はそういった相手の趣味嗜好に合わせたサプライズをする事で出会いの演出をする事が可能になってきます。

出会い工作と言うからには相手の好み等も事前に調べ、例えばせっかちな人が嫌いな人にせっかちな状態のままに接触をすれば成功率は激減します。

ファーストインパクトを良く魅せる事で出会いの成功率を上げる役割も果たす事が出来るのです。

出会い工作の手法(手口)その1

出会い工作の手法の一つに工作員が路上で出会いたい相手に接触をし、友人関係を築き、その友人関係の輪の中に依頼者を巻き込むという手法(手口)があります。

しかし、残念ながら路上での接触は警戒心の少ない人であっても警戒をされる事もあり、工作のプロだからといってスムーズにいくものではなく、警戒心が強い状況で接触出来たとしても警戒心を解く為に時間を要する為に路上での接触は最終手段になります。

接触し、警戒心がとれたのであれば食事の誘いやお酒の席の誘いなど、工作員との関係を深めれば深めるほど関係を依頼者を推す事が出来ます。

時間を要する一番の悪手になる可能性が高いのですが出会い工作を考える人が一番最初に思いつくプランになります。

出会い工作の手法(手口)その2

職場、社交場での接触から関係を深めていき、出会いの場を演出する手法(手口)には関係を築きやすいという事もあり、職場への潜入などを行い出会い工作へと発展させるといった手法があります。

出会いというモノは同じ環境であればある程に警戒心を持たれず、交流しようと考えれば容易にし易いのが職場での出会い工作になります。

職場の先輩、後輩という立場になり、先輩に仕事を教えてもらうという形を取るだけで関係を深めていく事も可能になるケースが多く、先輩に仕事を教えてもらっているという理由から警戒心を持たれる事もなく関係を良好に進めていく事が可能です。

一般の人であれば仕事をしている人が多い為、こういった出会いの為に相手の勤め先に努める事は出来ませんが出会い工作屋は出会いの為に勤め先に潜入する事も当然行いますが、この手法を使う際にネックとなるのが勤め先が人材募集をしていない事が最大のネックになります。

工作員が出会った後は

工作員が出会った後は依頼者と相手を結びつける様に仕向けていかなければなりませんが、単純に出会わせる事だけを考えたとしても、その出会いが上手くいく可能性が高くなる訳ではありません。

出会いを上手くいかせる為には相手の趣味嗜好を含め、異性のタイプ等の情報を入手する事が必要であり、まずは外見のプロデュース等を出会い工作屋が相手の好みに合わせてプロデュースする事も請け負いますし、中身の問題においても工作員が事前に相手と接触している為にどういった人物を好むのか?という調査を行います。

外見や中身をプロデュースする事で相手の嫌いなタイプからかけ離れていただき、プロデュースした状態で依頼者と対象者を接触させる事に成功した後に少しづつ心理誘導を行います。

出会い工作というものは付き合う事が目的の人もいれば友人関係を築いてみたい…という人もいらっしゃいます。

依頼者の希望がどの様な関係を望むかによって心理誘導の仕方も異なります。

友人関係を望むのであれば友人へと繋がる様な接触した後のフォローであり、恋人としての関係を紡ぎたい…と考えるのであれば恋人へと昇華させていく為の心理誘導が必要になり、こういった手法(手口)に関しては相手から得た情報を元に構築していくものになりますので手法(手口)に関しては相手次第で頻繁に変わっていきます。