別れさせたい相手がいる際はご相談下さい

別れさせ業務を行う際に、どれだけ優秀な調査、工作員を抱えているか?という部分が重要になります。探偵業を行っている別れさせ屋の調査員の調査能力がなければ浮気、不倫を暴く事も出来ず、浮気をしているであろうメールやラインの証拠が残っていてもその相手が一体誰なのか?という部分を暴く事が出来ずに別れさせ屋との契約が終わってしまうケースも多々ある様です。

浮気されている…不倫されている…という確信を持って別れさせ屋に相談に来るとは思いますが、相手が誰なのか?という事を判明出来なければ工作をするにしても肩透かしをされてしまう可能性も考えられます。

また、工作能力がなく別れさせ方法を契約前に提示してもらったものの、その別れさせ方法を実行出来ずに契約期間が終了してしまうという悪質な別れさせ屋の報告もご相談者様からいただく事があります。

別れさせ屋に従事している調査、工作員が全く使い物にならない…別れさせの方法だけは立派なんだけど…といった他社で別れさせ工作の依頼をしたものの上手くいかなかった…というご相談も急増中です。

弊社では調査、工作員が使い物にならないまま、現場に出すのではなく日々訓練を行い、技術をシッカリと磨いた後に調査、工作を行わせる為、求人を出しても採用基準を高く、アルバイトの様な調査員、工作員を採用する事はありません。

提携の芸能プロダクションがあり、場合によっては実際の役者を投入させていただくケースもありますので調査、工作のシナリオを実践する事が出来ないといったケースは稀になります。

ご依頼者様の情報を守る為にも社員教育を徹底し年単位の訓練を行った者が初めて現場に出れる採用基準と同時に訓練に関しても採用後、厳しい基準を設けています。面接に関しても3次面接を設けさせていただき質の高い調査、工作員の採用を設定させていただいています。

⇒求人募集はコチラ

悪質な別れさせ屋は依頼をいただいた後、別れさせ屋に依頼した事を脅迫材料として依頼者を脅迫するというご相談者様からのご報告を受けるケースもあり、こういった事例に関しても求人採用時にアルバイト等のいい加減な採用を行う為に起こる事案だと考えます。

別れさせ屋の担当者が依頼者に対してお金の無心をする、脅迫する等の行為は「依頼者の明るい未来を掴む為のご依頼」という弊社の方針とは180度異なります。求人採用時から徹底的に調査、工作員に対して高い意識を植えつける事を重視して意識を高く持った調査、工作員の社員教育がなされた会社かどうかは相談窓口の対応の仕方一つでご理解いただけるかと思います。