復縁を考えるよりも関係が続いている状態の方が関係を良好にするにはとても簡単です。

別れてから復縁…と悩む前に事前に修復できる部分は直しておきましょう

些細なケンカで仲直りするには…

些細なケンカから復縁屋に相談され、復縁というよりも仲直りをされた方は沢山いらっしゃいますが、ケンカした後に一番大切な事は「素直になる」という事です。

ケンカをすれば当然お互いに言い分があります。

言い分がある中で素直になる事はとても難しい事だと思いますが、意地を張ってしまう事で大切な人を失ってしまうかも…となった時、自分の意地と相手を失う事、どちらが大切なのか?自分の気持ちに「素直になる」という事を自分自身で考えなければなりません。

素直になっているから相手に対しての怒りを表している

素直になるという事を誤った方向に考えてしまえば大切な人を失ってしまう事になります。

まずは何を優先しなければならないのか?自分が一番大事なのか、それよりも大事な人がいるのか?

別れてからやっぱり復縁したい…と思われるよりも、今の内から改善して失わない事を重視した方が復縁屋は復縁したいと苦しむ事がないですよ…とアドバイスをさせていただきます。

他に好きな人が出来たと疑わしい時は…

好きな人が出来たと疑わしい時は、一方的に何の証拠もなく相手を問い詰めれば、言われもない事を言われている可能性もあり、それが原因で別れに繋がってしまう事もあります。

浮気していないのに疑われた…という所から信用がない…という事に繋がり、結局別れてしまう事になり、それだけ相手に対しての想いが合った事から復縁したい…という気持ちになってしまい、「自分が束縛していた…」と悩まれる方も大勢いらっしゃいます。

何故束縛してしまうのか?何故信用する事が出来ないのか?復縁したいと思われる方は皆同様に、「あの時は…」とおっしゃいますが、気付いた時には時すでに遅し…という事になっている状態が多いので自分が信用出来ない理由などをシッカリと自分自身で向き合って考えてみて下さい。

恋人との関係はお互いの信頼関係から成り立つモノです。

自分は縛られても何とも思わない…という事を相手も望んでいるとは限りません。

この位…という気持ちも相手からしてみれば、ここまで…と感じる事もあります。

自分の常識が世間の常識ではないという事に気付きましょう。

愛情が感じられなくなった…

以前の様な愛情を感じられなくなった…何故自分を好きになってくれないんだろう?最初から自分を愛してはいなかったんじゃないだろうか?

と考える前に、自分自身は大切な人に好かれる努力をしていたのか?良く考えてみて下さい。

他人から好かれるという事は様々な気遣いであったり、相手に好かれる要素があって他人から好意を得られます。

好意を得る為には人は他人に好かれる努力をしなければならず、自然体の自分を好きなってもらいたいから努力をしないと言いながら、実際に努力をしない人が好意を持たれる事はありません。

例えば他人の事を気にしないのであれば体臭等を気にする必要もなく、お風呂に入る事も必要ありませんが、周囲の方への体臭への配慮などから入浴をされますが、自分が汚いと思っているから入っているだけで、他人の事なんて何とも思っていない。

という方がいます。

自分が汚いと思っている行動は他人に好かれる為ではなく自分の為だとしても、結果的には他人の為にもなっています。

愛情が感じられなくなったという方の多くは自分の為にもなる事すらも手を抜き、相手の事を思い遣る気持ちすらもなくなり、自分自身を磨く為の努力すらも怠っている事があるのです。

恩着せがましく相手の為を想っての行動だ!という方もいらっしゃいますが、相手の事を想っての行動が独りよがりになってしまい、実際は相手にしてみれば迷惑でしかない…という事もあります。

愛情を感じられなくなったのであれば、相手に何かをするのではなく、自分がまず魅力的な人間に成る事を考え、結果的に相手に対する気配り等が出来る様な形をとらなければ恩着せがましいものになってしまいますので気を付けなければなりません。