別居してしまったけれど復縁したい…と考える方に復縁したい相手がどう思い、どう考えているか?という事を書き出しました。実際に復縁屋として復縁調査や復縁工作等を経て得た情報なので別居したけれど復縁したい方の参考になるかと思います。

これから先の人生を考える…と別居したなら…

夫婦仲が悪くなって、離婚を考える前に別居する夫婦が増えていますが、日本では別居すると復縁するより、離婚に進んでいく夫婦が多く、別居生活を送るという事は実質的には離婚を考えるという傾向にあります。

理由は色々ありますが、同居していて際に、何かしらの我慢を強いられていた状態がお互いに続き、片一方はその我慢を夫婦であれば受け入れて当然と考えていても、片一方は我慢の範疇を越えている…と考えてしまい、別居する事によって快適な暮らしを実感してしまい、煩わしさから解放された際に婚姻生活を続け、復縁を望まなくなってしまうという傾向にあります。

我慢をするのが当たり前と考える方は復縁を望み、快適な暮らしになれた方は離別を選択するのですが、こうなった際に我慢をするのが当たり前だという人の意見を快適な暮らしに慣れた方であれば聞き入れる事はありません。

となると、この状態で一人で復縁に挑むのはとても大変な作業になりますが、夫婦関係が築けていたのだから話せば分かるはず…と思いがちになり、直接的に復縁を求め、別居生活に終止符を打つ様に復縁したい側は話しをします。

しかし、この状況で快適な暮らしに慣れた方がいくら説得されたからといって説得に応じるでしょうか?

何故なら、説得して来る人は、快適な暮らしをしていたはずの夫婦生活を邪魔していた張本人です。

快適な暮らしを邪魔していたはずの張本人から復縁したい!もう一度一緒に暮らそう!悪い所があるなら反省して直すから!と言われた所で、「そもそも共に生活していて息苦しくなったからこの生活になったんだ…」という結論に達せられ、張本人がいくら言った所で話しを聞きいれてくれる事はまずありません。

そうなった際に第三者を頼り、同居生活のメリットを語らせ、デメリットは当然あるけれど、それを上回るメリットを掲げる事が出来なければ誰しもが共に生活していく意味を見出す事が出来ません。

復縁したい!もう一度一緒に暮らそう!悪い所があるなら反省して直すから!

といった言葉は復縁したい側にしてみればメリットを与えている様に思いがちですが、復縁したい相手にしてみれば一切のメリットはなく、デメリットとして捉えられる事も稀ではありません。

同居は復縁したい相手にとってメリットのある事なのか?

別居生活を送る事で快適な暮らしを手に入れられてしまえば、同居生活や婚姻関係にあるという事にメリットがどこにあるのか?という事を考えてしまうのが人の常です。

別居生活をして得た快適な暮らしと復縁したい人との同居生活を天秤にかけ、そこにメリットを見出す事が出来なければ復縁したいという想いを叶える事には繋がりません。

昔は狭いながらの部屋でもお互いに笑顔だった…二人でいればそれだけで十分だった…

こういった事を想われる方もいらっしゃるかと思いますが、時が経ち、あなたの嫌な所が沢山見えてしまい、嫌な部分も含めて良い思い出としてお互いに別れた方が良いのでは?という考えを持たれている事に気付かずに復縁したいと直接迫っていけば、嫌な部分は肥大し、魅力的であった部分は見えなくなり、結果的に別れを決意する方向に進んでしまいます。

復縁したい相手にとって、本当にあなたとの生活にメリットが見出す事が出来ない時に決心が固まってしまいますので、復縁したいし、自分と共に生活をする事はメリットだらけだ!!!とお考えであればその考え自体を改善していかなければなりません。

復縁したいからアピールする為には?

復縁したいけれど自分との生活はメリットがある事ではないのか…という事に気付いたのであればアピールの仕方を変えていかなければなりません。

念を押しておきますが、「今のあなた」との同居生活に関してはメリットというものが感じられないのですが、「以前のあなた」との同居生活にはメリットが感じられたのです。

元々はメリットがあって同居生活や結婚生活を送られていました。

そこには深い愛情という形で一生を共にする伴侶としての決意があなたにも復縁したい相手にもあったから成り立っていたのです。

深い愛情というモノはそれだけで一緒に居る事が出来るなら…という大きなメリットになっていますが、少なくとも別居生活をされてしまい、あなたとの生活よりも快適な暮らしをしているのであれば、当時の様な深い愛情は薄れていると認識しなければなりませんが、少なくとも一緒に住んでいたんだから愛情は薄れても情は湧いているんじゃないか?と都合良く考えていませんか?

そういった自分に都合の良い考えは捨て、正面から復縁を迫るのではなく、もう一度深い愛情を築き上げていく姿勢を持たなければなりません。

自分に対して少しでも情があるのなら…と考えていれば結局はその甘えた気持ちで復縁したい相手に接した時に態度として出てしまい、角度を変えたアピールをしようとしても復縁したい相手にしてみれば何度も同じ事を繰り返しして来る人としてしか捉えられません。

アピールの仕方を変えるつもりが本当にあるのであれば、自分の甘えた気持ちを一切捨て去る事をおススメします。

拗れた関係には復縁屋の利用がベストな選択

自分は復縁したいけれど復縁の仕方が分かっていなかった…復縁したい相手は自分に少なからず情を持って接してくれていると思っていた…と自分自身の復縁への考え方が誤っていたという事に気付いたのであれば復縁屋に相談しなくても復縁出来る可能性も出て来るかもしれません。

しかし、その事に気付いたからこそ復縁したいけれど復縁の仕方が分からず悩んでいる…という事もあるかと思います。

その際は復縁を専門としている復縁屋に相談し、今の自分のおかれている状況を正直にお話しする事をおススメします。

第三者という立場から冷静な判断をしてくれ適切な復縁アドバイスをくれる復縁屋も多く、状況を冷静に分析してもらう事から自分自身でも気づかなかった問題解決の糸口を教えてくれる事もあります。

1人で復縁したいと頑張る事を復縁屋は応援させていただきますし、復縁したいからと本気で考えている人を見捨てる復縁屋はありません。

もちろん復縁したいという気持ちが本気ではなく、チャンスがあれば復縁したいカモ…程度に考えている方に対して復縁屋が協力する事は出来ませんが、本気で復縁したいとお考えになられている方に復縁屋は協力的です。

自分自身を冷静に見つめ直した時に1人で復縁する事はとても困難な道のりである事にはご自身が一番気付いているのではないかと思いますが、その困難な道のりを誰かの助けを得て少しでも早く問題解決に進みたいと考えるのか、それともあくまでも1人でどうにかしたいと思うのかは人それぞれの考えがあるので否定する事は致しません。

しかし、今現在あなたはまだ気付いただけで何も行動には起こしていないという事にも気付いて下さい。

行動を起こさなければ復縁したいという気持ちが叶う事はなく、行動する事で少なくとも復縁が近づく可能性を秘めている事を忘れない様にしていただければと思います。

復縁屋をどこにするか悩んでいますか?

優良な復縁屋の見分け方って???