復縁工作、別れさせ工作で復縁したい気持ちのサポートをします

友人、知人から厳しい事を言われて腹を立てた事がありますか?

気付かない自分に対して気付かせてくれる友人、知人は宝物だと思います。

しかし、世の中には厳しい事を言ってくれる友人、知人がいない人もいますし、厳しい言葉を受けて腹を立て、親切で言ってくれた友人、知人との関係を切ってしまう人もいます。

復縁したいという人から依頼を受けた際、復縁したい相手に接触して真実を聞き出した後にその事実を伝えなければならない「報告」という仕事があります。

分かった事に対して伝える事が良い事ばかりではなく、悪い内容も伝えなければならないのが復縁屋の仕事です。

対象者に接触し、〇〇と言っていたので復縁のチャンス残っていますよ!!という事を伝える時は復縁屋側としても嬉しい報告が出来るので楽しみがあります。

ですが、復縁屋からの報告は全て嬉しい報告だけではありません。

新しい恋人の存在、ヒアリング時に聞いていた内容と全く違う際に復縁屋は事実を伝えます。

良い情報も悪い情報も伝えなければならないのが復縁屋の業務でもあります。

厳しい情報を伝える時に厳しい言葉をかけなければならない時があります。

決して好印象を与える内容ではない情報を伝える事はとても心苦しいのですが、それをどう伝えるか?というのも能力の差が出てきます。

厳しい事を伝える時に復縁屋は嫌われる覚悟で伝えなければなりません。

友人関係ではなく、目的が同じ仲間として厳しい事を伝える時は厳しい事を伝える事の辛さを知っていながら伝えるのです。

その言葉に対してどう受け止めてくれるのか?厳しい言葉を掛けられて受け入れられなく、「そんな事はない」「そんなはずはない」「物語を勝手に作らないでくれ」という言葉を受ける事もあります。

言いたくて言っている訳ではなく、言わなければいけない事だから言っている。

この言葉も中々届く事はありません。

人に嫌われるという事がどれだけ辛いか、人に嫌われる事を言わなければならない事がどれだけ負担が掛かるのか?

伝えない事がどれだけ相手に不利益になるのか?

厳しい事を伝えなければならない辛さ。

それを伝えた先には目的に向けて進む為なので分かって欲しい…きっと「あなた」の為に今後なる。

そういった想いがあるからこそ心を鬼にする気持ちをご理解いただきたいと常々思っています

誰の為でもなく、相手の事を想うからこそ伝えなければならない事。

復縁したい相手から言われていた言葉は「あなた」の事が嫌いだから発せられた言葉ではないという事もまた気付いていただきたいと思います。

復縁間際の人達

復縁したい相手も抱えている罪悪感