恋人だった関係から、友達関係に・・・連絡は取れるし、時には食事にも・・・そんな関係のお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、お客様は友達としてではなく、復縁して、元の恋人関係を望んでいるけど、相手はそんな気持ちを察する事もなく、ただ友達関係としての付き合いになってしまう。

この事で、思い悩むお客様が多いのです。

中には、体の関係だけの付き合いが続く事の悩んでいる方も・・・。

今回は、そんな関係にピリオドを打って、新たに復縁し、新しい関係性に発展させる事について、お話をしたいと思います。

なぜダラダラと関係が続いてしまうか

どんな関係にもメリハリが大事です。

しかし、1度ダラダラとした関係に陥ると、関係性を改善するには、時間が掛かります。

いくら、元の恋人関係に戻りたいとお客様が願ったとしても、相手にその気持ちが無ければ関係性に成長はありません。

恋人関係を続けていくとなると、様々なお互いの良い所も、嫌な所も見えてきてしまうものです。

それに比べ、友達以上恋人未満の関係だと、付き合っていた頃の煩わしさがなくなり、フランクな状態になります。

恋人だった頃に、フランクな関係で居られれば、お互いに付き合う事に対して、気が楽になるでしょうが、実際付き合うとなると、中々そうはいきません。

お互いに干渉しあうようになり、「時間の束縛」・「友人関係の束縛」、中には、「仕事・家族の束縛」と言った度を越した束縛も存在します。

そうなれば、付き合う事に疲れを感じ、別れるまでには時間は掛かりません。

中には、束縛される事で「愛」を感じる方も居るみたいですが・・・、そこは、人それぞれの感じ方の違いでしょうか。

様々要因が重ねて、別れてにも係わらず関係が続いてしまう、もう一度復縁したい・・・しかし・・・。

惚れた弱みとでも言いますか、やはり好きな人と一緒に居たいと言う思い、関係をハッキリさせたら、もう一緒に居られないのではないかと思う事から、関係を清算出来ないでいるのでしょう。

ハッキリ自分の立場を明確にした復縁

ダラダラと曖昧な関係を続けていても、何も良い事はありません。

逆に、ダラダラとした関係を続けていると、いくらお客様が、相手の事を思っていても、復縁の道が遠ざかっていきます。

相手としては都合の良い関係としか思わないでしょう。

そうなる前に、お客様の立場を明確にしないといけません。

ここで言う、明確な立場とは、好き・嫌いをハッキリさせるのではなく、「自分の立場をハッキリさせる。」事です。

復縁したいが、利用されない・都合の良い関係ではない事を、ハッキリさせる事です。

しかし、1人で悩んでいると、この一歩が踏み出せないでいます。

そこで、心強い味方として、復縁屋が存在します。

復縁屋とは、お客様と、復縁したい相手との間を取り持つだけでなく、お客様の悩みや不安事をしっかり受け止め、親身にお客様の味方になる存在です。

まず、復縁を考え・思い悩んだら、復縁屋ジースタイルにご相談下さい。

お客様の悩みや不安を解消する事ができ、復縁への第一歩を一緒に、踏み出しましょう。

お客様の歩む復縁への道

お客様のご協力無しでは、復縁への道は開きません。

復縁屋が、いくら復縁への道を切り開いたとしても、お客様のご協力をいただけなければ、復縁への道は閉ざされていきます。

そして、お客様が復縁屋とのご協力していただく中で、お1人で行動されても、問題が発生していきます。

せっかく、復縁への道が見え始めた時に、お客様の勝手な行動で、今までご協力して築き上げた復縁へのプロセスが変更さぜるを得なくなってきます。

そうしますと、またプランを考え直しを行わなくてはいけませんし、今まで費やした時間・復縁工作が、無駄になってくる事もあります。

その様な事態が起きないようにも、お客様と復縁屋との間での連絡を蜜に取り、連携を取っていくのがベストです。

連絡を頻繁に取っていれば、不測の事態でも対応はでき、早急に対処出来るでしょう。

そのお客様のご協力の元で、復縁工作も前に進み、復縁の道の先にある、復縁の扉が開く事でしょう。

お客様の明るい未来へ、復縁屋ジースタイルと歩んで行きましょう。